ドイツZDF-Frontal21 福島原発事故、その後(日本語字幕)

この美しい風景が悪夢の舞台です
日本屈指の豊かな農地福島県
都会の人の観光地としても人気だ
原発事故でその広域が汚染されてしまったのだ

大沢さん(61歳)は本宮の農家
原発からは80キロ離れている
畑で採れたジャガイモ・ナス・ネギを
隣町の市民放射能測定所に持ち込んだ
原発事故以来自分で栽培した野菜は食べていない
放射能汚染を恐れたからだ

「政府の発表はもはや信用できない」
「最初から事態を小さく見せようとばかりしている」
「直ちに健康に害が無いの繰り返し」
「正確な数値も出さない まともな測定もしない」
「汚染問題の中にみんなを放置した」

事故後大沢さんはすぐ作物の検査を行政に依頼したが
「畑は20・30キロ圏から遠く離れている」
「検査の必要は無い」と 断られた

市民放射能測定所の意見は 正反対である
汚染のない作物はない
特にセシウム137が ひどいからだ
「こんな汚染数値の場所は本当は 絶対避難するべきです」
http://minkara.carview.co.jp/userid/342787/blog/c678235/

レーティング:
  • 現在は 5 段階評価の 0 つ星です。

表示: 73

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約