エリア51に幽閉されたETとのコンタクトの記録映像

ニューメキシコで60年以上前に起こったロズウェルUFOクラッシュの生存者の可能性がある「グレー」タイプエイリアンの古い映像がインターネットに解放されました。

伝えられるところでは、白黒のクリップは1942年と1969年の間、政府のエージェントによって極秘のUFOとエイリアンの問題上で、働いている映像が撮影された多数の中からの一部です。

ただこの一片の映像よりずっと長い180分のアーカイブのみが、これまでのところ発表されました。

映像を漏らした人は、用心のため、匿名で安全を保証したと主張します。

ビデオで見られるエイリアンは、明らかにヒューマノイドであり、近くのゼータ Reticuli 星のシステムに起源すると言われます。

(映像で)見ることができるように、彼は一般的にエイリアンと接近遭遇を体験した人たちの説明と同じく、ピッタリフィットした宇宙服を着ています。

地球へのエイリアンの訪問者の認識の公式発表のこの映像は本物であり、そしてこれがUFO問題に関する政府の認識を証明するさらなるもう1つの熟考した漏えいであると信じます。

http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32721707.html

レーティング:
  • 現在は 5 段階評価の 0 つ星です。

表示: 1764

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

9:52pm の 11 月 12, 2017 にある 古谷 茂 のコメント

7:31pm の 11 月 12, 2017 にある 古谷 茂 のコメント

6:47pm の 11 月 12, 2017 にある 古谷 茂 のコメント

11:43am の 8 月 28, 2011 にある 古谷 茂 のコメント

60年以上前にニューメキシコで起きたロズウエル墜落事故の生存者と思われる「グレイ」タイプのETを撮影し た古い映像がインターネットで公開された。伝えられるところによると、この白黒の映像は1942年から1969年にかけてトップシークレット部門の UFO/ET機関に勤めていた政府職員によって撮影されたずっと長い映像アーカイブの一部で、今回は180分を超える記録映像のほんの断片が公開されたこ とになる。

ANW5/2:ロズウエル墜落事故で生存したと思われるETのビデオ映像がインターネット上で公開

11:39am の 8 月 28, 2011 にある 古谷 茂 のコメント

現代になって政府と地球外生命体の共謀が密接に行われた一例がアドル フ・ヒットラーの時期のドイツに見ることができる。テクノロジーがこの国を発展させたが、それは攻撃的な目的に使用するためのものであった。ドイツは地球 外生命体にとって利用しやすい恰好の候補だったのである。

人類への「実験」に関する協定が締結されて、ロケットを始めとする高度な推進力がもたらされた。同時にそれは人類の大量殺戮の開始でもあった。(敗戦後 に)ドイツの科学者たちがペイパークリップ・プロジェクトを携えてアメリカに亡命し、ETとの(共謀)関係とナチス思想がアメリカ(の影の組織)に引き継 がれて今日に至っている。

1950年代に入ってアメリカ政府と(ネガティブな)ETとの間に人類を実験材料とする実験を行う協定が締結された。彼らは通常の地球人を対象に生物実験 を行って自分たちの生物学研究に利用しようとしたのである。この当時の実験が子どもたちの失踪やアブダクション現象のルーツとなっている。

ネガティブなETと政府の秘密コンタクトを証明するナチス・クレムリンのファイルが流出

© 2018   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約