CAPTAN OVNIS EN COLOMBIA RECOPILADOS
下の2分8秒の動画には2012(3?)年1月11日にコロンビアに出現したピラミッド型の 巨大UFOが掲載されている。
彼らはどこからやって来たのか?

 

 
 
2012年1月11日にコロンビアに出現したピラミッド型のUFO
 


3年ほど前、少年和宏君から送られてきたメールにUFOと恐竜などの絵が添付されていた。それは彼が肉体を離れて木星を訪れている最中に目撃したもので、そこには、円盤型UFOのように見慣れた形をしたものと一緒に、これまでまったく見聞きしたことのない、なんとも奇妙な形をしたUFOが描かれていた。

それが下に添付した絵である。④、⑥はUFOで、④はよく見かける形をしているが⑥はなんとも奇妙な形をしたUFOである。この絵を見たときには、こんな形のUFOが本当に存在しているのだろうかと頭の中を? マークが駆け巡った。飛行するにはあまりに非効率的な形をしていたからである。

しかし、エジプトやメキシコのピラミッドが強力なエネルギー発進装置であるように、このピラミッド型の宇宙船は宇宙飛行 に必要な強力なエネルギーを得る上で、大変都合のよい形であるようだ。そのため、精神的な波動の高いレベルの惑星からグレイレベルの惑星まで幅広く利用されているようである。上下に2つのピラミッドが重なっているのは、陰陽 (プラスとマイナス)のエネルギーを得るのに都合がよいからではなかろうか。

因みに、和宏君が書かれた絵の③は木星にあるピラミッドで、 光る球体が頂上部に乗っている。このピラミッドは神殿的な役割を持っているようで、隣接した6角形の池にその姿が映っている。

また、①は木星に棲む恐竜アロサウルスで、かって地球に存在したことのあるそれ(獣脚類)と異なっている点は、かなり長めの2本の犬歯がある点だという。 ②は翼竜で恐竜図鑑には登場しない姿をしている。なお、木星には、これらの恐竜たちがたくさん棲んでおり、彼らはレムリア文明時代に オリオン星からやって来たアトランティス系の人々によって、絶滅させられるのを避るために、木星に転送された恐竜たちのようである。

3年前に和宏君からのメールが届いたのと前後して、世界の各地で2重ピラミッド型のUFOが出現し、頻繁にユーチューブに登場するようになった。 どうやら、和宏君が木星で目撃したUFOは、時を同じくして地球に飛来し、世界各国で人々の目にとまるようになって来ているようである。

出現場所は1国だけでなく世界各地に散っており、確認されているだけでも米国、スペイン、フランス、ロシア、メキシコ、コスタリカ、コロンビア、トルコ、中国と9ヶ国に及び、ロシアとコロンビアでは2ヶ所で出現している 。

和宏少年の描いたピラミッド型UFOを下記に掲載したので、ユーチューブに登場する世界各地の同様な形のUFOと見比べてみて頂きたい。形状がそっくりである事がお分かりになるはずだ。
 

 
 
 
和宏少年が描いたピラミッド型UFOと木星に 棲む恐竜 〈クリックで拡大)
 
 

下の2分8秒の動画には2012年1月11日にコロンビアに出現したピラミッド型の 巨大UFOが掲載されている。


2段目は、2011年9月17日に中国の電力発電所の上空に出現した同じ型のUFOが掲載されている。 巨大な二段重ねのピラミッド型UFOの周りを同じ形をした小型のUFOが飛び回っているのが分かる。 画面ではっきりしないがそこから更に小型のUFOが分離しているようにようである。

3段目は、ここ数年のUFO映像の集大成で動画は15分55秒。映像は中国の空港の上空から始まって、ロシア、中国(これは2段目のと同じです)、コロンビア、メキシコ、コスタリカ、フランス、ロシア(モスクワ)、スペイン、トルコのUFOとつづく。同じ形のUFOが世界各地で目撃されていることが 分かる。
http://www.y-asakawa.com/Message2013-1/13-message10.htm

レーティング:
  • 現在は 5 段階評価の 0 つ星です。

表示: 126

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約