シベリアにUFOが着陸 / 近隣を歩く5人の宇宙人も目撃される

Youtubeに衝撃的な動画が公開され、話題となっているのでお伝えしたい。その動画とは、謎の巨大物体を撮影したものだ。動画には「Siberian UFO」とタイトルがついており、これはどうやらUFOのようだ。飛行しているUFOの姿は世界中で目撃情報が数多くあるのだが、着陸しているものは珍しい。

海外のメディアが報道している内容によると、このUFOはシベリアで着陸しているところを目撃され、5人の宇宙人が周辺を歩き回った痕跡まで発見されたとしている。

UFOが飛行する姿が目撃されたのはイルクーツクとバヤンダイの2つ都市だ。

UFO専門家のマイク・コーエン氏は「動画が撮影された2日後に、バヤンダイで巨大な物体が墜落するのが目撃された。そして広い範囲で大きな爆発音が聞かれている」と説明している。爆発音については、軍隊の軍事演習の可能性も指摘されているのだが、軍関係者によれば、その当時近隣で演習はしていなかったとのことだ。

だが、コーエン氏はこの動画は間違いなくUFO着陸であると考えており、「軍はこの事実を組織的に隠ぺいしようとしている」と主張している。その根拠として、ロシアのUFO目撃証言がもはや説明がつかないほど多く報告されているのだ。ちなみに動画を視聴した海外のインターネットユーザーは、次のようなコメントを投稿している。
 
「これは犬の糞にも劣るな」
「ユーーーーーフォーーーーーー! ポーーーールーーノーーーーー」
「これはひどい作り物だな」
「ニセモノ」
「もしあなたの家の上をUFOが通りすぎたり、着陸した場合に動画を撮ったりするだろうか?」
「これは明らかにマザーシップだ」
「終わりなき物語の始まりだ」
「いつものティーザー広告でないの?」
 
……など、海外ネットユーザーからは、どちらかといえば冷ややかな意見が多いようだ。

仮に映像がニセモノであった場合に、コーエン氏が説明する爆発音はいったい何だったのだろうか? 彼が指摘するような、軍の隠ぺいは本当にあるのだろうか? いずれにしても、真実は不明のままだ。
http://rocketnews24.com/2011/08/31/126571/

sebuah ufo telah disyaki dirakam oleh seorang daripada wilayah Itkutsk, Siberia. Rakaman ini turut memaparkan 5 'ekor' makhluk asing yang keluar daripada kap...

レーティング:
  • 現在は 5 段階評価の 0 つ星です。

表示: 465

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

1:55pm の 9 月 2, 2011 にある Chirnovski(チルノフスキー) のコメント

私はもともと騙されやすい性格で、嘘を見抜くのは得意ではありませんねー。

子供の頃、イタズラに引っかかりやすく、ゲームの裏技のデマとかにもすぐに騙された記憶があります。

10:48am の 9 月 2, 2011 にある 古谷 茂 のコメント

画像や動画の評価はフェイクだという明確な根拠が示されない場合は、判断を保留して次の情報を待つべきです。銀河連邦がデモンストレーションを終えて小着陸の段階に入った可能性は否定できません。少なくても、その可能性を残して情報をさらに収集したいと思います。

8:03am の 9 月 2, 2011 にある 松宮 浩 のコメント

私も動画や写真撮ってyou tubeにあげています。キャプチャに失敗したと有りますが原版は失う事無く別に保存されています。

後半の小型UFO本当かもしれませんが、前半と後半、露光状態が違い別の場所で撮ったものだと思います。

この頃ロシアにUFOが来ている事は本当です。

4:25am の 9 月 2, 2011 にある 古谷 茂 のコメント

Alien events in the Siberian region of Russia are continuing at a frenzied pace (see videos below), leaving some locals dazed and scratching their heads for answers. Other inhabitants of this vast area now joke casually about learning to live with extraterrestrials in their midst as if it were a mundane thing. In the last six months a number of key events occurred: A crash of an enormous and multicoloured craft was seen by thousands of witnesses, a UFO was picked up by air control tower staff and its occupants were heard making “cat-like” sounds, and finally an alien was filmed as it lay dead and mutilated in snow.

Now it seems footage of a UFO landing as well as another piece of footage of the same craft hovering above a village have emerged (see videos below). Igor Velasov, a local teacher, reportedly saw and filmed the UFO and at least five aliens occupants standing in the vicinity of the craft. Igor believes he saw one alien within metres of where he stood, partially hiding behind the villa seen in the below footage, however he failed to capture an image of this being.

The other piece of footage below was also taken by a local, however he has chosen to remain anonymous.

Now both clips have been given to local and international UFO researchers for authentication. Meanwhile it is believed the Russian government has sent officials and scientists to the region to investigate. Some researchers have comments that Russia seems to have almost given up trying to hide the phenomenon of alien visitation from the public, seeing it as futile and resigned to outright open contact being only months away.

Aliens and UFO filmed in Siberia: The mystery deepens

4:23am の 9 月 2, 2011 にある 古谷 茂 のコメント

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約