Apollo 20 Mission UFO recovery William Rutledge original video
月の向こう側で謎の物体を発見したアポロ20号のミッションが陰謀に満ちています。


1972年に、NASAは、予算の都合と国民の関心が薄れたという理由でアポロ・プログラムを終了しました。しかし国民は誰も彼らが実際にアポロ・プログラムを終了したとは思いませんでした。
多くの陰謀論者がアポロ・プログラムは密かにに続行されていたと考えています。また、アポロ18号と19号は月に地球外生命体がいる事を示す証拠を見つけたのではないかと疑っています。


しかしアポロ19号は月に衝突して破壊されました。いくつもの問題を抱える中でも、アポロ20号は月から、エイリアンの構造物と仮死状態のヒューマノイド(女性)を回収することができました。


2007年に、ウィリアム・ラットレッジと言う人物がYoutube動画で、自分はアポロ20号の宇宙飛行士である事を明かしました。彼が投稿した動画には、月面に長年放置されていた構造物と巨大な宇宙船の中で発見されたエイリアンの女性が映されていました。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51965651.html

レーティング:
  • 現在は 5 段階評価の 0 つ星です。

表示: 104

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

1:49pm の 12 月 9, 2017 にある 古谷 茂 のコメント

Here we examine the “Apollo 20 la mission inconnue” published by Thierry Speth on December 24, 2016, who has claimed it is a fiction. According to his book, Thierry Speth heard this story from William Rutledge who was living in Gisenyi, Rwanda on December 24, 2006. In response to Rutledge’s request, Speth has altered some proper nouns in order to make his story a fiction along with fabricated videos. Speth mentioned he had lost contact with William Rutledge in 2007, though Speth has mentioned elsewhere that William Rutledge is a fictional character. William Rutledge was born in Grimbergen, Belgium in 1937 and graduated from l’École Royale Technique de Saffraanberg in this story. He flew to the moon with Lèona Snyder and a Russian cosmonaut using a Saturn V rocket from the Vandenberg AFB on August 16, 1976. Fifteen days before their departure, Rutledge received a phone call from his sister Joanne to tell him the death of his mother, but he flew to the Moon without attending the funeral. Besides, although he has kept an Afghan Hound Bonanza at home, when he got back home he found the dog dead near the window.

1:03pm の 12 月 9, 2017 にある 古谷 茂 のコメント

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約