イスラエルに見る聖書の世界 旧約聖書編 ミルトス

DVD イスラエルに見る聖書の世界 旧約聖書編 ◆製作・演出:ミルトス制作部 ◆ナレーション:森繁久彌、神津カンナ ◆全120分 ミルトスhttp://myrtos.co.jp/ 現地取材2年、7万キロ走破の成果。聖書への信仰と情熱で完成! 旧約聖書を、次のようなシーンをもとに美しい音楽と映像で紹介します。 ・都...

レーティング:
  • 現在は 5 段階評価の 0 つ星です。

表示: 122

1 人のお気に入り

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

11:38am の 5 月 11, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

6:06am の 4 月 26, 2013 にある 古谷 茂 のコメント

14:01> 「あなたがたは、心を騒がせないがよい。神を信じ、またわたしを信じなさい。
14:02>
わたしの父の家には、すまいがたくさんある。もしなかったならば、わたしがそう言っておいたであろう。あなたがたのために、場所の用意をしに行くのだから。
14:03>
そして行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである。
14:04>
わたしがどこへ行くのか、その道はあなたがたにわかっている」。
14:05>
トマスはイエスに言った、「主よ、どこへおいでになるのか、わたしたちにはわかりません。どうしてその場所がわかるでしょう」。
14:06>
イエスは彼らに言われた、「わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない。
14:07>
もしあなたがたがわたしを知っていたならば、わたしの父をも知ったであろう。しかし、今は父を知っており、またすでに父を見たのである」。
14:08>
ピリポはイエスに言った、「主よ、わたしたちに父を示して下さい。そうして下されば、わたしたちは満足します」。
14:09>
イエスは彼に言われた、「ピリポよ、こんなに長くあなたがたと一緒にいるのに、わたしがわかっていないのか。わたしを見た者は、父を見たのである。どうして、わたしたちに父を示してほしいと、言うのか。
14:10>
わたしが父におり、父がわたしのうちにおられて、みわざをなさっているのである。
14:11>
わたしが父におり、父がわたしにおられることを信じなさい。もしそれが信じられないならば、わざそのものによって信じなさい。
14:12>
よくよくあなたがたに言っておく。わたしを信じる者は、またわたしのしているわざをするであろう。そればかりか、もっと大きいわざをするであろう。わたしが父のみもとに行くからである。
14:13>
わたしの名によって願うことは、なんでもかなえてあげよう。父が子によって栄光をお受けになるためである。
14:14>
何事でもわたしの名によって願うならば、わたしはそれをかなえてあげよう。
14:15>
もしあなたがたがわたしを愛するならば、わたしのいましめを守るべきである。
14:16>
わたしは父にお願いしよう。そうすれば、父は別に助け主を送って、いつまでもあなたがたと共におらせて下さるであろう。
14:17>
それは真理の御霊である。この世はそれを見ようともせず、知ろうともしないで、それを受けることができない。あなたがたはそれを知っている。なぜなら、それはあなたがたと共におり、またあなたがたのうちにいるからである。
14:18>
わたしはあなたがたを捨てて孤児とはしない。あなたがたのところに帰って来る。
14:19>
もうしばらくしたら、世はもはやわたしを見なくなるだろう。しかし、あなたがたはわたしを見る。わたしが生きるので、あなたがたも生きるからである。
14:20>
その日には、わたしはわたしの父におり、あなたがたはわたしにおり、また、わたしがあなたがたにおることが、わかるであろう。
14:21>
わたしのいましめを心にいだいてこれを守る者は、わたしを愛する者である。わたしを愛する者は、わたしの父に愛されるであろう。わたしもその人を愛し、その人にわたし自身をあらわすであろう」。
14:22>
イスカリオテでない方のユダがイエスに言った、「主よ、あなたご自身をわたしたちにあらわそうとして、世にあらわそうとされないのはなぜですか」。
14:23>
イエスは彼に答えて言われた、「もしだれでもわたしを愛するならば、わたしの言葉を守るであろう。そして、わたしの父はその人を愛し、また、わたしたちはその人のところに行って、その人と一緒に住むであろう。
14:24>
わたしを愛さない者はわたしの言葉を守らない。あなたがたが聞いている言葉は、わたしの言葉ではなく、わたしをつかわされた父の言葉である。
14:25>
これらのことは、あなたがたと一緒にいた時、すでに語ったことである。
14:26>
しかし、助け主、すなわち、父がわたしの名によってつかわされる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、またわたしが話しておいたことを、ことごとく思い起こさせるであろう。
14:27>
わたしは平安をあなたがたに与える。わたしが与えるのは、世が与えるようなものとは異なる。あなたがたは心を騒がせるな、またおじけるな。
14:28>
『わたしは去って行くが、またあなたがたのところに帰って来る』と、わたしが言ったのを、あなたがたは聞いている。もしわたしを愛しているなら、わたしが父のもとに行くのを喜んでくれるであろう。父がわたしより大きいかたであるからである。
14:29>
今わたしは、そのことが起こらない先にあなたがたに語った。それは、事が起った時あなたがたが信じるためである。
14:30>
わたしはもはや、あなたがたに、多くを語るまい。この世の君が来るからである。だが、彼はわたしに対して、なんの力もない。
14:31>
しかし、わたしが父を愛していることを世が知るように、わたしは父がお命じになったとおりのことを行うのである。立て。さあ、ここから出かけて行こう。

5:10pm の 4 月 25, 2013 にある 古谷 茂 のコメント

4:43pm の 4 月 23, 2013 にある 古谷 茂 のコメント

聖書全体のテーマ 「イエス・キリストとの出会い」

 けれども今日は、創世記に入る前に、聖書の全貌を眺めていきたいと思います。聖書が書かれた日的を一言で言い表すと、みなさん何になると思いますか。多くの人は、聖書を道徳を教える書物と考えています。確かに、聖書は人間に善と悪の基準を与えているという意味で、道徳の書物でありますか、前々回学びまし定ように、「あなたがたが、天の父が完全なように、完全でありなさい。(マタイ5:48)」ということばもあり、道徳の書物を考えるには、あまりにも基準が高いです。ある人たちは、科学の書物と考えます。確かに、聖書の記述は科学的にも正しいのですが、このような人はたいてい、奇蹟の場面を読むと聖書を読みたくなくなります。むしろ、「天が地よりも高いように、わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。(イザヤ6:9)」とあり、私たちがすべてを知ることはできないのです。そして、聖書は文学であると考えている人もいます。日本の知識人のほとんとが、そのような読み方をしています。確かに、聖書は、人間の有様を措いているので文学とも言えますガ、「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはできません。(ヨハネ14:6)」というイエスのことばを、文学的にどう解釈するのでしょうか。文学としては、あまりにも、私たち自身に深い関わりをせまっています。

 そして、ほとんどの人が犯している間違いは、聖書が宗教の書物であることです。確かに、「神」ということばを使っているので宗教の書物と言えますが、聖書は、人間がいかにして神に到達できるかを教えていません。むしろ、神がどのようにして人間に到達されさたかを伝えています。イエスは、「神はそのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。」と言われています。したがって、私たちが正しい目的で聖書を読まなければ、理解することができす、挫折してしまうのです。

 聖書が書かれた目的を一言で言うと、「イエス・キリストという方を知る。」ということです。イエスは、ご自分のことを花婿と呼び、教会のことを花嫁と呼ぼれまし定。花嫁が花婿のところに入り、結ばれるように、私たちはキリストのもとに入り、キリストを知るようになります。この夫婦の関係にはいるまでの段階を、聖書は措いているのです。

創世記 イントロ

8:42am の 6 月 2, 2012 にある 古谷 茂 のコメント

12:49pm の 5 月 17, 2012 にある 古谷 茂 のコメント

Astarte was connected with fertility, sexuality, and war. Her symbols were the lion, the horse, the sphinx, the dove, and a star within a circle indicating the planet Venus. Pictorial representations often show her naked.

http://www.mashpedia.com/Astarte

Español: Monedas representando a Ishtar.
Draped bust right
Car of Astarte; four branches protruding from roof.

BMC pg. 194, 300.

http://commons.wikimedia.org/wiki/File:As-Julia_Maesa-Sidon_AE30_BM...

12:38pm の 5 月 17, 2012 にある 古谷 茂 のコメント

アスタルト (‘ṯtrt [‘aṯtart])は、地中海世界各地で広く崇められたセム系の豊穣多産の女神。崇拝地はビュブロス(Byblos、現在のレバノン)などが知られる。 メソポタミア神話イナンナイシュタルギリシア神話アプロディテなどと起源を同じくする女神と考えられ、また周辺地域のさまざまな女神と習合している。

アスタルト - Wikipedia

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約