封印された神代(かみよ)史:イラク運輸大臣がシュメール文明のETコンタクトを発表した意味

封印された神代(かみよ)史:イラク運輸大臣がシュメール文明のETコンタクトを発表した意味
http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/02db808032fa2d7dc95d779f855ae338
2006年10月初旬にインディペンダント祇を始めとする欧米の主流メディアが、イラク運輸大臣の驚くべき記者会見の発表を報道したニュースは、TOCANAが日本語で紹介して大きな反響を集めた。

エキサイトニュースは10月6日に、こう伝えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イラクの大臣が、世界初の空港を建設したのはシュメール人であり、さらには宇宙旅行や惑星探索を行っていたと発言、英「The Independent」紙やアラブ首長国連邦の国際ニュース「アル=アラビーヤ」に取り上げられ大きな話題を呼んでいる。

■大臣の驚愕発言に関係者困惑

 各メディアの報道によると、イラクの運輸大臣カージム・フィンジャーン氏の口から驚きの発言が飛び出したのは、イラク南部ジーカール県で開かれた新空港の開港会見でのこと。

「世界初の空港は7000年前にこの場所、ジーカール県に建てられました」(フィンジャーン大臣)
「シュメール製のUFOはここから他の惑星に向けて飛び立っていました」(同)

 さらには、シュメール人は宇

レーティング:
  • 現在は 5 段階評価の 0 つ星です。

表示: 58

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2020   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約