【天皇陛下が、新年の国民への挨拶で放射能汚染について言及】
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=388076441354987&set=a.115536431942324.24259.100004579028054&type=1&fref=nf&pnref=story

「東日本大震災からは四度目の冬になり、放射能汚染により、かつて住んだ土地に戻れずにいる人々や仮設住宅で厳しい冬を過ごす人々もいまだ多いことも案じられます」
政府が見て見ぬふりして強引に帰還政策を進める中、現実に存在する放射能汚染に言及した形です。このように、原発事故はいまだまったく収束していません。

戦争についても
「多くの人々が亡くなった戦争でした。
各戦場で亡くなった人々、広島、長崎の原爆、東京を始めとする各都市の爆撃などにより亡くなった人々の数は誠に多いものでした。この機会に、満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、今後の日本のあり方を考えていくことが、今、極めて大切なことだと思っています」
と明言。戦争の出来る国に突き進む安倍政権に、釘を刺したのではないでしょうか。国を愛し天皇を敬う「右翼」と言われる人々が、この声に耳を傾け行動しないのが不思議ですね。建前と本音がバレバレです。

◆嘉田由紀子・元滋賀県知事のコメント
「このお言葉は天皇陛下ご自身が推敲に推敲を重ねてご自身の思いを述べられたものと、私は滋賀県知事時代に、天皇皇后両陛下に何度も直接にふれさせていただいた経験から、確信します」

◆「 護憲派の天皇皇后が安倍政権に危機感。天皇家と安倍政権が対立!? 護憲姿勢強める天皇・皇后を首相の側近が批判!」
http://lite-ra.com/2014/11/post-605_3.html

レーティング:
  • 現在は 5 段階評価の 0 つ星です。

表示: 104

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

8:52am の 2 月 14, 2015 にある 古谷 茂 のコメント

5:42am の 1 月 3, 2015 にある 古谷 茂 のコメント

5:37am の 1 月 3, 2015 にある 古谷 茂 のコメント

【天皇陛下・新年の感想全文】
昨年は大雪や大雨、さらに御嶽山の噴火による災害で多くの人命が失われ、家族や住む家をなくした人々の気持ちを察しています。

また、東日本大震災からは四度目の冬になり、放射能汚染により、かつて住んだ土地に戻れずにいる人々や仮設住宅で厳しい冬を過ごす人々もいまだ多いことも案じられます。

昨今の状況を思う時、それぞれの地域で人々が防災に関心を寄せ、地域を守っていくことが、いかに重要かということを感じています。本年は終戦から七十年という節目の年に当たります。

多くの人々が亡くなった戦争でした。
各戦場で亡くなった人々、広島、長崎の原爆、東京を始めとする各都市の爆撃などにより亡くなった人々の数は誠に多いものでした。この機会に、満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、今後の日本のあり方を考えていくことが、今、極めて大切なことだと思っています。

この一年が、我が国の人々、そして世界の人々にとり、幸せな年となることを心より祈ります。

© 2020   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約