私がブログ「ふるやの森」にたどり着くまでいろいろな経緯がありました。

子供の頃から、「自分は死んだらどうなるのだろう?」と単純な疑問を持ち続けてきて、TV番組では「あなたの知らない世界」とかいろいろこの次元ではないものに興味を持ち、江原さんが出演される番組を多く目にするようになって、そういう目に見えない世界というものが現実にあることを確信しました。

それからというもの、江原さんの本をほとんど読み、江原さんが感銘を受けたという霊界通信の本「シルバーバーチの霊訓」も何冊も読みました。

そこにあるメッセージは、自分がハッと目が覚めるようなものばかりでした。

それから2年ほど経過した頃、「菜食のススメ」というサイトで紹介されていた本なのですが、「アミ小さな宇宙人」という本との劇的な出会いがありました。

まず私の妹が、その本の紹介を見て何となく読まなければならないという衝動にかられ、普段なら買わないだろうジャンルの本にもかかわらず、迷わず手にとって読んだところ、「素晴しい本だったよ~☆☆☆」と感激の電話を私にかけてきて、それで私も迷わず購入したというものです。

確かに!素晴しい~~~~~!!

一気に私の世界観が4次元から無限の多次元へと広がりました!

地球以外の文明?そんなこと考えたこともなかった。

いえ、地球外文明について否定していたわけでなく、そこに全く私の意識が行かず、それまでの私の世界観は地球止まりだったというだけです。

アミの本では、ペドゥリートという男の子の前に突然現れた宇宙人アミという少年によってペドゥリートが宇宙の様々な星に案内され、そこで素晴しい文明が存在することを知ります。

いえ、文明が素晴しいだけでなく、宇宙がどれほどの愛に溢れているか、そして本当の愛とは何か、そういうとても大切なことをアミとの旅を通して知っていきます。

ペドゥリートは自分のそれまでの「当たり前」や世間の「常識」を全て覆されます。

物質中心の欲にまみれた世界、私利私欲のためにより多くのお金を求める意識、汗を流して働くのは、お金を手に入れるためというのが第一の目的である人が大部分を占める地球。

そんな地球に反して、とても進んだ文明の星では、働くことは遊びであり、楽しみであり、その楽しいことをしていることが、他の誰かの役に立つことで、全てがうまく回っているというものでした。

星をひとつの家族として、支配による統一ではなく、「愛」による統一をすること。

「『愛』、『統一』、『平和』だよ」 といったアミの言葉が今でも脳裏から離れません。

他にも読んでいて、私の魂が「それが真実だよ」と教えてくれているみたいな体にビリビリ電気が走るような強烈なメッセージがいっぱい書かれていました。

それからというもの、いろんな人にこの本を読んでもらいたいという一心で、3冊セットを2セット購入し、少し興味を持ってくれたいろんな人にこの本をお貸しし、読んでもらいました。

どの人からも「素晴しい内容だった!」との感想をいただきました。

この本との出会いをきっかけに私の世界観が宇宙へ、多次元へと広がったのです。

「ふるやの森」という素晴しい宇宙からのメッセージが載せられたブログに出会ったのも、「アミ小さな宇宙人」という本を読んだことがきっかけです。

そして、そんな素晴しい世界を知った自分が、今自分に何ができるか、それは自分自身がその真実を生きること、そして多くの人にもそれを伝えていくことです。

今地球はアセンションという大イベントを目前にしています。

いえ、既に始まっています。

私も、ワクワクした気持ちを持って、楽しんでこの素晴しい大イベントに参加したいと思います。

表示: 1315

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約