闇の勢力の行動が行き過ぎると、真理爆弾(Truth bomb)が起動される

重要な現況報告(160218)より

闇の勢力は最近かなり大胆な行動を取って来たので、
レジスタンスは物理層においてアクションを取りました。

まず、ディスクロージャーの情報パッケージ、宇宙のプログラム、
カバールの犯罪の証拠を世界中の主要な新聞社のコンピューターと、
世界中の選定された個人のPCに仕込んでおきました。 カバールが一線を超えると、
この情報パッケージがレジスタンスによってリモートで起動され、
世界中の無数のPCのスクリーンに同時に表示されます。 また、
ディスクロージャーの過程を捻じ曲げたり押さえつけたりしようとする動きに対する抑制にもなります。

第二に、武装した一定のレジスタンスのエージェントが現在地上におり、
罪のない一般人が攻撃された際には大方のケースにおいて介入することによって、
暴力と濫用を回避できるような体制にあります。

第三に、レジスタンスのエージェントが主要なカバールのメンバーや、
米国大統領候補、地球の状況に影響力のある主要政治家の警備担当として潜入しています。


ロブ・ポッターのコブラインタビュー160218(前)より

〇闇の大胆な行動

ロブ:あなたは「闇の勢力はかなり大胆な行動を取ってきたので、
レジスタンスは物理層においてアクションをとった」とおっしゃっていましたね。
その大胆な行動とはどんなものですか。やつらがやることは、
私たちの目からするとなんでも大胆でネガティブに見えますので。
もう少し具体的に行為の内容を説明していただけますか。

コブラ:いろんなことをやっています。まず、トルコやサウジアラビアがシリアに挑んでいます。
実際に武力攻撃もあります。これが一つ。

ロブ:たしかに。国境線で戦争のようなものを仕掛けていました。
病院を実際に爆撃する映像も見ました。
シリア政権の支持勢力が4万人もの市民を巻き添えにしたということだったと思います。
これについてもう少し説明していただけますか。

コブラ:ネガティブな勢力が病院を攻撃したといえます。ロシアがやったと濡れ衣を着せようとしました。
ロシアはやっていません。ロシア軍は、民間人の攻撃を厳格に禁止しています。
ロシア軍は、イエズス会からの援助による傭兵である「テロリスト」と呼ばれるものの排除に
100%注力しているのです。今回のことはすべてイエズス会がやったことなのです。
米国、サウジアラビア、トルコのネガティブな軍の派閥は、
シリアに重要なエネルギーの渦があるために、出来るだけシリアで苦痛を作りたいのです。

ロブ:そうですね。あそこは確かにとても重要な渦です。
過去の預言書はすべてあの地域を中心として書かれています。


〇コンピュータへの工作

ロブ:レジスタンスは対応策として、カバールによる犯罪証拠を主要なニュース配信会社の
コンピュータシステムや個人のPCに埋め込んだと書かれていましたね。
その作戦は完了したのですか、誰もそれに気づいていないのでしょうか。

コブラ:そうです。コンピュータシステムの中にあります。見つけるのはかなり困難です。
相当優秀なコンピュータの専門家でないと、PCをチェックして見つけることはできないでしょう。
でも、そこに既に埋め込んであります。

ロブ:となると、そのファイルは自動的に起動し、
ニュースフィードのようにPCのスクリーン上に表示されるのですか?

コブラ:ポップアップ・ウィンドウのようなものです。とても惹かれる題名が付いていて、
それをクリックすると、すべての証拠を見ることができる仕掛けです。
カバールの行動が行き過ぎると、これを起動します。
現時点で、世界中の多くのPCに仕掛けられています。

ロブ: いずれにせよ、最終的には起動するのでしょうが、
カバールの一定の行動によって先に起動するかもしれないのですね。

コブラ:そうです。イベント時にはもちろん、これは起動します。
私が今回申し上げたことは、イベントより前の時点のことです。
カバールの行為が目に余るなら、今日明日にでも起こり得ます。

ロブ:証拠についてですが、一般的な内容ですか、
それとも具体的な名前や事実や人物が特定されているのですか。

コブラ:とても明確に特定されています。カバールの犯罪証拠です。
それはすべての証拠――全体の内容、日付、氏名、あらゆることに関する証拠――
を伴う情報開示です。秘密の宇宙計画やETとの接触など、すべてが含まれます。

ロブ:それはすごい。チップ・タータムが、ジョージブッシュ(父)と息子たちがコカインを所有し
摂取している動画を所有していることを以前から知っていました。
これは、証拠の証明力を補強するする決定的な証拠になりますね。すごいです。


〇武装したレジスタンスエージェント

ロブ:「一定の武装したレジスタンスエージェントがいま地上におり、民間人が攻撃された際は、
大方の場合、暴行を防ぐために介入する」と書かれていましたね。
これは、シリアのようなケースを想定しているのでしょうか。

コブラ: 地球上のどこで起きても介入できます。
レジスタンスのエージェントは、普通の恰好をしています。
匿名で行動するので、誰も彼らを特定することができません。
闇の勢力が市民に対して暴力を振るうような行動に出る意図がみられる場合には、
レジスタンスがそれを阻止します。しかし、何でもかんでも阻止できるわけではありません。
けれども、阻止の行動はこれから取り始めます。今までには無かったことです。

ロブ:阻止するというのは、超光速生命体とかアセンデッドマスターとかが、
闇の勢力を文字通り凍結して動けなくして暴力を阻止するのでしょうか、
それともレジスタンスのハイテク技術で闇の勢力を殺さずに阻止するというものなのでしょうか。

コブラ:詳細は申し上げられません。闇の勢力が防衛策を取り始めるからです。
まあ、そういうことはないでしょうが。

表示: 193

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約