元イーグルスのドラマーでボーカリストのドン・ヘンリー。

彼のソロ曲の中で一番好きな曲を紹介します。

 

The Heart of the Matter

 

下の和訳(僕は英語がわかりません)を見ると、一見ラブソングのように思いますが・・・

実はそれを通して、とても深い領域のスピリチュアルな世界を映し出しているように感じます。

 

一度聞いてみてください。僕のおすすめです。

 

 

今日電話があった

ずっと聞きたくなかったこと

でもいつか来るとわかっていた

僕の古い親友からの電話

彼女は言った”とうとう大切な人を見つけたのね”

 

僕はその時 僕らの不幸な出来事すべてを思った

そしてお互いに困難を味わってきたこと

僕らが互いを見失った日々

開かれた愛の扉 安全な道を捨ててしまっても

もっと何かを求めたいと思っていた

 

今やっと君なしで生きられるようになってきた

でも時々君が恋しくなる 物事を知るにつれ、理解することができなくなるんだ

すでに知っていたと思っていたことを、また学んでいるんだよ

自分の心の動きに耳を傾けようとしているんだ

 

けれど僕の意思はだんだんと弱くなって

信念は粉々に砕け散るようだ

でも多分…許し合うということ

たとえ君がもう僕を愛していないとしても

 

この時代は不確定で、不安定なことばかり

人々は怒りに満ちている

僕らには少しの優しさが必要なんだ

優雅さの欠けたこの世界で愛はどう生き残るの?

 

信頼と自信が幸せにつながる

それが一番大事なのに、僕らはそれをダメにしている

プライドと競争は この空虚な腕を満たしてくれない

2人のためにする努力は もう僕を温めてはくれない

 

っと君なしで生きていくことを学んできたよ

でも君が恋しいよ 物事を知るにつれ、理解ができなくなる

全てを解き明かしたと思っていたのに また学ばなければならないのさ

自分の心の動きに耳を傾けようとしているんだ

 

けれど全ては変わってしまうんだ

友達も散り散りになってしまった

でもたぶん…寛容さということ

たとえ君の愛が消えてしまっても

 

人は出会いそして去ってゆくものだ

彼らは君を落としいれ、プライドを傷つけるかもしれない

でもそんなの気にせず前に進むことだ

だって人生は続いてゆくから

その怒りを持ち続けたら、君の中から腐ってしまうよ

僕は物事の本質をつかもうとしているんだ

 

けれど僕の意思はだんだんと弱くなって 思いは砕け散るようだ

でもたぶん…許し合うということ

もう君が僕を愛していないとしても

 

僕は自分の心の動きに耳を傾けようとしている

だって肉体は弱まり 僕の灰は飛び散っていくから 

だから僕は…許し合うということを考えるのさ

たとえ君がもう僕を愛していないとしても

 

許すよ

君を受け入れる

たとえ君がもう僕を愛していないとしても

表示: 1212

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

10:05am の 4 月 26, 2012 にある もんもん丸 のコメント

傍観の者さん コメントありがとうございます ^ ^

ホテルカリフォルニアも僕の大好きな曲のひとつです。

あとサッド カフェなんかも。

これらの曲は"何か大切なものを忘れているよ"って気づかせてくれます。

 

他にもウエストコーストサウンドと呼ばれる音楽は心惹かれる曲が多いですね。

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約