【転載】アセンションQ&A―いよいよ明日、その時に備えるために

ハートの贈りものより

Q. アセンションはいつ起こるか?

エネルギーの流入は12月12日から始まっており、年末まで高まり続ける。21日には、準備のできている人は直ちにアセンションする。そうでない人は、周囲の変化を見て、自分もそれに合わせ始める。

Q. 21日のどの時間に、アセンションは起きるか?


その日一日集中してほしいが、時間で言えば、10時10分、11時11分に集中、あるいは10時01分から11時11分まで、瞑想するとよい。(現地時間)

Q. アセンションに備えるために、21日には何をしたらよいか?


リラックスして、瞑想をして過ごすとよい。自分の周囲のみならず、自分の内部や身体の変化、ハートの中の変化を認識しつつ。

その日、食事は軽くする。緑のものを選んで。

20、21、22日には、自分が切り離されたような、地に足がつかないような、水中にいるような不思議な感覚を味わうかもしれない。

Q. 我々は、何処に行くのか?

個人的には、何処にも行かない。その場所において、自分は何者であるかという気づきを得る高周波を受け取るだけである。地球全体で行く。

Q 周囲を見渡した時、何が見えるか?


多くの人に見えるわけではないが、エネルギーパターン、空気中の色が見えるようになる。次元をシフトすると、例えば、一人きりだと思っている場所にも、多くの存在がいるのが見えるようになる。物体を構成している分子が見えるようになる。

深いところでつながったという喜びの感覚、多幸感を味わう。

Q. 新しい物理的な身体では、どのように感じるのか?


ここでは、多くの人が消耗したように感じているが、5次元に行けば、まったく違う感覚になる。躍動するエネルギーでいっぱいになり、何日も寝なくても平気だとすら感じる。

個人差はあるが、とても健康だと感じ、身体が歌い出したくなる感覚をもつ。身体全体が、本来作られたデザインに完璧に調和して機能する。

だが、睡眠は必要だ。夢の中でも、拡張、高揚を経験する。

空も違って見え、違っているように感じるだろう。

Q. 全員が、同じようにアセンドするのか?


個人差がある。流れに任せよ。

Q. アセンションの体験とはどのようなもの?

上へ飛翔する感覚。自分が翼を持っていること、飛べることを思い出す。

少しの間、あるいは数時間、自分が切り離されたような感覚、物体が固体には見えない感覚を味わう。しかし、あなたが固体になれと念じれば、固体に見える。

あなたの感覚は、1000倍以上に高まっている。

人間の痛みや疼痛は消えている。

そこは、愛の場所である。突如として、決断も、行動も、存在も、形態も愛、愛から生まれ、愛でできていることがわかる。二元性、極性は消えている。

Q. 何かが起きていることに気づいたら、我々はどうすればいいのか?

リラックスし、可能なら、横になること。靜かにし、自分のハートに行き、それを広げること。ベッドに、あるいは地球の表面にしっかりととどまる感覚をもち、成り行きに任せること。

外出はしない方がよいが、そうせざるを得ない場合は、もちろん、我々が守り、導いている。我々は常に、あなたと共にいる。

Q. どのくらいの期間、アセンションへの扉は開いているのか?

できるだけ多くの人が通れるように、人類の集団と、星から来た兄弟姉妹が、扉を押さえている。

今回のコンバージェンスにおいては、勤勉に努力する人であれば、その人の生涯にわたり、扉は開いたままである。

恐怖や、怒りを手放すこと。失望のみならず、「騙された」という感情を手放すこと。鍵となるのは、常に愛へ帰ることである。

Q. アセンドできる条件は?

炭素ベースの細胞構造を、クリスタルの形態へ変化させるのは光であり、そのクリスタルの形態によって、身体は、3次元よりも高いエネルギー・レベルの波動の中で生きられるようになるのである。

自分の波動を十分に高めた者だけが、そのエネルギーに結合することが可能である。

Q. アセンションするのに、不都合な時間、不都合な場所というのがあるか?

全員、自分にとってふさわしい場所にいることになっている。自分の衝動に、素直に従えばよい。

Q. 家族は一緒にアセンドするか?

多くはそうするが、個人の自由意志があるので、そうでない場合もある。

Q. ペットもアセンドするか? 家族と一緒に行くのか?


動物や植物は、自動的に、地球と一緒にアセンドする。家族に愛されているペットは、その家族と共に行く。

Q. 動物は準備ができているのか?

すべてが配置に着いている。駆け込みで準備しているのは、人間の集団である。

Q. 5次元での新しい人間関係はどのようなものか?

マスクが取れ、真実の自分、真実の相手が見えるようになるので、より親密で、強固で、統合し、支え合う関係になるものもあれば、道が分かれ、消滅する関係もある。

Q. 現在のパートナーは、ツイン・フレームと交替するのか?


ツイン・フレームは、パートナーというよりも、多くの場合、保護者、アドバイザーのような存在にとどまる。

あなたのツイン・フレームが、あなたの今回の人生のパートナーにふさわしい人として、今のあなたのパートナーをを選んでいることもあり、その場合には交替することは無い。夫と妻、お互いにそのような場合がある。

もし、あなたが今のパートナーのツイン・フレームに出会ったとしたら、その人は既に、あなたを素晴らしい人だと思っているわけで、それは挑戦ではなく、光栄なことである。

Q. アセンドするためには、アセンションに関する多くの知識が必要か?

必要ない。ただ、良い心がけで、ハートの中にあるすべての生き物に対する愛を実践すればよい。

Q. 何かが起こっているとは全く感じられない人に対しては、何と言うか?


12-12のポータルが開いた後も何も感じない、経験しない人は、一瞬一瞬、時間単位で、火を起こしていないのである。

火を起こして、起こして、起こし続けていくことだ。

まずは、自分のグリッドに接続し、点火せよ。続いて、ガイアのグリッドに、人類のグリッドに、星の兄弟姉妹のグリッドに、我々(天使)のグリッドに、唯一創造主のグリッドに、すべてのグリッドに。

爆発的な感情ではある必要は無い。忍び込む夜明けのごとく。

もし、ある人がアセンションする準備はできているのに、22日の朝、目覚めて、自分がまだそこにおり、地球もそこにあると知った時には、どうするか?

そのまま静かに過ごし、調整が起こるに任せよ。何処へ行くとか、行かないの話ではない。物理的な形で、ガイアは存在し続け、あなたも存在し続ける。それが、今回のプロセスの独特な点である。

もしも、22日の朝、目覚めて、何も変わっていないと’思え’ても、古い感情を抱きしめて、反応してはならない。古い3次元につながってしまうから。直ちに、自分のハートに行き、愛とシフトが、自然に完全に姿を現すのを待つように。それが、あなたのやらねばならないすべてである。凝視をやめ、リラックスし、受容すること。

目覚めて、もしまだ古い同じ地球にいると思えたなら、直ちに、新しいエネルギーにつながり、それにどっぷりと浸ること。まだ、過去の情報を引きずっているということなので、それを手放さなければならない。

Q. アセンドする準備がまだ完全にできていない人は、何処へ行くのか?

まだ、恐怖、怒りにしがみついたり、遠慮している人がいる。

それらを手放すこと。これが、最後の後押しである。我々は、エネルギーを注いでいるが、我々だけでは完全にはできない。共同作業である。

22日の朝、目覚めて、何も変わっていないと思えたとしても、それで、怒ってしまったら、まだ、あなたは怒りに囚われているということだ。あなたの中に、怒りは存在できない。新しい地球の波動、空気の中に、怒りは存在できない。手放すこと。

ソウルの旅の途上で、まだもう少しだけ3次元の体験が必要な場合には、窓は開いている。しかし、それは3次元の現実ではなく、ホログラフである。

アセンドする準備ができていて、愛を持っているのに、偽の信仰にしがみつくあまり、アセンドすることを絶対的に拒否する者、場所替えを希望する者、即ち、中間に位置する者たちがいる。

しかし、アセンションにイエスと言った者の大半は、極めて速くに、5次元へ移行するだろう。中には、それより上の次元へ行く者もいる。

Q. そのホログラフの世界とは、どのようなものか?

ホログラフであることには、気づかない。既に、地球にはたくさんのホログラフが存在する。個人の問題が解決するまで、彼らは、本当の現実だと信じて行動し続けるだろう。

Q. 12月21日以降、ガイアは3次元に存在するか?

存在しない。5次元にしっかりと根を下ろしている。

それでは、22日の地球は、19日の地球とは違い、5次元にあるということか? 5次元に進まなかった人は、3次元のホログラフか、他の宇宙の何処かにいるということか?

その通り。

Q. 12月21日にアセンドした者にとって、アセンションのプロセスはそこで終わりか、まだ続くのか?


今年の終わりまで続く。5次元で、様々な体験をする。

これは一瞬の出来事ではなく、プロセスである。シフトが起きていることを全く知らない人々が、大量に存在する。その人たちが、目が覚めて、自分は気が狂ったと思うような状況は作りたくない。

Q. あらゆる人がアセンドするのか?

そのように働きかけてはいるものの、必ずしもそうではない。

Q. アセンションによって、何がもたらされるか?


癒し、同情、平和、調和、愛という膨大な神のエネルギーが、太陽系を浸す。人類と地球のエネルギーの調が、恐怖、怒り、憎悪から、愛、同情、受容、刷新へと変わる。信じられないほどの輝きが、宇宙の何処からでも見える。尽きぬ喜びが全員を包む。期待は裏切られない。

Q. アセンションが、延期されることはあるか?


ない。これは、創造主が計画したことである。

Q. 家族間で、問題を抱えている。一緒にいなければならないか?


問題は、前世からのカルマに関係しており、解決を試みるべき。だが、あなたは、自分自身に対して第一に責任を負っている。決断できるのは自分だけ。

Q. 愛する者が、アセンドするのを望んでいない時は、どうする?

個人の自由を尊重する。

Q. アセンションは、突然起こるのか、徐々に起こるのか?

(アセンションする人は)規則的に増えてゆく。人々は姿を消す。不鮮明な記憶になる。先に進む者は全体のためにエネルギーをつなぎ止める。さらに、別の集団が行き、全体のためにエネルギーをつなぎ止める。そのように進む。

3次元に残ることを選んだ者たちは、別の状況へと移動する。一瞬のことで、誰もその人のことをほとんど憶えていない。

Q. 信仰を変えるくらいなら、むしろ死ぬことを選ぶ両親を持つ子供たちはどうなるのか? 孤児になったら、誰が面倒を見るのか?

宗教の、あるいは科学的信念を生きる拠り所にしている人の多くは、来る真実を受け入れるよりも、むしろ地球を離れることを選ぶ。

だが、いつ、この人生を去るかという選択は、ソウルのレベルで決められている。従って、信心深い人が幼い子を残して死んだからといって、信念を変えるのが嫌だったためと考えるのは短慮である。表面的な信仰と、その人の心の中とは、同じではない。

子供たちの面倒を見るのは、現在と同様に、同じ家族内の者か友人、法的な保護者である。波動と共に、意識も高まっているので、子供たちにはもっと弾力性がある。テレパシーが開通すれば、両親と何でも話すことができる。

Q. この時期、多くの人が、地球を離れるのか?

多くの人が、去ることを選んでいる。悼むことはない。全員に選択肢が与えられている。死は存在しない。別の場所へ移動するだけ。

Q. 直前になって、即ち、今ごろ覚醒した人はどうなるか?

目覚めたばかりの者にとって、現実は壊れてしまっている。しばらくは、それまで真実だと信じてきたものにしがみつくだろう。

来るべき変化は恐ろしいものではないと理解することが重要だ。意識レベルを上げるべく考え方のパターンを変えて、アセンションへ向かう道へ自分を乗せる。そうするのに、遅すぎるということはない。

Q. アセンションを起こす光は、何処から来るのか?

多くの高次の存在たちが、地球に光を集中させている。

すべての出来事の背後には、セントラル・サンから来る光の力がモチベーションを与えている。あなたが適応できるレベルで神の力が与えられており、それによって、あなたの力は10倍になっている。

Q. ゲート・キーパーとは、誰なのか?

多くの者が既にアセンドしたが、助けるために、戻ってきている。彼らは、道を示す者である。彼らは入り口にいる。多次元に足をかけている。

Q. ピラー(光の柱)とは、何なのか?


ピラーとは、あなた方のことである。

Q. アセンションは、どのレベルの悟りにあたるのか? 通常の7番目のチャクラの悟りは超えていると思う。Sahaja Samadhi と呼ばれるものか?

その通り。


 

表示: 665

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約