【転載】 愛と光の遊星・PFC-Japan事務局より (8)

皆さま
★S-aeko(守城佐恵子)活動/外部講演会のご報告
昨日(2月4日)、都内では初雪の中、「超エネルギー協会(平澤幸治先生主宰)」の会、(約60名)にて、S-aekoが講演をさせていただきました。この団体は名前のごとく、エネルギーその他、各種の専門分野で長年、研究活動に携わってこられた方々の会です。

いつも感じることですが、どのような分野であっても、「人生を賭けて」求め研究し続けて
来られた人たちというのは、どの人も皆、「通じる世界は同じ」ということ。それは、あの無農薬のリンゴの木村秋則さんではないですが、「世の中の誰に理解されずとも必ず神様と通じる瞬間がある」ということを実感いたします。
そんな中、究極の宇宙の原点「愛のエネルギー」と「天地人」の実体論を解りやすく説くS-aekoの話なのですが、昨日も参加者の多くの方々が大変に興味を持たれ、熱心に耳を(ハートを)傾けておられました。業種、分野、年齢、肩書、およそ一切のフィルタを外し吸収しようとする謙虚で素直な同会の方々の姿に感銘しました。
また、最近、海外の方々からのPFC‐J並びに、S-aeko、Takiホームページへの訪問者、また、他の団体からの協力要請も最近目覚ましく増えてきました。本当に今は、すべての分野の調和、そして統合・・の時代を実感です。
あと、S-aekoの講演では、「ルービックキューブが最後の一瞬に音を立ててカチッと合わさる瞬間にすべてが起こる」という表現があるのですが、まさに今はその瞬間の時であるとも感じます。
そういう時に、 ・いつももうすぐもうすぐと言われながらも、まだ現実に起こらない。早く起こしてください! と、"待ち人"になるか。・主創造主の出された「終了宣言」にスイッチして、自らの意識を高めるか。 ・はたまた、それすらも気にせず淡々と、自ら自身が光と愛の実体となろうとする”行動 者”として先陣を切るのか。 「ルービックキューブ」というキーワードを通じて、”期待”、”信頼”、”不審”、”依存”・・さまざまな言葉や思いが錯綜する毎日ですが、この時にこそ、未知なる最善の世界を創り出すスイッチは、まさに私たちの意識次第と教えられる気がいたします。(笑)
※2.2の内容も含め、皆さまには時間のできる範囲で書き起こし、後日レポートしたいと 思います。
☆*:・゜★*:・゜☆*:・゜★*:・゜☆*:・゜★*:
愛と光の遊星・PFC-Japan事務局 秘書・広報 松本愛花 Email:mother_gaia@pfcj.net ホームページ:http://www.pfcj.net
埋め込み画像 1埋め込み画像 2

表示: 350

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約