銀河連邦新日本で紛糾している問題について経過を説明します。

ふるやの森に掲載した記事(現在削除済み)は以下です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニセ宗教団体が銀河連邦を僭称して活動を行っていますのでご注意ください。銀河連邦は地球上のいかなる「宗教」団体ともつながりを持たず、地球文明のすべての人類の宇宙創造主への信仰に基づく銀河文明への移行を支援しています。

銀河連邦新日本の未来人M(長瀬正彦)さんが統一教会の幹部であるとみなした理由は以下です。

1 ツイッターのダイレクトメールで「長瀬さんは統一教会幹部」という通報が入った。

2 検索した結果、統一教会幹部に同人物が発見された

(当時は新日本の長瀬さんの写真は投稿されていなかった)

写真が投稿されたあと、写真では別人物かもしれないとも思ったが、、写真偽造の可能性も考えて、警告を発信する必要があると判断して上記記事を掲載した。

(かつて坂田丈夫さんが「山根君子」の偽名で写真を偽造して銀河連邦フォーラムに潜入して混乱をもたらす工作活動を行った経緯がある)

後日、本人から抗議が寄せられたために、謝罪の上で記事を削除した。

以上。

表示: 1696

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

11:51am の 5 月 21, 2013 にある Chirnovski(チルノフスキー) のコメント

残念ながら、自由意志の法則は闇の選択(すなわち、アセンションしない)をする人にも有効で、その決定を他者に変える事は出来ないのです。
アセンションをしない選択をしている人を無理やりアセンションさせたら法則に違反します。
個々の魂の成長にとってマイナスになるからです。自分自身で気づかなければ意味が無いのです。

6:54am の 5 月 21, 2013 にある イッチャン のコメント

イッチャンです、よろしくお願いいたします。

「古谷さんの気持ちの事を心配をしています。」

 

坂田氏の気持ちを変えられるでしょうか?、グループ化をしている状態であれば、「すでに不可能です」次元上昇のこの時期を迎えているこの時間は、「個人個人の問題です、個人の意識が尊重されなければなりません、私の問題は私たちと坂田氏の意識の問題です、現実に、寛大な気持ちは、古谷さんの意識を坂田氏の意識へと引きずり込みます、私たちを、犠牲にすることが起こります、古谷さんの寛大なお気持ちを強く感じております、このお気持ちはとても尊いものです、このお気持ちはメンバーの皆様に捧げてくださいませ。」

12:41pm の 5 月 20, 2013 にある 古谷 茂 のコメント

もうしばらくアクセスを続けることにしました。

今回の件をめぐってショックを受けたことは、坂田さんが自分で加工修正した画像を投稿して、あたかも私が行った加工であるように吹聴する犯罪行為(信用毀損罪:虚偽の風聞を流布して他者の信用を失墜させる行為)を行ったことです。これで、坂田さんは、これまでのネット犯罪を一層拡大して、なりふりかまわない悪質な虚偽の流布を開始したといえます。彼がそのように異常な行動を行う背景には、追い詰められた闇の勢力の焦りがあり、銀河連邦新日本の背後にあるカルト教団の策動を隠すために、もはや手段を選ばない攻撃を始めたと考えられます。

調べた限りでは、未来人Mさん自身には悪意はないようですが、彼を「教祖」にまつり上げて自分たちの組織の延命を図ろうとする坂田さんを中心とするグループの策動に注意を払う必要があると考えています。

9:15am の 5 月 20, 2013 にある イッチャン のコメント

イッチャンですよろしくお願いいたします、「古谷氏の心の置き場所に心配をしています。」

坂田氏の今までのすべての行為は、自分の行いは心から湧き上がる真の言葉であります、この事実を認識しますまた皆様もしなければなりません、この場合は、坂田氏の全面的な謝罪と、すべての坂田氏の言動の取り下げ、そして、古谷氏への忠誠です、この事実を持って交渉されたらいかがでしょうか。

9:07am の 5 月 20, 2013 にある 古谷 茂 のコメント

坂田さんが剣を鞘に収めたようですので、この件はいったん終わりにします。

今回の件は決して「坂田VS古谷」などという単純な問題ではなく、銀河連邦の活動の根幹に関わる問題ですので、最近入会してよく事情が理解できずにいる皆さんのために経過を簡単に説明します。

1 ふるやの森に掲載し続けた銀河連邦のチャネリングメッセージをきっかけとして、現実に銀河連邦との連携をめざすことを目的として2010年に銀河連邦フォーラムがスタートした。

2 初期に入会した坂田さんは、入会後しばらくすると本性を表して再三にわたってトラブルを引き起こした。

3 さらに坂田さんは、2011年の3・11直後に、私が静岡県議選に立候補して浜岡原発の即時停止を訴えることに強硬に反対して、選挙期間中に候補者の私に対する誹謗中傷を投稿し続けて選挙活動の妨害を続けた。

4 私はやむをえず坂田さんをフォーラムのメンバーから削除した。

5 そのことを坂田さんはいつまでも根に持って、阿修羅やふるやの森のコメント欄で私に対する誹謗中傷を続けた。

6 さらに、次は「山根君子」の偽名を使って銀河連邦に再入会して、さらにトラブルを引き起こして混乱をもたらした。

7 参加停止処置を受けた「山根君子」は、さらに誹謗中傷活動をネット上で続けた。

8 坂田さんはいったん、ふるやの森のコメント欄でそれまでの活動について謝罪をしてもうトラブルを引き起こさない約束をしたが、銀河連邦フォーラムに再々入会した後に、「古谷は銀河連邦日本の代表に不適格だ」などという暴言を吐いて、さらに再々度のフォーラムへの参加停止処置を受ける。

9 フォーラムを追放された坂田さんは、同士を募って「銀河連邦新日本」を立ち上げる。

10 現在の新日本の中心メンバーの能村さん、ハイアーセルフ33さんは、もともとは銀河連邦フォーラムのメンバーであったが、自分たちが運営の主導権を握れないこと(表向きは私が政治に関わること)を不服として、新日本に参加して現在に至っている。

この対立が単なる「小競り合い」ではなく、銀河連邦の活動の根本に関わるものであることをご理解ください。

ではまた・・古谷5/20

3:20pm の 5 月 19, 2013 にある Chirnovski(チルノフスキー) のコメント

ディスクロージャーが実現した暁には争う理由が必然的に無くなる

2:42pm の 5 月 19, 2013 にある 古谷 茂 のコメント

追記

坂田丈夫氏は、私が「画像を加工した」などとありもしないデッチアゲによって私を誹謗中傷していますが、私が掲載した記事は以下のもので一切の「加工」は行っていません。厳重に抗議します。

また過去において重大な犯罪行為を行ったのは坂田丈夫(山根君子)氏自身であり、私を「犯罪者」呼ばわりする暴言は許しがたい犯罪行為である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

坂田丈夫さんの以下の犯罪行為は明白に記録に残されています。2011年4月7日

阿修羅記事コメント欄で、選挙立候補期間活動中の候補者を誹謗中傷して業務の遂行を妨害。

(信用毀損罪・偽計業務妨害罪)

・・・・・

http://www.asyura2.com/11/senkyo108/msg/819.html

 

 

1:21pm の 5 月 19, 2013 にある 古谷 茂 のコメント

世界支配相関図(日本編)

銀河連邦新日本の動きに警戒が必要だと考える理由は、その背後にカルト宗教があると考えられるからです。これまでの坂田氏を始めとする新日本メンバーの行動には共通する特徴があります。

 

1 脱原発・小沢元代表支援の活動を敵対視して妨害する(「政治を持ち込まない」などと現実から目をそらそうとする)

2 ETコンタクトを抽象的な議論にすり替えて現実に行動しない

3 政治の不正に抗議して行動する人々を揶揄・攻撃する

 

これらはすべて、現体制を存続させようとする権力の背後にある闇の組織(カルト宗教団体)の意思だと考えられます。これから公式ディスクロージャーが実現すると、ニセ宗教団体は支持を失い消滅に向かわざるをえません。その危機感から何とかスピリチャルな関心に向かう人々を取り込もうとする焦りが、銀河連邦新日本の背後にあると思うのです。下に転載した銀河連邦のメッセージは、そのことを穏やかに伝えているのだと思います。

 

この「たたかい」は、決して「ただの小競り合い」ではないのです。

 

 

1:04pm の 5 月 19, 2013 にある 古谷 茂 のコメント

【転載】長瀬さんに送られた銀河連邦からのメッセージ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、銀河連邦艦隊司令長官アシュター・シェラン氏の使者の方から最新のメッセージが届きましたのでお伝えします。

・・・・・・・・・・

なぜあなたがた地球人類が、いつまでたっても第四密度に移行することができないのかについて、集合意識の仕組みから説明をしましょう。
たとえば誰かが何か人類にとって新しいことを始めようとすると、必ず邪魔が入り、阻止されるということが起きます。あるいは、誰かが人類の集合意識に光を投げかけるようなパターンを作ろうとすると、必ず妨害する者が出てきます。
その妨害とは、意外にも個人的な悪意や妬みという大人げない感情に近いものであり、人間一人ひとりが出している羨望のような嫉妬のような感情で、これらが集合意識によって雪だるま式に増大し、新しいことをやろうとする人の前に立ちはだかるのです。
自分の抱くそんな小さな感情が、まさか人類の進化を阻んでいるとは誰も思いもよらないはずです。
そして誰もが、そのような感情や思いの発信者になり得ることを自覚しなければなりません。このような感情が何も特別なものでないことは、あなた方もよくわかっているでしょう。
あなた方に人類の集合意識を観察することができるならば、自分が発している感情には責任を持たなくてはならないということを思い知るはずです。
この種のネガティブな感情を極力発生させないためには、自分がどこから来てどこへいくのか、また自分は誰であり、自分という存在は何であるのかを思い出す必要があります。自分自身を知り、自分自身で在り続けることができるならば、他の人が何であれ、あの人がどうであれ、外の世界に翻弄されることはありません。
また一方で、あなた方の発する感謝や喜びという些細な感情が、木々や植物、動物たちの生育に影響を与え、滋養を与え、あなた方の惑星地球に影響するのです。
それだけあなた方人類の持つ感情というものは、未来への可能性に影響を及ぼすだけでなく、大きな可能性をも秘めていると言えるのです。

とはいえ、”第四密度”の時代への移行は目の前に到来しています。早ければ今月下旬にも。至急、おおらかな心の準備が必要です。

 

 

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約