外出中なので記事の投稿を休むつもりでしたが、アシュタルのサイトに重要なメッセージが投稿されていますのでお知らせします。
3. HATONN: Thank you, Matthew, my friend. As an intergalactic fleet commander and director of multidimensional communication, I am
knowledgeable about preparations for a globally televised program that
will present evidence of extraterrestrial civilizations.
(マシューからの紹介を受けて)ありがとう、マシュー。銀河連邦艦隊の司令長官及び異次元間コミュニケーションの管理者として地球外生命体実在の世界放送の準備が整っていることをお知らせします。
http://www.ashtarcommandcrew.net/profiles/blogs/hatton-1

この投稿がスーザンさんのチャネリングによるものかどうかは不明で、マシューの原文サイトにも投稿されていません。はたして翻訳して公開すべきかどうか迷っていますが、これから翻訳作業に入ってこのフォーラムに投稿しようと考えています。


表示: 253

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

10:49am の 8 月 22, 2010 にある 古谷 茂 のコメント
チャネラーから連絡がありました。
「8月の終わりにエネルギーがピークに達するのでそれを感じた人が流した情報だろう。」
とのことです。
10:24am の 8 月 22, 2010 にある 古谷 茂 のコメント
ありがとうございます。確かに11月のメッセージですね。ただ再投稿したのは善意だと思います。その時期が迫っていることを伝えたいのでしょうね。
5:49pm の 8 月 21, 2010 にある 古谷 茂 のコメント
7. これは国際的な活動で各国政府が協定に関わった重要なイベントです。主要な決定はすでに行われていますが、詳細はまだ議論されている最中です。皆さんの代表者の中には最初のプログラムは完結にして大量の情報によって皆さんを圧倒しないようにしたいと望む人々もいます。彼らの提案は、「この数年間に目撃されたスペースシップは他の宇宙文明から来たものであり、危害を与えると考える根拠はなく、他の情報が入り次第詳細を追って追加する」という内容です。また他の代表者たちはすべての質問に論理的に回答する内容にすべきだと主張しています。地球外生命体が地球のシフト(浄化)を援助していることを伝えるべきだと考える人々や私たちが地球に姿を見せれば、ヒューマノイドでない姿が恐怖心を起こさせると心配する人々もいます。逆に私たちが姿を見せれば地球以外の文明から来ていることが証明されると言う人々やマザーシップのデクローキングを生中継すれば良いと言う人々と、それは証明よりも恐怖心を起こすことになると言う人々がいます。
5:22pm の 8 月 21, 2010 にある 古谷 茂 のコメント
5. 私たちの実在を発表するプログラムは複雑な事業です。私たちに期待をかけて心から歓迎する人々はごく少数であり、プログラムは大多数の人々のために計画されています。発表は恐怖心や過度の反発を招かないように行わなければなりません。私たちの実在を認めることに対する手強い反対があります。プログラムに関わる人々の安全が最優先事項です。この場合「安全」とは、身体的な安全だけではなく、目撃者・参加者・彼らの家族の精神的な安全も意味しています。

6.プログラムはただのスペースシップ目撃シーンの放送(ある地域ではもはやありふれた現象となっている)私たちの実在を明確に示す証拠の提示でああるべきです。宣誓した目撃者の証言と私たちと共に活動してきた人々や私たちが地球に来ている目的を説明できる人々の証言が行われる必要があります。これまでそのような証言は専門職を追放されたり精神異常扱いを受けたり、私たちの存在を知られたくない(特に地球で皆さんと合流されたくない)者たちによって家族が脅迫を受けるような被害を受けてきました。プログラムで証言する人々にそのような被害を与えないように精神的な安全も含めた配慮が必要です。
4:16pm の 8 月 21, 2010 にある 古谷 茂 のコメント
(途中まで訳してみました)
1. こちらはマシューです。この次元のすべてのソウルからの祝福と共に私たちの観察を皆さんと分かち合いたいと思います。この瞬間は「先行(予測)」という言葉が光明を得たソウルたちの集合意識を最も適切に表す言葉だといえます。私たちの宇宙ファミリー実在の発表だけではなく、大量の期待するべきエネルギーが方向づけられているという意味で・・皆さんの中には静かに(でもわくわくしながら)待っている方もいれば、発表を待ちきれずに活動を始めたい方や疑いの気持ちをぬぐいされない方もいます。その一方では地球外生命体実在の公式発表が迫っていることを全く知らずにいる人々が多数を占めています。

2. ハットンが公式発表に関して舞台裏で起きていることを話してくれると言っていますので、バトンを渡したいと思います。

3. ハットン:ありがとう、マシュー。銀河連邦艦隊の司令長官として異次元間コミュニケーションの管理者として、地球外生命体実在の世界テレビ放送による発表が準備されていることをお知らせします。

4.公式の承認をこれ以上遅らせることができないのは地球の受けてきた深刻なダメージを修復して地球の健康を回復することがその住民にとって緊急に重要だからです。もう無駄にする時間は残されていません。私たちは地球の要請と創造主の承認を受けて今地球に来ています。私たちには人類を援助する能力と意思があるからです。しかし、そのためには皆さんの代表者の決定を待たなければなりません。ここは皆さんの世界だからです。

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約