GFLJ9/16,2015:混乱期の地球上の情報工作活動にご注意ください

日本国内はもとより、世界全体の政治・経済の混乱がピークに達し、地球外文明実在の真相公開と公式コンタクトの開始がカウントダウンに入っている。

ネット上では無数の情報が入り乱れて、NHKを始めとするマスメディアによる情報操作と合わさって、日本国民の多くは世界で起きている事態の真相がつかみにくい状況に置かれている。

銀 河連邦(宇宙連合)は、今日の事態を見通して、20008年8月1日の10・14ファーストコンタクト公示以来、マイク・クエンシー氏がチャネルするサ・ ルー・サやシェルダン・ナイドル氏がチャネルするシリウス評議会のメッセージなどを中心に地球人類に世界で起きている事態の真相と未来のビジョンを伝えて きた。

一方で闇の勢力とたたかう地球上の光の勢力の中心としてコブラや、ベンジャミン・フルフォード氏、リチャード・コシミズ氏などの発信する情報は、政府やマスコミの情報の隠ぺいと闇の勢力の陰謀を暴露する上で重要な役割を果たしてきたと言える。

これまでの銀河連邦の提供する情報のほとんどが、英語で発信されてきたためにチャネリング・メッセージの翻訳活動は日本の読者に言語による情報閉鎖の壁を破って、日本と世界で起きている事態の真相を伝える上で重要な意義を持つ活動であった。

したがって、これまでメッセージの翻訳活動に大きな意義を果たし、銀河連邦の活動と連携するサイトであると思われてきたGFLサ-ビスが2015年8月5日にサ・ルー・サとシェルダン・ナイドルのメッセージの翻訳を中止した知らせは日本の読者に大きな混乱をもたらした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

GFLサービスの翻訳中止の件

た きさんからのお知らせ:サルーサのチャネラーである、マイク・クインシー、内部地球ネットワークのアン・デハールト、ゾラに引き続いてシェルダン・ナイド ルまでもがマイナス波動になってしまいました。従ってこれらからのメッセージの翻訳を中止いたします。 2015年8月5日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このニュースについて宇宙への旅立ち8/5,2015は、「GFLサービスのたきさんは爬虫類人組織のエイジェントだった!?」という記事を掲載して警告を発信し、当ブログ:ふるやの森は「今後は、宇宙への旅立ち銀河連邦 アシュターとクィーン 宇宙銀河と当ブログが連携して銀河連邦からの情報を皆さんに提供することにします。」という緊急決定を発表した。

GFLサービスが、9月13日に掲載した「サ・ルー・サは イギリスの諜報機関から発信されている」という情報は、American Kabuki9/12,2015に掲載されたSaLuSa Is not From Sirius, He's British! を 翻訳した記事であるが、原文の情報の真偽の精査が充分に行われた形跡がなく、American Kabukiの情報のソースが全く不明である点から見ても、偽情報(ディスインフォメーション)である可能性は濃厚である。この問題については、サ・ ルー・サ翻訳チームのルイサさんに問い合わせているので、いずれ真相が発表されると予想している。

SaLuSa 11 September 2015 + A Note from Mike Quinsey(コメント欄)

宇宙への旅立ち9/15,2015は、「爬虫類組織GFLサービスのたきさんはクレージー!サルーサは イギリスの諜報員!? 」という記事で、「光の銀河連邦に成りすましているGFLサービスのたきを使い、サルーサのメッセージはイギリス諜報機関から出ていると偽情報を流して、バカな人間達を混乱さてやれ!」という内容の工作活動の指示が出ているという判断を発表している。

今回のGFLサービスの情報が、長い期間にわたって日本の読者の支持を集めてきた銀河連邦のメッセージに対する不信感をあおる工作活動である可能性は極めて高いと思われる。

日本の読者には、今後、いかなる情報もうのみにしないで、さまざまなソースからの情報と総合して、真偽の判別を慎重に行うようにお願いしたい。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表示: 133

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約