ケネディー大統領が読み上げようとしていたETディスクロージャー演説原稿

(このスピーチはケネディー元大統領が死亡したパレードで車に同乗していたコナリー元アリゾナ州知事に手渡していた原稿をマウリス・オズボーン氏が読み上げたものである)

世界の市民の皆さん

私たちは宇宙で孤独でいるわけではありません。無限の知恵を備える創造主は自らの創造した宇宙に私たちと同じように知性を備えた多くの生命体で溢れるばかりに生み出されたのです。

私がなぜ権威を持ってこのように話すことができるか?

1947年にアメリカ軍はニューメキシコの砂漠地帯で正体不明の飛行物体の残骸を修復しました。その後、科学的な調査によって、この飛行物体は地球からはるかに離れた外宇宙から飛来したことが明らかになりました。その時以来、アメリカ政府はその飛行船に乗船していた生命体とコンタクトを続けています。

このお知らせは素晴らしく聞こえるかもしれませんし、恐ろしいと思われるかもしれません。しかし皆さんにお願いしたいのは、このニュースに不当な恐怖心を抱くことのないようにしていただきたいのです。

大統領として、私は皆さんにお約束します。

彼ら地球外生命体は私たち地球人類に害を及ぼすことは決してありません。

それどころかむしろ、彼らは私たち地球人類の共通の敵・・専制・貧困・病気・戦争との私たちの国家の戦いを支援することを約束しているのです。

彼らは人類の敵ではなく、むしろ友人であると私たちは結論しています。

地球人類と地球外生命体は共に力を合わせてより良い世界を創造していくことになるのです。

これから先、人類がつまづいたり、道に迷うことがないかどうかは私にもわかりません。

しかし、この素晴らしい国の進むべき真の道を私たちが見出したことを私は確信しています。

地球人類を輝かしい未来へ導く道を・・

これから訪れる毎日、毎週、毎月・・

皆さんは彼ら訪問者についてどんどん知るようになります。

なぜここに来ているのか、なぜ長年にわたって皆さんのリーダーたちがそのことを秘密にしてきたのか・・

皆さんに今お願いしたいことは、不安な気持ちではなく、勇気をもって未来に向き合ってほしいということです。

なぜなら、私たちは今、人類すべての永遠の夢であった世界平和のビジョンを手に入れることができたからです。

神の祝福をこめて

J・F・ケネディー

If President Kennedy Had Disclosed, What Might He Have Said?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ディスクロージャーを前に

ディスクロージャーの幕が開けば、ただちに「滑りやすい坂道」が目の前に見えてくるだろう。なぜなら、ディスクロージャーの一面が明らかにされるなら、地球を取り巻くスペースシップの艦隊の実在は言うまでもなく、人類の中にいる非先住ETの果たしてきた役割も完全に暴露されることになる。

それは非先住ETによる政府・銀行・法人宗教団体及びメディアのコントロールを明らかにしていくことになるのである。その結果、一般の人々はついに自分たちがいかに奴隷化されてきたかを悟ることになる。その後に混乱が始まるだろう。そしてその混乱の中から新しい地球が生まれ出ることになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これから私たちの前に明らかにされる真実の1つは、地球外生命体(ETI)の人類史に対する関与が1万年以上も前のアトランティスとムーの崩壊から続く人類破滅=NWO計画と関わっているという事実となる。

それは、世界各国の政府を裏側から支配・コントロールして世界核戦争を推し進めようと画策してきたユダヤ金融資本=シークレット・ソサエティーと共謀してきたネガティブ(人類に敵対的)なETIの存在を明らかにしていくことになる。9・11と3・11の核テロ、そして3・11後の衆院選・参院選不正選挙の陰謀のすべては、ユダヤ勢力とネガティブETIの計画的な犯行であり、その陰謀は近代以降のあらゆる戦争と内乱に及ぶ壮大な計画であった。

真実から目をそむけてはならない。闇の権力機構の中にあって、必死に人類の未来を守ろうとして戦った果敢なソウルたちの記録も私たちの歴史に刻まれている。世界の平和は安易にもたらされることはなく、ひとりひとりの平和を願う意志の表明と行動によって勝ち取られるものだからである。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参照:

アメリカの宇宙事業に関するライス大学での演説

ジョン・F・ケネディ大統領

場所:テキサス州、ヒューストン

日付:1962年9月12日

そこに獲得すべき新たな知識と勝ち取るべき権利があるから、われわれはこの新しい海原に漕ぎ出します。そこにある知識や権利は、全人類の発展のために勝ち取られ、利用されなければなりません。原子物理学や他のあらゆる技術と同じように、宇宙科学そのものに道義はありません。

宇宙科学が善と悪どちらの力となるかは、人類次第なのです。そして、この新しい海が平安の海となるか戦争の恐怖の舞台となるか、その決定にわれわれが参加することができるのは、アメリカ合衆国が卓越した立場を勝ち得た場合だけなのです。わたしは、宇宙の敵意ある悪用に対して、わが国が無防備でいるべきだ、あるいは無防備でいるつもりだと言うのではありません。

陸地や海の敵意ある悪用に対して無防備でいるべきではないのと同じです。わたしが言いたいのは、宇宙の探索と支配は、戦争の業火を燃え上がらせることなく、人類がこの地球を手に入れるにあたって犯してきた過ちを繰り返すことなく、実現できるはずだということです。

まだ宇宙には、争いも偏見も国益の衝突もありません。宇宙に潜む危険は人類すべてにとっての危険です。宇宙の征服は全人類がすべての力を結集して挑むべき事業であり、宇宙での平和的な協力の機会は今を逃せば二度と訪れないかもしれません。しかし、一部の人たちは言います。

なぜ月なのか、と。なぜ月を目的地に選ぶ必要があるのでしょうか。彼らはあるいは、同じようにこう尋ねるかもしれません。なぜもっとも高い山に登る必要があるのか。35年前、なぜ大西洋を飛行機で横断する必要があったのか。なぜライス大学はテキサス大学で試合をする必要があるのか。

われわれは月へ行くことを選びます。この10年のうちに月へ行くことを選び、そのほかの目標を成し遂げることを選びます。われわれがそれを選ぶのは、たやすいからではなく、困難だからです。

この目標が、われわれの能力と技術のもっとも優れた部分を集め、その真価を測るに足りる目標だからです。この挑戦が、われわれが進んで受け入れるものであり、先延ばしにすることを望まないものであり、われわれが、そして他の国々が、必ず勝ち取ろうとするものだからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表示: 119

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約