GFLJ8/22,2014:マチュピチュの遺跡が伝えるプレアデスの記憶

マチュピチュ遺跡のより深い宗教的な意義を理解するためには、私たちはインカ文明時代をはるかに遡る旅を始めなければならない。約5千年前に地球がまだ大変動期にあった頃、気象異変と洪水の影響でおびただしい数の宇宙から降りた神(スカイゴッド)への信仰が世界に広まり、その影響が今日の世界にまで及び続けている。伝説によれば、私たちの世界に文明をもたらすスカイゴッドが降り立って地球人類に、農業や他の多くの有用な技術を教えたが、後に文明の荒廃を見て、邪悪な人類を洪水で滅ぼした。「文明をもたらす神」の一種族は、背が高く白色(トールホワイト)で髭を生やして、白く長いローブを着て、ヒーリングやダウジングなど多様な用途に使う道具(つえ?)を持ち歩いていた。

古代人の多くは訪問者たちをプレアデス星団と結びつけていた。この星団は初期の宗教と伝統に重要な役割を果たしていた。

(1) この「7つ星」は、洪水(宇宙の創造)とリンクしていて、人類の文明と農業のシーズンに関係がある。自分たちの祖先がこの星団から来て、自分たちも死んだ後にそこへ戻ると信じている種族もいる。

(2) プレアデス星団の祖先たちは1年の決まった時期に戻ってきて、その時期はいくつかの太古のカレンダーに決められている。1つの時代の終わり、または1年の終わりに、時間と空間が区切られた文化では、国中の火が消されてプレアデスの祖先の帰還と共に再点火される。11月の終わりに、この時期に互いのコンタクトを中断すると伝えられる国々では、プレアデス星団が現れると、死に別れたソウルが地上に戻って来ると信じて、その再会を祝う祝宴を開く。

Machu Picchu’s E.T Connection

山頂に残されたペルー・マチュピチュ遺跡

太陽の門を通って帰還するプレアデスの祖先

マチュピチュ遺跡の衛星写真

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表示: 218

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

9:29am の 8 月 24, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約