GFLJ8/19,2014:すべてをテーブルの上に広げる時

アイゼンハワー大統領の曾孫のローラ・アイゼンハワーが伝えるETによる地球侵略②

フレッド:さて、あなたの声明の中に、すでに起きているET侵略については政府が話したくないことであるというのは、あなたの言うとおりです。内部告発者が言っていたのは、軍産ET複合体は現在、運命スーパーコンピュータシステムのタブレットを使っていて、そこに含まれているのは、HAARP,エアロゾル、ケムトrテイル、人工知能マインドコントロールシステム・・・で、(その目的は)地球規模の環境破壊や大虐殺を試みるためです。プレアデス艦隊は人類を解放するためにおり、成功するであろうと彼は述べています。運命タブレットについてもっと説明していただけませんか?それとプレアデス艦隊との相互関係についてです。そして現在、何の動力が動いているのでしょうか?最終的にプレアデス人たちが成功するのにです。

ローラ:私の理解では、運命タブレットは古代の原子エネルギーであるTMIに繋がっているんですね。それが実際に何かというと、この惑星が地球になる前のことです。最終的に内部爆発し、ある部分は地球になり、他の部分は火星と木星間のアステロイドベルトの一部になったのです。そしてそれらのアステロイドは別々の質でなんです。ベスタのようにね。それら全てに別々の名前があって私たちはそれらを見ることができます。ご存じのように天文学ではです。ですが運命タブレットは最終的には間違った手に渡ってしまったのです。それがこのある種の技術的なシステムになり、そして私たちが知っているのは、人々が繋がっている一種のショーを行っている人工的マトリックスなのです。

そしてエアロゾル散布から来るナノ粒子について考えた時に、私たちをマインドコントロールするある種のアンテナの作成を試みようとして、そうすれば私たちは簡単に検閲され、見られ、監視sれるのです。私たちを低次元に保ち、オーラを投獄し、私たちがアセンションできないようにするためのこれらの重金属で私たちが攻撃される間にです。これは基本的には運命タブレットであり、かつては魂よりも私たちの化学的プロセスだったのが、今や技術的に支配するシステムになってしまい、この情報が取られて使用されているのです。私たちに対する兵器としてね。

そこでフリーエネルギーである私たちのエネルギーが、吸い上げられ、私たちに敵対するエネルギーとして使われているのです。ですから、天候操作やマインドコントロールを見た時に、基本的に私たちの生命エネルギーや地球のプラーナが吸い上げられているんです。なぜなら、私たちは偽旗作戦やメディアの歪みを信じることによってパワーを渡してしまっているからです。そしてこれらの技術の燃料として使われてしまっているんです。そして運命タブレットが元々の惑星の女神の手にあった時には、宇宙の法則についてであり、別々の種族の発展についてだったんです。

これらのエネルギーと調和していた様々な種族の種まきはそのエネルギー放射のようでした。今私たちが扱っているのは、エゴや魂で、自由意思や知恵の木や善悪の木を扱っているのです。かつての私たちを取り戻すためにね。そして私たちには選択肢が与えられているんです。運命タブレットが無くなった所を避けるためにです。そうすれば元々のタブレットを取り戻すことができるんです。複雑な感じなのですが、何故ならどうやったら本当に説明することができるのでしょうか。

ですが何でもなんですよ。アルコンがするのは模倣することなんです。彼らは創造を模倣するんです。これが人工的タイムラインが行っている事なのです。彼らは製造され、本質ではない現実をほのめかし、現実であるようにみえますが、これが私たちが扱っている感じのことで、本質的なアセンションと比べるとです。そして、ただもう、間違った手に渡ってしまい、その多くは、それについて私たちは読むことができ、結局誰それの手にタブレットが渡っただとか、ある種の起きたことがルシフェリアン・レベリオンの欺きの一部であったと認めることができるのです。

結局2万6千年前に起きたことというのは、ルシファー・レベリオンはネフェリムの反グリッドの権力階級にいました。これはストーンヘンジの地下にあります。そして基本的には、これらのスーパ-コンピューターは最終的にレイラインや渦に影響を与え、地球をハイジャックしたままの感じにして、閉じ込められた状態になって、自然のスターゲイトを開けられないのです。ですが私たちは自然のスターゲイトに繋がっていますし、私たちの意識が広がれば、それらの技術的な操作をくつがえすことができるのです。ですが彼らはあらゆる所にいて、おそらく薬4千もの地下基地を私たちは扱っているんです。それから闇の儀式についてやこういったことをするのに彼らが選んだ場所を考えた時に、それらは非常に強力な場所なんですね。そして別の一直線がある時には、通常彼らが行っている時なのです。

何故なら、それらは私たちが意識の飛躍をする時であり、彼らは私たちにそうしてもらいたくないからなのです。ですから、ある種のエネルギーゲームの」ようです。周波数の戦いなのです。そして全ては意識のための戦いなのです。ですが終わりの日に、霊よりも強力なものはありません。ただ単に、これらの技術、マインドコントロールやエアロゾル散布(ケムトレイル)、これら全ては私たちを馬鹿で愚かな状態で閉じ込めておくためのものなのです。私たちが真の成り立ちにアクセスできない様にするためにです。

ですが一旦私たちがそれを把握し、アクセスすると私たちを愚かにさせるものは何もなくなります。ただ単に、この切り替わりの時という機会の中で、2012年から2017年の星の活動期間という機会の中で、ほとんどの人々が覚睡します。ですから彼らはより多くのケムトレイル散布をし、私たちが覚睡するのを妨げるために更に多くのことをしているのです。

ですが、私たちの内の多くが、この切り替わりの時のずっと前から覚睡しており、私たちは宇宙と地上を保持することができたのです。他の人々を私たちの所へ招くためにです。ですから一旦あなたが到達すれば、もう戻ることはありません。ですが実際に彼らは、人々が到達することから抑え込もうとしているのです。そこであなたや私のような人々が手遅れになる前に情報を共有しようとしているのです。

フレッド:そうですね。さて、あなたが話の中で言っていたのは、設立についてでした。最初に話していたのは、戦略サービスオフィス(OSS)を通してのオフィス設立についてでした。それからペ-パークリップ作戦の設立でした。これは表向きにはドイツの科学的専門知識をソ連と英国に否定するためであるかのように見えました。ですが、みえてくるのは再びですが、内部告発者が言っていたのは、CIAが作られた本当の理由は、膨大な数のマインドコントロールされたクローンとその他ペーパークリップ作戦からもたらされた秘密のプロジェクトを扱うためなのです。

ですから、CIAが作られた本当の理由は、青信号を出す仕組みとしてなんですよ。最初は北米で、次は世界にです。アメリカ帝国主義をこのドラコニオンのマインドコントロール帝国へと変えるためにです。世界的なマインドコントロール帝国へとです。あなたがここで明らかにしているのは、その事のように感じるのですが。どうでしょうか?

ローラ:そうです。だから沢山の偽情報もあるのです。ドラコニオンだけでなくノーディックスも私たちは扱っていますが、古代史を見てみると、ネフィルムも双方共に堕ちた種族なのです。ですから人々が考える、プレアデス人は皆、善良でレプティリアンは皆邪悪だというのは、当てはまりません。私たちの全ての人種や人口と同じくらいに多様なのです。ドラコニアンが最も邪悪なように感じていますが、レプティリアンには多くの種族があり、ETにはたくさんの種族がいるのです。

一日の終わりに、自己と他者へのサービスを知っていれば、それだけで違ってくるのです。ですが、CIAやアルファベット3文字の組織には、両サイドを混ぜた感じなんです。全員が一緒に加わっている所もあれば、物事をあるべき軌道に取り戻そうとしている人々もいるのです。ですからCIAには、それらの隠ぺいに関わっていない派閥もあると思います。ですが、ほとんどの部分では、組織全体が秘密を扱うために作られ、この侵略というアジェンダを静かにさせておく為にです。

何故なら、侵略はずっと前に起きたことであり、ですから彼らが話す未来の偽のエイリアン侵略、それからブルービーム技術は、おそらくこれは起きないでしょう。すでに侵略されているのに、本当の侵略が起きるなんていうことはないのです。でうから私たちが初めて侵略されたかのようなシナリオを表すなら、彼らの新世界秩序のアジェンダの次の段階を導入し始める時なのです。

そして経済や潜在的な経済的崩壊を扱う時に、崩壊を制御するよりも、そこで私たちはチップを得始めるのです。ですから私たちは政府から何も得ることはないのです。それが真実になると感じていますし、ですからディスクロージャーは私たちから出なければならないのです。

真実がどこにあろうと、何かが表に出されて議論されるべきであり、彼らの秘密や大きな赤旗がどこにあろうがです。そして秘密には言い訳ができないのです。私はそれを理解することができます。それを論文に書きましたが、私たちがニュースや異なった脅威を扱う時には、多くの人々が対処していますが、宣誓にサインした人々へのペナルティーは、真実を明かす人々はどうなるのでしょうか。私が引用したほとんどの内部告発者たちは、もはや生きてすらいないのです。

こういった類の理由のために、秘密を保ち続けている人々を理解することはできますが、私たちは今、全くの新しい世代にいるのです。そしてこれら全てを明らかにするのは、私たち次第なのです。

そして情報が複雑ですが、書かれている書類なら、おそらく、プロセスやこれらすべての進展が簡単なのです。ですが、内輪もめが挑戦的な部分なのです。私たちは単にそれらCIAやイルミナティーや影の政府にいる人々は邪悪だと仮定する傾向にあるのです。ですが、私たちは理解しんければなりません。私たちを助けようとしている人々もいるのです。

ですから私の多くのプリゼンテーションの意図は、そういった人々に呼びかけるためなのです。「何だと思います?私たちは準備ができています。」って言ってね。そして私たちに発言を許す時なのです。何故なら、私たちは解決法を持って生まれてきているのですからね。

そしてアイクスの任期中ですら、秘密が必要な事もありました。何故なら彼らはグレイの意図がわからなかったからです。誰が良くて誰が悪いのかをです。それこそ彼らがこういった事がらを明かさなかったもう一つの理由なのです。ですが、今はすべてをテーブルの上に出す時なのです。グレイなエリアや複雑な部分があるでしょうが、私たちは皆、共有するために違った種類の会話を持つんです。そうすれば、点を繋げ始めることができるのです。

(書き起こし:古谷)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表示: 366

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

6:03am の 8 月 20, 2014 にある 古谷 茂 のコメント
12:05pm の 8 月 19, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

アイゼンハワー大統領の曾孫のローラ・アイゼンハワーが伝えるETによる地球侵略

地球が誕生する前から数々の宇宙戦争や天使の戦争が起きていました。地球が誕生すると同時にET(後に地球内部に移ったレプティリアン、ドラコニアン系のET、アヌンナキ)は地球をハイジャックし、人類を支配しはじめました。現在も様々な種族のETが地球を支配しています。

彼らは闇のテクノロジー(ケムトレイル、メディアの情報操作、HAARP、宗教、政府)を使って我々人類をマインドコントロールしています。我々が実際に経験している世界は、マインドコントロールで操作された世界だったのです。このようなテクノロジーを使ってETは人類を何千年も前から支配してきたのです。

これらのETの配下にはイルミナティや影の政府など、複数の派閥が存在していますが、彼らは現在、内紛状態です。人類は邪悪なETが支配する世界から抜け出られなくなっています。イルミナティの中にも人類を助けたいと考えている者もいます。

現在、あまりにも多くの犯罪が横行しており、我々はこれ以上我慢できなくなっています。彼らの犯罪をただ傍観するのではなく何等かの行動に出る必要があります。世界人類が一体となって、彼等の犯罪を(法的処置などを含む)やめさせなければなりません。戦前からヒットラーとルーズベルトはETと協議を重ねた後、ドイツとアメリカはプレアデス人よりもグレイと手を組み、グレイのテクノロジーを手に入れました。

戦後、米政府はグレイから手に入れたテクノロジー(マインドコントロールの方法など)を防衛の目的だけでなく、邪悪な目的に使い始めました。戦後、米政府はこれらのテクノロジーを使って世界を支配してきました。

アメリカに存在する影の政府はナチスやシオニストで構成されています。彼らはETと協定を結びましたが、実際にはETのテクノロジーを貰う変わりにETに降伏したのです。 しかし、このような動きは全てETによる地球支配、人類奴隷化の戦略の一環として初めから計画されていました。現在使われているHAARPやケムトレイルなどのテクノロジーはETから手に入れたもので、ETが最終的に人類を支配するために使っているのです。

遺伝子が弱体化しているETは、人間を拉致し、人間のDNAをミックスし、彼らのハイブリッドを作ることで彼らの子孫を残そうとしていますが、イルミナティや影の政府は人間を彼らに提供する代わりにETのテクノロジーを入手しているのです。米軍でさえ、ETテクノロジーを使ってETと人間のハイブリッドやクローン人間を作っています。

世界中で多くの人々が拉致されていますが、それは、米軍の協力があるからできるのです。米軍は、ETとのハイブリッドを作るたけでなく、タイムトラベルで未来に行き、未来の人間の遺伝子を今の時代に持ち込み、人間のライフサイクルを維持しようとしているのです。 しかし、我々には2つの選択肢があります。1つは、何も知らずに彼らに抵抗することもなく彼らの好きなようにさせ、未来の人間の姿であるグレイになってしまうのか、それとも、人間の本来の姿である非常に進歩した生命体として自覚し、未来にタイムトラベルをして人間の遺伝子を今の時代に持ち込むことを必要としないやり方を選ぶのか。。。です。影の政府はETの邪悪なテクノロジーを使って我々を騙そうとしています。

米軍産複合体は現在、ETのテクノロジーであるケムトレイル、HAARP、人工知能のマインドコントロールを含むスーパーコンピュータシステムの運命タブレットを使って地球環境の破壊や地球上の人類を大量虐殺しています。

このタブレットは、古代の素数積女神のエネルギーと繋がっています。これは、この惑星が地球になる前の状態と同じです。タブレットが内部破壊し、一部が地球になり、残りが火星と木星の間にある小惑星帯の一部になりました。しかしETにより運命タブレットが悪用され人工的なマトリックスを生み出しました。ケムトレイルに含まれるナノ粒子は人間をマインドコントロールするアンテナになるのです。このような状況下で、人々は簡単に監視されモニターされてしまいます。

さらに我々はケムトレイルにより重金属の攻撃を受けています。重金属を撒くことで我々を低密度の世界に投獄し、上の次元に上昇できなくしているのです。タブレットは元々は単なる化学プロセスだったのですが、我々を攻撃する兵器として、人類の支配システムのテクノロジーに変貌してしまいました。さらに我々が自由に使えるフリーエネルギーも吸い上げられ、我々を攻撃する兵器として使われています。

地球や我々のエネルギーを吸い上げ、気象調節やマインドコントロールに使っているのです。 偽旗攻撃やメディアの偏向報道は実際に行われています。運命タブレットは元々は宇宙の法則であり、異なる種族を生み出すものでした。

我々は元々のタブレットの返還要求をすることができます。地球を支配しているETは、人工的に作ったタイムラインで神の創造する世界を模造しています。彼らは、現実の世界に存在しているかのように見せかけた人工物を作り出しています。これはルシファーレべリオンによる反逆の一環です。 26000年前に、ルシファーレべリオンはネフィリムの逆グリッド(ストーンへンジの地下にある)の権力層だったのです。彼らの使うスーパーコンピューターは、ボーテックスのレイラインに影響を与え、地球をハイジャックしています。そのため、我々もその中に閉じ込められており、自然のスターゲートを開けることができません。

我々はスターゲートとは繋がっていますから、我々の意識が拡大すれば、彼らよりも優位になります。地球には4000ものETの地下基地が存在します。イルミナティの悪魔儀式は、ETのパワーを貰うために、常にETの地下基地の傍で行われています。

我々は日々、ETやイルミナティのエネルギーや周波数と戦っているのです。これらは我々の意識と関係があります。彼らが使っているHAARPやケムトレイルやマインドコントロール・テクノロジーは、我々を無知で愚かな状態にしておくためのものです。

我々が神によって創造されたものだということに気が付くのを阻止しています。しかしそのことに気が付くと(覚醒すると)、彼らは我々をマインドコントロールすることができなくなります。 2012年から2017年は、宇宙に大きな変化(星の活動期)が起きる期間です。この時期に地球上の殆どの人々が覚醒します。それを阻止するために彼らはケムトレイルの噴霧をさらに活発に行っているのです。しかしずいぶん前から、既に覚醒している人々が人々を覚醒させるための活動をしています。我々も彼らのように、このように真実の情報を流しているのです。

CIAは、アメリカ帝国が支配する地球から、ドラコニアンのマインドコントロール帝国が支配する地球に変えるために働く組織です。CIAは、ETが人類に気が付かれないように地球を完全支配できるようにETを援護しています。

我々はドラコニアンやノルディックによるマインドコントロール(偽情報を流すこと)に注意すべきです。

ノルディックもネフィリムもみな堕天種族なのです。プレアデス人が良くてレプティリアンが悪いと決めつけるのは、全人類が良いか悪いかに分けることと同じです。同じ種族でも悪者もいれば善良な者もいます。ETの中では、ドラコニアンが最も邪悪な種族だと思いますが、レプティリアンや他の種族には利己的で邪悪な者と他人のためにつくす善良な者が混在しています。

既に何千年も前にETは地球を侵略しました。ですから、彼らが流す情報(今後、ETが地球を侵略する)には要注意です。なぜなら、地球は既にETに侵略されているのですから、新たに侵略されることはありません。さらに、ブルービーム・プロジェクトも成功しません。彼らは、まるで我々人類が初めてETに侵略されるかのように演出をするつもりです。その後、彼らのNWOアジェンダが実行に移されます。そのために、世界経済を意図的に崩壊させ、次に、全人類にICチップを埋め込み、我々を完全に支配しようとしています。このような事から、ディスクロージャーはET側の政府が行うのではなく、我々が行わなければなりません。

これから我々の手で真実をディスクロージャーしなくてはなりません。多くの内部告発者が既に殺されています。。我々は新世代の人間です。我々の力で世界中の人々に真実を伝えなければなりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約