GFLJ8/15,2016:永年にわたる闇の勢力の秘密計画が明らかにされつつある

NASAは生まれてこのかた50年、嘘のつきっぱなしだ。

わ たしの名は、リチャード・C・ホーグランド。アポロ計画中はウォルター・クロンカイト(CBSニュースのアンカーマン)の科学アドバイザーとし て、NASAの月・火星探査計画にからむ特別番組に協力し、アポロ計画後はNASAゴダート宇宙飛行士センターのコンサルタントを務めた。そして現在は、 個人の立場でNASAを監視しつつ、エンタープライズ・ミッションという研究団体を運営している。団体の目的は、過去50年、NASAが太陽系で発見した ものをいかに秘匿してきたか、私たち市民をいかに蚊帳の外に置き続けてきたかをつきとめることである。

【読書会】NASA秘録(リチャード・ホーグランド)

各国の政府とNASAを始めとする宇宙開発機構は国民に宇宙の真相を隠して、秘密の宇宙開発計画:秘密宇宙プログラム(SSP)を推し進めてきた。第一次大戦後の1920年代からナチス・ドイツはネガティブ(人類に敵対的)な異星人グループとコンタクトを行い、ETテクノロジーの提供を受けて月面や火星上に秘密基地を建設していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ナチスドイツとUFO

現 代になって政府と地球外生命体の共謀が密接に行わ れた一例がアドルフ・ヒットラーの時期のドイツに見ることができる。テクノロジーがこの国を発展させたが、それは攻撃的な目的に使用するためのものであっ た。ドイツは地球外生命体にとって利用しやすい恰好の候補だったのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・

★コズミック・ディスクロージャー★ 2015年10月22日 アガルタン:最先端の開拓

DW:
ようこそ。
私は司会のデイヴィッド・ウィルコックです。
宇宙の情報をお伝えし、長らく続いてきた政府の偽りや陰謀、偽装を暴いてゆきます。
私は真実を求めています。
皆さんも真実を求めているのでしょう、でなければここには居ないでしょうから。
真実を求めるなら、あなたは信念を少し柔軟に持たねばなりません。
知れば知るほど、
私達が知っていると思っていた事はすべてお伽話に過ぎないとわかるのですから。
本当の世界ははるかに面白く複雑、想像すらできないほど不思議に満ちています。
ではコーリー、前回は宇宙プログラムの歴史について話しましたね。
現代になるとドイツのオカルト結社から始まったとのことでしたね。
CG:
そうです。
DW:
ドイツは主に二つの知的文明とコンタクトをとり、
彼らの助けを得て反重力テクノロジーのベル・クラフトを完成させたと。

・・・・・・・・・・・・・・・・

衰退するキマイラグループ

キマイラグループについての機密情報を、さらに公開するときが来ました。ある人にとって、この情報には信じがたいような部分もあるかもしれません。しかし、事実は小説よりも奇なりです。このグループには、アンドロメダ銀河から来た闇の勢力のリーダーたちがいます。彼らは25,000年前にヒューマノイド型の肉体を持って地球にやってきました。
そして地球を隔離状態にしました。彼らは地球の周りにスカラー電磁フェンス(ベール)をめぐらせ、効果的にポジティブなETのコンタクトを妨げ、人類を孤立させてきました。次に彼らは広大な地下都市のネットワークを、奴隷使いであるドラコニアンと奴隷であるレプタリアンを使いながら、築きました。そしてそこから地上の住民を支配しました。
当時、彼らの主な本拠地はアフリカ、中国、チベットの地下にありました。20世紀初めまでは、彼らが直接地上の文明に関わることはありませんでした。その20世紀初めに、興味深いオカルトが発達しました。ま ず1917年、光の勢力がドイツにツーレソサエティ(Thule society)を形成しました。時をおかず、アルコン支配下のロスチャイルド工作員、その名をアドルフ・シックルグルーバー(ヒトラー)が潜入しまし た。ツーレソサエティは闇の手先になり、さらにブリル協会(Vril society)に姿を変え、秘密裏にドイツの宇宙プログラムを発達させていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

表向きは敵対関係にあるように見せかけていたドイツ・アメリカ・ロシアと日本の政府中枢は裏側で共謀して第二次世界大戦を推し進めながら、秘密宇宙基地と秘密地下基地で秘密宇宙プログラムを共同で進めていた。

GFLJ9/6,2014:闇の勢力と異星人の共謀は戦前から続いている

す でに反重力テクノロジーやフリーエネルギー技術を入手して、円盤型の宇宙船の製作を完成させていた米ソの政府は、1960年代に入ってからロケットの製作 に成功したように見せかけて、表向きの宇宙開発を演出し、マスコミを使ってあたかもアポロ11号によって人類が「初めて月に着陸した」ように見せかけてい たのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・

Stanley Kubrick Admits He Helped NASA Fake Moon Landings In New Fil...

「スタンレーキューブリックがNASAの『月面着陸の偽シーン撮影』を監督したと告白」

スタンリー・キューブリック最後のインタビュー

アポロ月面着陸は虚構だった~撮影したキューブリック監督とロシアが暴露~

・・・・・・・・・・・・・・・・

世 界を裏側で支配する闇の勢力(ET・軍産複合体)は自分たちが独占する高度なテクノロジーを利用して、自分たちだけが知る秘密計画=人口削減(NWO)計 画に基づいて数百年をかけて最終戦争(世界核戦争)を実現するシナリオを推し進めてきた。しかし、終末のドラマの最終場面に入った現在、多くの勇気ある 人々による暴露によって、彼らの正体と陰謀のすべてが明るみに出ようとしている。これから地球人類が移行する銀河文明には彼らのうごめく場所はないこと を、まもなくサタンに仕える者たちは思い知るであろう。

☆F★

表示: 198

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

1:58pm の 8 月 16, 2016 にある 古谷 茂 のコメント
10:26am の 8 月 15, 2016 にある 古谷 茂 のコメント

・・・・・・・・・・・・・・・・

<緊急連絡>

RV / GCRインテル状況報告 - 2016年8月14日(Google翻訳)

状況報告

夜2時00分00秒EST
日曜日
2016年8月14日
中国の長老/欧州ソブリン/ロシア正教会/ロシアのソブリンは、彼の国のグローバルRVを開始するか、共和国大統領として除去すること、すべてのリリースの問題を解決するために午後8時ESTまで一般ジョセフ・ダンフォードを与えています。
 
こ のコンソーシアムは、彼らが復元され、米国共和国の世界的な受託者であり、世界の新しい金融と軍事機構を制御し、これにより実施を通じて同国の国際破産作 業を監督し、その市民を代表して好意的に行動しているだけではなく - 設計によってで始まりますアメリカンRV(USNグローバルリリース)で本格的。

・・・・・・・・・・・・・・・・

RV/GCR Intel SITREP - August 14, 2016

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約