GFLJ6/7,2014:ハワイ王国代表がET訪問者の寄港所を設けると発表

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハワイ王国

ハワイ王国の崩壊に反旗を翻すとともに、ハワイアンを政府へ輩出することを目的として1900年に創設された民主党は、1959年に米国州となった後のハワイにおいては、圧倒的支持を得る党となりました。

1993年には、民主党系のビル ・ クリントン大統領並びに米国議会が、米国市民を代表し、ハワイ先住民に対して「ハワイ王国の転覆とハワイ先住民の自決権はく奪」について謝罪しました。しかし、共和党主導の連邦議会からの反対にあったことが主な理由となり、これ以降の認知と補償については達成することができませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上の説明では「達成できなかった」とされるハワイ王国の公式の復活が2014年5月28日に実現して、地球外文明との公式コンタクトに向けた宇宙港のブナ海岸開設が決定したとマイケル・サラ博士が主宰するエクソポリティックス(異星人政策)ニュースが5月29日に伝えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ほんとうがいちばん

「ハワイ・スター・ビジターサンクチュアリー宣言」でハワイ最大の島のプナ海岸のカラパナ地区にET専用に着陸が可能になる。
この宣言では4つの事項があり、 ひとつはETがハワイのこの専用地に立ち寄れること、 2つはハワイ王国とETは友好関係を確立すること、 3つ目は一般市民に対する宇宙の訪問者に関する啓蒙教育を行う、 4つ目はETのテクノロジーは全人類と海洋生物及び地球の利益のために理解され発展されなければならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハワイは「プレアデス星団から地球に最初にやって来た土地」であるとされるが、プレアデス星団は日本とも古くからのつながりが深く、ハワイ王国で公式コンタクトが開始すれば、銀河連邦との接触の動きがすぐに日本に波及することはまちがいがない。

日本政府は「宇宙庁3年後めどに設置」と発表しているが、銀河連邦(宇宙連合)の着陸が今年中に実現しようとしている現在、緊急に対策チームを編成して国民への情報公開を急ぐべきである。この点からも今の安部政権には日本の未来に責任を持つ政権担当能力が欠落していることを指摘せざるをえない。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表示: 154

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約