GFLJ5/6,2014:日月神示が示す日本人の進む道

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

GFLJ11/10,2013:ファースト・オープンコンタクトの意義

浅川嘉富氏は、縄文文明とマヤ文明は共通するムー文明から派生したという説を提起している。

・・・・・・・・・・

今からおよそ1万2000年前に、一夜にして太平洋に沈んだと言われているのがムー文明である。その時、東の大陸・南北アメリカに渡った人々の末裔がインカ族、マヤ族、ホピ族である。一方、西を目指して逃げ延びた人々は、琉球諸島や日本本土、それに台湾や東南アジアへ渡り、その地の先住民となった。

埴原和郎氏が1991年に提唱した日本人の起源に関する「二重構造説」では、次のように述べている。

「日本人は現日本人と渡来人との混血によって生じたものである。前者は数万年前に日本列島に渡来した後期旧石器時代人から生まれた縄文人で、後者は弥生時代以降に大陸から新たに渡来した集団である。両者の接触によって、九州や本州では両者の混血が進んだが、北海道と沖縄では縄文人の系統が比較的純粋な形で残り、アイヌと沖縄の人々になった」

私は、埴原氏が東南アジア系の縄文人と述べている人々こそが、ムー大陸から移住して来た人々であったのではないかと考えている。元々日本列島にはすでに原住民が暮らしていたに違いないが、ムー文明の高度の知識をもった移住者たちが主導権を握って、 地球規模の大異変で原始時代に戻った文明を、再び開花させてきたものと思われる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

登呂遺跡博物館を見学しながら道三さんと私は完全に意見の一致を見た、

「縄文人は高度な文明を達成しながら、大陸の沈没と核汚染によって高地への避難を余儀なくされた文明人の末裔である。いったん原始的な文明への回帰を強いられながらも、すぐれた知恵と技術によって自然と共生しながら平和に協力し合う共同生活(コミュニティー)を形成していたにちがいない。そしてそれは混乱を極めた現代人が行きつく最終結論でもある。」 

GFLJ12/1,2013:12・21オープンコンタクト下見報告

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第五帖 (五) 富士とは神の山のことぞ。神の山はみな富士(二二)といふのぞ。見晴らし台とは身を張らすとこぞ、身を張らすとは、身のなかを神にて張ることぞ。臣民の身の中に一杯に神の力を張らすことぞ。大庭の富士を探して見よ、神の米が出て来るから、それを大切にせよ。富士を開くとは心に神を満たすことぞ。ひむかとは神を迎えることぞ、ひむかはその使ひぞ。ひむかは神の使ひざから、九の道を早う開ひて呉れよ、早う伝へて呉れよ、ひむかのお役は人の病をなほして神の方へ向けさすお役ぞ、この理をよく心得て間違ひないやうに伝へて呉れよ。六月十四日、ひつくのか三。

日月神示・ひふみ神示勉強会♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

GFLJ12/11,2013:登呂遺跡が語りかけるメッセージ

敗戦間際の昭和18年に登呂遺跡が発見されたことは、「神のみぞ知る」重要な意味を秘めている。同じく敗戦直前の昭和19年に日月神示が岡本天明氏に降りて、敗戦後の対米従属化におかれた日本の混乱と破滅の未来を告げて、日本人の生き方に指針を示したことと併せて考えてほしい。 ☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

-銀河連邦への再登録のご案内- "麻美" さんによる投稿 (5 月 3, 2014 2:11pm)

いつも銀河連邦新日本SNSをご利用いただきましてありがとうございます。前途のように2013年の古谷さんのイベントに対して新日本のメンバーが批判を行ったことそして古谷さんのSNSからの無断転載を行っていることによりこの場所の存続は難しくなりました。

つきましては古谷さんの銀河連邦に再登録をお願いしたいと思います。

GFLJへのリンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

銀河連邦「新」日本は銀河連邦の承認を受けずに銀河連邦を無断で名乗って、銀河連邦日本の活動を妨害し続けてきた工作団体で、主宰者の坂田丈夫(犯罪者と認定するため敬称を省く)は、銀河連邦フォーラムに再三にわたって入退会を繰り返しては組織の分裂と混乱を画策してきた工作員です。詳しくは以下を参照ください。

銀河連邦新日本の目的は何か?

未来人Mさんをめぐる件について

奴隷解放前線さんへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表示: 259

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約