GFLJ5/27,2016:これから明らかにされる真実が人類を自由にする

日本や世界各地でUFOの目撃例が増えた理由(月間SPA!5/25,2016)

●ワシントンDC(2005年2月10日)

2005年2月10日 ワシントンDC

●日本(2013年9月28日)

デルタ型UFO

●カリフォルニア(2005年6月5日)

2005年6月5日 カリフォルニア

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宇宙船(SpaceShip)の目撃はもはや私たちの新しいありふれた現実となった。銀河連邦フォーラムには、メンバーからの報告画像や映像が次々に投稿されている。

シフトする発光体(SS)です

シフトする発光体(SS)です

これまでに私たちの収集した情報とイベントの体験から、

① 宇宙船(SS)は意識を備えたプラズマ生命体(高次元のエネルギー体)であり状況と相手に応じてサイズや形態を自在に変容させて出現している

② 出現(デクローキング=「覆い」を取って姿を見せる活動)は、それ自体が意味を持つコンタクト活動の一環である

ことが理解されつつある。2011年の3・11事件以降に日本の上空でひんぱんに宇宙船が出現している理由は、放射能被害を最小化する活動を銀河連邦(宇宙連合)が現在実行中であることを見せると共に、政府に情報公開を急がせる目的があると考えられる。

現在、欧米の主流メディアはオバマ大統領が在任中に重大な公式発表を行う見通しが強いことを報道している。

また、インナーアース(内部地球)のメンバーが地表の人類の前に姿を現すという予告をExopoliticsを主宰するマイケル・サラ博士が発表している。

Inner Earth Beings Take First Step to Openly Reveal Themselves to H...

NASAがインナーアース(内部地球)文明からの信号を受信したというニュースは、これから開始する空洞地球の住民との公式コンタクトの前兆になる可能性が高いと思われる。

地底世界からの情報伝達が始まった!

http://storage.ning.com/topology/rest/1.0/file/get/1495705476?profile=original

「空洞地球説」は、もはや仮説ではなく事実であることが、これから人類の前で証明されることになろうとしている。読者は、これまでの固定観念を捨てて新しい宇宙理論を受け入れる準備を始めてほしい。

地球だけではなく、あらゆる惑星や衛星の内部は空洞であり、そこには高度な文明が建設されているという事実をあらゆる情報が一致して伝えているという現実があるからである。

学校の教科書で学んだ知識は壮大な宇宙と人類の歴史のほんの一部であり、その多くは世界各国の政府を裏側でコントロールしてきた闇の勢力に都合の良いようにねつ造された虚構にすぎなかったことが明らかになろうとしている。

私たちは、自らの内側に深くしみ込んだ闇の洗脳とマインドコントロールを洗い流して、明らかにされつつある真実を受け入れる準備を始めるべき瞬間にある。

真実こそが人類を自由にすると、古(いにしえ)の聖者たちは教えてきたのである。

☆★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参照

GFLJ5/12,2016:これから加速する宇宙文明の真相公開が光の勢力の勝利をもたらす

これから明らかにされる宇宙文明の真相は、これまで地球上で行われてきたメディアと学校教育による洗脳・マインドコントロール政策によって植え付けられてきた固定観念を根本から覆す壮大なパラダイム(思考の枠組み)転換を人類にもたらすことになる。

① 地球人類は地球上でサルから進化した生物ではなく、その起源は宇宙にあり、これから公式コンタクトを開始する地球外知的生命体(ETI)とは、共通の祖先から派生した親族関係(宇宙ファミリー)にある。

GFLJ8/4,2014:宇宙生物学への移行

② 人類最古の文明とされてきたシュメール文明をはるかにさかのぼる数百万年以上前に、海底に沈んだムー大陸とアトランティス大陸上に宇宙から訪れた地球文明開発チームによって高度な宇宙文明が建設されていた。

先史宇宙文明論序説:Ⅰ 銀河連邦が建設した先史地球文明

③  地球外知的生命体 (ETI)は、地球人類に敵対的(ネガテイブ)なグループと友好的(ポジティブ)なグループに分かれて、今日に至るまで地球文明に介入を続けてきた。ネガ ティブなETI(アヌンナキ)は自分たちの遺伝子を混入した闇の血族(ロスチャイルド・ロックフェラーetc)を配下に置く世界規模の秘密組織を操作して 各国の政府・軍部・官僚機構(ET・軍産複合体)をコントロールして、世界単一政府(NWO)計画を推し進めてきた。世界核戦争による人口大量削減はその ための不可欠なステップである。

【資料室】日本核武装計画

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マイク・クインシー5/20,2016:真実の情報開示は次の2ヶ月でさらに進行する

以 下の事は確かな事です。全ての事は、よく進行 しており、そして、多くの事がいまだ舞台裏で起こっています。最近の時間では、最も重要な事が、次の2ヵ月で、十分に証明され得ることを私達が知っている からです。幾つかのイベントが、なされるべき一つの発表のために、十分に進行するであろうことが予期されています。それは公開のためにもっと多くの真実が もたらされる、という開始になるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表示: 234

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約