GFLJ5/2,2014:地球再生プロジェクトの開始に向かって

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サ・ルー・サ11/16,2009:地球再生プロジェクトの開始

美はあらゆる場所に満ちています。それは自然が創りだした芸術作品です。もし見回せば、そこにある花々、木々、動物や鳥たちが創造主のエネルギーとの一体感 を表現しています。空を見上げれば、すべては美しく調和して活動していて皆さんの必要を満たしています。

それらを見事に調和させるのが人類の役目なのに、 悠久の年月にわたって人類は地球を貪欲に略奪してきたのです。地球の資源は無限ではありません。ようやく最近になって皆さんは、そのことに気づいて地球環 境の保護に取り組むようになりました。皆さんの毎日の必要を充分に満たす資源があるにもかかわらず、売買して利益を得る対象として自然を見なしてきた人々 がいたのです。

今になって皆さんは自然の過剰な消費が地球環境の危機をもたらすことに気づきました。地球環境を再生する計画もありますが、大企業は人類と 地球の保護よりも利益を優先しているのが現状です。

親愛なる皆さん。なぜこのような話をしたと思 いますか?今とりわけ重要なのは行動を起こす上での共通理解を持つことだからです。特に異なる国々が合意をすることが困難なのです。

皆さんが地球をどう扱 うかは、皆さんのスピリチュアルな進化のバロメーターになります。同時に皆さんがお互いをどう扱うかも・・

皆さんがお互いに依存していて、地球とすべての 生命の守護者であることを受け入れるまで、互いの不調和が続きます。しかし、このサイクルの終了に向けて、互いの気づかいと分かち合いはぜひ回復されるべ きことなのであり、またすぐに実現することなのです。

皆さんはこれからそれを理解して今存在する不平等の克服に向かうことになります。皆さんは地球上の一 つのファミリーとして、互いに助け合って魂の使命を実現する仲間なのです。

皆さんはアセンションのプロセスを通して人類 に貢献する必要に目覚めつつあります。そのためにすべての生命に神聖な尊厳が備わっていることを理解し始めています。

もし真実に心を開いているのなら・・ 新しいエネルギーが太陽系全体を上昇させている現在、皆さんは地球の中だけで上昇しようとしているのではありません。ワンネス(一体感)はあらゆる場所に 広がっています。そのことも私たち銀河連邦が皆さんを援助するために地球に到着している理由なのです。

私たちは自分たちが何を援助するべきか理解しています。私たちのサポートがなければ、皆さんが直面している問題は人類の能力を超えているからです。これから多くの時間をかけて地球の変革をサポートしていく ことになります。

皆さんの直面している問題を克服して地球を回復するためにさまざまなプロジェクトが開始されます。私たちの奉仕は何も見返りを求めるもの ではありません。

私たちは創造主の意思に従って行動するだけなのです。そして自分たちの持つものを皆さんと分かち合うことは私たちの喜びでもあるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「月というのは、非常に明るいのでいつも黄金色に輝いて見える」、「だから、月の色は灰色」というのがこれまでの相場であった。それゆえ、日本の「かぐや(Kaguya)」が撮った写真も「白黒」である。一方、月の背景に浮かぶ地球は、「地球は青かった」のことば通りの天然色の青色。ここに「月の色の秘密」が隠されている。

この問題に真っ先に取り組んだものは、リチャード・ホーグランド(Richard C. Haogland)やジョン・リアー(John Lear)であった。ジョン・リアーのホームページ(The Living Moon)には、「総天然色の月」がある。これが「本当の月の姿」である。

Kazumoto Iguchi's blog

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

永年にわたるNASAを始めとする政府機関によって隠ぺいされてきた宇宙の真相が、今明らかにされつつある。月面を始めとして宇宙の至るところには生命が満ち溢れていて躍動するフルカラーの世界が広がっている。

地球人類は地球上で猿から進化した生物ではなく、その起源は宇宙にあり、これから地球を公式に訪れる宇宙ファミリーと共通の祖先を持つ。人類が本来備えていた完全意識(フルコンシャスネス)を回復するプロセスに現在、私たちはあり、そのアセンション(次元上昇)の完成をサポートするために地球を訪れたいとサ・ルー・サを始めとするチャネリグメッセージは伝えてきた。

地球再生プロジェクトの開始は、同時に人類が本来備えていた能力を回復するプロセスの始まりでもある。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表示: 292

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約