GFLJ5/10,2015:公式発表を前にするロズウエル事件の真相公開

永年にわたって続いてきた政府・メディアによる地球外文明実在の真相の隠ぺい工作が幕を閉じ、これまで隠されてきた真実が明らかにされつつある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【世界が注目】「ロズウェル事件」の宇宙人証拠写真がついに公開!! 人類史を覆す大発見か!?

UFO 研究家でありメキシコのTV番組『ザ・サード・ミレニアム』の司会者ジェイミー・マウスサン氏が、メキシコの1万人を収容するホールで2015年5月5日 にアポロ14号の月面着陸船パイロット・エドガー・ミッチェル氏やNASAの専門家、多数のTVジャーナリストなどを招き、1947年に起きたロズウエル 宇宙船墜落事件の真相を証明する写真や資料を公開した。

ロズウェル事件で回収された宇宙人の証拠写真の公開が今回のイベントの目玉であると予告されていた。公開された宇宙人の「証拠写真」は2枚だ。そのうちの1枚が、すでに数々の海外メディアで報じられている。

Roswell.jpg

ガラスケースの中に横たわる、干からびた死骸――。モウサン氏によると身長は90cmほどだというが、目や鼻そして口など、その姿は人間と極めて似通っている。写真は手ブレがひどく、ネームプレートに何が書かれているのか確かめることはできない。

イベントでこの写真が公開されると、歴史的な瞬間に立ち会うことを望んでいた愛好家たちの間で、次々と「フェイク(作りもの)だ!」という失望の声が上がりはじめた。

ツイッター上に、#BeDisappointed(失望した)というハッシュタグも登場し、「もう宇宙人など信じられなくなった」という嘆きや、「スミソニアン博物館に展示してある古代エジプトのミイラにそっくりだ」との意見まで噴出。

もっとも今回の件だけでは、公開された写真をフェイクと断言するための材料も不足しているのが現状だ。実際、「写真は本物である」と主張する専門家も複数存在する。

ア ポロ14号(1971年)のパイロットであり、人類で6番目に月に降り立った元宇宙飛行士のエドガー・ミッチェル氏(84)は、ビデオ通話によっ てイベントに登場。「ロズウェル事件で回収されたミイラであるかどうかは知り得ない」としながらも、「この画像は、リトル・グレイに分類されるエイリアン の死骸である」と語ったという。

さらに、元警察官で、現在はUFO情報サイト「UFO Truth Magazine」を運営するゲイリー・ヘズルティン氏も、自身の経験に鑑み「写真は本物である」と述べている。

そして今回のイベントを企画したモウサン氏自身も、法医学者やコダックの専門家による分析結果を明示し、「写真は間違いなく1940年代に撮影された宇宙人のミイラである」と確信を持っているようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

公開された写真を「フェイク」であると断定する根拠は不十分であり、これまでに公開されてきた数多くの画像や映像と今回、公開された画像に映された生物は同一のグレイ型異星人であると見なされる。重要な点は、これまでに公開されてきた情報と今回のモウサン氏の発表がロズウエル墜落事件で異星人の死体と生存者が米軍施設に回収された事実を明らかにしたことにある。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表示: 183

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約