GFLJ4/9,2016:未遂に終わる闇の勢力の世界核戦争計画

このドキュメンタリーにおいて、私達はしかるべき形で進化するか、あるいは人工のロボ­ットの新たな世代に取って代わられるかという、二者択一に直面してい ることが確認でき­る。それらのロボットは、家庭内や台所、業務においてなどの様々な日常の用途のために­次第に多く製造されるようになっており、また スーパー兵士サイボーグは、エリートがそ­のNWOを作ると決める決定的な瞬間のために訓練されている...はたして私達は、私­達人類に彼らが行なって いる全てに気づくことができるだろうか、それとも無意識があま­りにも大きいため、人工知能が永遠に私達を支配するようになるのか?

ビデオ制作 アルシオン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

地球外文明の実在は現在の地球上で人類が知るべき最も重要な情報の1つである。 これほどの重要な事実が永年にわたってトップシークレットとされてきた理由は、人類と宇宙ファミリーのコンタクトが開始すれば闇の勢力の人類支配計画がと ん挫して闇の勢力が地球上から排除されることになるからである。

権力者の隠されてきた重大犯罪がますます明らかになりつつある今、私たちは政府による公式ディスクロージャー を地球外文明実在の単なる科学的報告に終わらせることなく、永年にわたってネガティブET(アヌンナキ)と共謀して行われてきた人類奴隷支配の真相公開に まで進めていく必要がある。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マイク・クエンシー4/9,2016

皆さんを取り巻く世界の混乱は続いていますが、銀河連邦の支援によって極度に悪化する事態には至っていません。闇の勢力はすでに人類を世界核戦争へミスリード(御誘導)する力を失って迷走し続けています。

Mike Quinsey: A Message from My Higher Self.

Chaos continues to happen all around you, yet it would have been so much worse had it not been for the Galactic Forces.

The dark Ones are in disarray and losing their power to dictate the way your lives are working out, and if they had their way you would have been plunged into global wars to which there would be no end. However, they have been stopped in their tracks and a world war has been prevented.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

転載元:2016年04月06日|Sputnikより
独金融専門家:「パナマ文書」は米情報機関によるもの

史上最大規模の文書流出事件とされる「パナマ文書」のスキャンダルは実際のところ米情報機関による特別作戦である。ドイツの金融専門家エリスト・ヴォリファ氏はこのように語る。

ヴォリファ氏によると、この流出スキャンダルは米国が世界有数のタックスヘイブンをその座から引きずり下ろし自国が取って代わるために仕組まれたものだという。 「米国ではネヴァダ州、サウスダコタ州、ワイオミング州、デラウェア州などが課税が完全に免除されるタックスヘイブンとなっている。『パナマ文書』の公開 はただ米国のタックスヘイブンに資金を流入させる目的で行われた」とヴォリファ氏はスプートニクのラジオ放送で語った。

「この事件には米情報機関が関与していると確信している。何かが起こった時にはいつもそれが誰の得になるのかを考える必要がある。文書の流出は米国にとって好都合であり、また米国のやり方とも一致する。この事件によって損害を被るタックスヘイブンがあり、個人資産家や企業の資金はそこから米国のネヴァダ州やサウスダコタ州に移されるだろう」とヴォリファ氏は言う。
続きを読む http://jp.sputniknews.com/politics/20160406/1912631.html#ixzz453nDWsSH

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表示: 138

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

7:40am の 4 月 9, 2016 にある 古谷 茂 のコメント

地球製宇宙船のドキュメンタリー

7:29am の 4 月 9, 2016 にある 古谷 茂 のコメント

ナチスドイツが異星人のテクノロジーの提供を受けて軍事力を発達させていた真相をドイツ海軍の元スパイが内部告発した。

5:08am の 4 月 9, 2016 にある 古谷 茂 のコメント

これから公式発表される異星人支配の真相

ヘリヤー氏が、ここで述べている「秘密結社(カバール)と地球外文明(ET)の共謀関係」は、これから私たちが体験する世界に衝撃を与える公式発表の核心 部分となる。ヘリヤー氏が述べているように、「ETはこれから地球を訪れるのではなく、数千年間にわたって地球上で活動を続け、主要な事件のすべてにわ たって介入し続けている」のである。

最近の実例では、ヒットラーのナチス政権を裏側から支援して宇宙船の建造や核兵器の開発を推進し、1945年以降はアメリカ政府と協約を結んで、闇の勢力の第三次世界大戦(世界核戦争)計画を支援し続けてきた。

公 式発表(ディスクロージャー)とは、単に「地球以外に高度な文明が実在する」という発表にとどまるものではなく、ネガティブ(人類に敵対的)な地球外生命 体とカバール(秘密結社)による地球人類奴隷支配の歴史と人類破滅計画のすべてを明るみに出す、ショックを伴う目覚めのプロセスとなることは確実である。

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約