GFLJ4/26,2014:銀河連邦は地球着陸態勢に入っている

一刻も早く地球に着陸してほしいのですが、どうすればよいですか?

諸君を啓蒙し、スペースシップの大々的着陸が地球に何ら混乱を起こさないと確信できるまで地球着陸を延期できるよう、手を尽くすつもりである。

宇宙船の大量着陸がなされるのは、我々について諸君がよく学んだ暁である。 

アシュター・シェラン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スペースシップのサイズをめぐる読者の疑問は、当時中心的に10・14の情報を広めていたブラッド・ジョンソン氏に伝えられて、ただちにブラッド氏から回答が投稿された。

・・・・・・・・・・

スペースシップの大きさ?1マイルなのか2000マイルなのか4000マイルなのか?

さまざまなチャネラー・UFOアブダクティー(誘拐された人)・霊能者たちが何を言ったかは知りませんが・・・

スペースシップの大きさはエネルギーの流れによって絶えず生成されていて、可変的なのです。だから、今回訪れるスペースシップの大きさは10月14日にならないとはっきりとわからないのです。

しかし前にもお伝えしたように、今回グーグルアースに現われた巨大な影はこれまでに見ることがなかった現象であることは確かなのです。ですから、(絶えず変わる形に注意して)14日になるまで毎日グーグルアースを観察するべきです。

あと、たった5日しか残っていないのです。私も含めてUFO肯定派も、懐疑派もいやでもその日には人生で初めて見る光景を目にすることになるのです。

ナマステ

101408blogspot10/8:スペースシップの大きさは当日まで未定です

・・・・・・・・・・

この時、私たちは重要な真実を理解し始めていた。

5次元以上の現実は3次元の現実とは全く異なっている。

3次元の科学や常識で理解することはできない。

つまり、地球上空を飛行するスペースシップは状況に応じて惑星サイズから手に乗るサイズまで大きさも形も自在に変化し、飛行機や鳥の形に偽装することも可能なのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2010年12月5日の天竜川オープンコンタクトの直前に斎藤教子さんから2枚のスペースシップの写真と共に次のメッセージが送られてきた。

こんにちは、日本の皆さん。サナンダです。我々は今到着しました。姉妹2人(斎藤さんとその友人)の昨日夕方ご覧になった黄金のシップにはたいへん驚いたでしょう。この黄金色のシップは20台近くあなた達の日本の空を飛び回っていました。

午後4時ごろの三角形のサインが2つ出て、それが合図で私たちは出現しました。あれは戦闘機能を兼ね備える美しい黄金のきらめきで、二人が驚きで感激していた様子を私たちはわかっています。

私たちはこれから自由に日本に多くの影響を及ぼすでしょう。もうこれからはあなた達は自由に奴隷の鎖から解かれることになるでしょう。

サナンダ・クマラより(斎藤教子) 2010年11月29日 夜8時

人類史上最大のイベント:ファーストコンタクトに備えるための資料集

・・・・・・・・・・

「4月15日から地球人類の次元上昇が開始し、4月25日に地球上に着陸する」と伝えてきた銀河連邦(宇宙連合)のメッセージは今、私たちの前で現実化しつつある。私たちの生活してきた3次元世界と高次元世界では、時間の流れがまったく異なるために期日を指定してイベントを行うことはめったにしない。しかし、創造主の許可を得て例外的にイベントを行うケースがある。2008年の10・14ファーストコンタクト公示がその最初のケースであったが、地球と人類に危険が及ぶ可能性があったために、このイベントは時期を2010年に後延ばして実行された。

人類の次元上昇は2014年4月15日から開始して宇宙ファミリーとのコンタクトは現在、進行している。5次元に移行したメンバーから順に宇宙船への乗船は開始しつつあり、現在も地球上空では銀河連邦(宇宙連合)の艦隊が着陸態勢に入って準備を進めている ☆F★

表示: 358

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

10:03am の 4 月 27, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

誰でも気楽に参加できるコースを計画することが必要ですね。

6:59pm の 4 月 26, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

GFLJ甲信ブロック

金峰山を探検する必要がありますね>柿島さん

6:07pm の 4 月 26, 2014 にある 獅子 ark 666 のコメント
はい、次は乗船ですね!実は岐阜の金華山のオープンコンタクトの時は、私は宇宙船に招かれるかもしれないという覚悟で臨めよ!と言われて参加しました。でも、あのタイムラインでは準備が出来ていなかったようです。アストラル体ではもう乗っているようですが、こちらに意識が戻ってくると見事に記憶が消えてしまうのですが。。。
7:12am の 4 月 26, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

次のオープンコンタクトは宇宙船に乗船することにしましょう。

6:51am の 4 月 26, 2014 にある 獅子 ark 666 のコメント

半年程前に「宇宙船が着陸するには大きな空き地のような場所が必要だと思っているようだが、そうでなはい!大きさはどれほどにでも自由自在に変えられる。だから、突然、君の近くの小さな児童公園のような場所にでも着陸することは可能なのだ。形も変えられるし、透明にもなる。突然、現れてビックリしないよう、そう心得ておくがいい」と、聞こえてきたので、確か、フォーラムにもこのことを投稿した覚えがあるのですが、自分で消しちゃったかな。。。

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約