般若心経:高次元への移行

すべてを見通す高次元のマスターの皆さんに申し上げます。
私が心を静めて深い瞑想に入っていた時に突然次のビジョンが脳裏に浮かんで、すべての真実を知ることができました。
(弟子よ、聞きなさい。)
物質世界と高次元世界は互いに異なるものではなく、同一の空間に多層構造をなして実在する時空連続体(宇宙)の一部である。
人間の五感を通して映し出される宇宙の各側面もまた同じである。
(弟子よ、よく聞きなさい。)
この意味において・・
「生まれる」ということも「滅する」ということも、
実際には錯覚にすぎず、実相であるエネルギーは永遠に宇宙に存在し続けているのである。
このエネルギーは・・
汚れるということも清まるということもなく、
人間の五感を超えている実在であるために、
視覚・聴覚・触角・味覚によって感知することは不可能なのである。
(そこまでが理解されたのなら)次の真実が理解できるはずだ。
「光を失う」ということも、「老いる」ことも、「死ぬ」ことも、「苦を集める」ことも、すべては錯覚による幻であり、
エネルギーという実体は、始めから何一つ変化をしていないのである。
(この真実に目覚めることができたなら)
もはや、心にかかるものも、恐れるものもなく、心穏やかに天上の平安に永遠にやすらぐことができるのである。
仏説摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。舎利子。色不異空、空不異色、色即是空、空即是色。受・想・行・識亦復如是。舎利子。是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。是故空中、無色、無受・想・行・識、無眼・耳・鼻・舌・身・意、無色・声・香・味・触・法。無眼界、乃至、無意識界。無無明、亦無無明尽、乃至、無老死、亦無老死尽。無苦・集・滅・道。無智亦無得。以無所得故、菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離一切顛倒夢想、究竟涅槃。三世諸仏、依般若波羅蜜多故、得阿耨多羅三藐三菩提。故知、般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虚。故説、般若波羅蜜多呪。

即説呪曰、羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶。般若心経
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イエス・キリストがパレスチナに降臨する500年前(紀元前500年ころ)にインド北方(現在のネパール国境)に降臨したとされる釈迦(ゴータマ・シッダルータ)の教えようとしたシンプルな真実は正しく理解されずに歪曲されて後世の政治権力と癒着した仏教教団によって悪用されて「宗教」に変質されて現在に至っている。釈迦自身は自分の死後に自分の遺骨を弟子たちが争って奪い合うことを予測して、「死体は川に流しなさい」と言い残したとされるのだから、葬式は本来の釈迦の教えには反しているのは自明である。しかし、死という現象を理解できずに、故人と別れて悲しみにくれる遺族と知人のために心をなぐさめる儀式として葬式を行うことは間違いではないと思う。

ムー文明とアトランティス文明は現代をはるかに超えるスピリチャルな科学文明として栄えていたが、両文明間の核戦争と自然異変(人工地震)によって、一万二千年前に両大陸は海底に沈没して、子孫たちは世界各地に分散して生き残ったが、アトランティスのテクノロジーを引き継ぐ異星人(アヌンナキ)によって遺伝子操作を受けて、本来秘めていた潜在能力を抑止されて、奴隷化されるにつれて退化を遂げていった。

釈迦とキリストが降臨して教えようとした真理とは、かつて人類が先史文明の時代に手にしていた霊的知識と潜在能力(超常能力)をよみがえらすための進化の方法だったと考えることができる。

☆F★

表示: 386

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

2:52pm の 4 月 19, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレアデス人は地球の大半の古代文明とかかわりを持ちましたが、中でも日本とは、深いつながりがありました。古代のプレアデス人にとって、とても縁が深い場所の一つに広島県の安芸の宮島があります。実はあの周辺には、その昔、大規模な宇宙人の複合都市がありました。ある地域は通信基地として、またある地域はプロトタイプの遺伝子実験や教育の場として使われていました。宇宙人の居住地域として使われた所もあります。宮島は一大文化交流センターでもありました。日本はレムリア文明圈に属していましたが、アトランティスとの交流もあり、宮島近郊のある都市(※のうが高原)には、アトランティスからの使節が派遣されて文化交流が盛んに行われていました。

宇宙人との交流が盛んだった古代の日本は、当時、南米にあった文明とも交流していました。同じ宇宙人たちが、当時の南米や日本と交流していたとも言えます。このほか日本には、奈良県の天川、丹後半島の天橋立、宮城県の松島を始めとする東北地方など、超古代に宇宙人が行っていたプロトタイプの創成・教育計画と縁の深い地が数多くあります。特に宮島周辺は、プレアデスと地球をつなぐ世界有数の「扉」の一つです。

宮島周辺でプレアデス人がプロトタイプを教育していたのは、約3万年前から10万年前のことです。約1万1000年前、アトランティス文明が崩壊し、世界の多くの地域が太洪水などの天変地異に見舞われた頃まで、こうした都市には人々が住み栄えていました。

真の世界平和に向けて 2(リサ・ロイヤル『宇宙人遭遇への扉』《第10章 日本の役割》より抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://blog.goo.ne.jp/flatheat/10

© 2017   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約