GFLJ4/13,2016:隠されてきた真実を明らかにする光の勢力の活動が世界を変えてゆく

銀河連邦と連携する光の勢力が公開する情報が、次々に明らかにする人類史の真相は多くの人々の想像を超える壮大な秘密計画(陰謀)であることが明らかになりつつある。BBCが秘密宇宙プログラム(Secret Space Program)に関連するドキュメンタリーを放映せざるをえない事態に至った事実は、インターネットを通して政府とメディアによる長年にわたるUFO/ET隠ぺい工作が人々に知れ渡っていることを示している。

ここで私たちが注意を払わなければならない点は、「地球外文明が実在するかどうか」が問題であるのではなく、アメリカを始めとする各国政府が国民に隠したまま秘密裏にネガティブな地球外文明とコンタクトして世界人口削減(NWO)計画を推し進めてきたという事実が重大な問題なのだ。「陰謀論」というレッテルをつけてこの秘密計画の暴露を攻撃してきた闇の勢力の情報操作工作が問題なのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

デイビッド・ウィルコック 16/2/8:ベンジャミン・フルフォードのブログのコメントより「完全ディスクロージャーを!部分的開示は大問題...

完全なディスクロージャーを得る唯一の方法は、触りだけの開示があった段階で、我々の新たなコミュニティーが協力して本当の真実の開示を要求することです。

私たちはディスクロージャーを是非求めたい。というのも、9/11の真実、カバールの存在の暴露、歴史、宇宙のプロジェクト、UFO等々がわかるからです。

部分的開示は大問題です。その方向を許してはいけません。
アライアンスは、こちらのページを読んでいます。

アライアンスのメンバーに申し上げたい。
完全なディスクロージャーは誰に対してもメリットがあるのです。
せっかく身籠った命をいま堕胎させてはいけない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

デイビッド・ウイルコック氏のコメントにさらに付け加えるべき問題は、私たち日本人にとって解明すべき重大事項に3・11核テロと2012年以降の国政選挙で行われた不正選挙の真相があるという点である。

9・11偽旗テロとともに、3・11核テロが周到に準備されたアメリカ・イスラエル・日本政府をコントロールする闇の勢力による大がかりな核攻撃であった事実はもはや世界の多くの人々に知られる共通理解となりつつある。

コブラ11/17,2013は各国政府を裏側でコントロールするイエズス会による犯行であると伝えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福島をあのような事態に追いやったのはイエズス会です。(イエズス会の10%を占める、カバールの派閥のことを言っている)。彼らがこの偽旗事件を起こした理由は、自分たちの作戦資金を得るために日本に圧力をかけたかったからです。面白いことに、この事件は2011年3月11日に起こりましたが、その日は天王星が新たな84年サイクルに入る1日 前でした。

ですから、占星学的に日付を選んで事件が起こされたのです。この事件の第二の目的は、一般住民の恐怖を煽るためです。なぜなら、恐怖の波動は、 支配者が住民に対する支配を保っていられる波動だからです。放射能に関しては、大げさな話がほとんどだと思いますよ。カリフォルニアにおける実際の放射能 値を測ったレポートを見ましたが、正常値を上回ってはいませんでした。何もかも、福島の事件が起こる前と同じままです。つまり、これが手短な概況ということになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在日本国内では、まじかに行われる総選挙に向けて政権交代をめざす活動が開始しているが、すでにアメリカでは不正大統領選挙の工作活動が行われていると伝えられている。

ムサシ - シャンティ・フーラの時事ブログ

 アメリカ大統領選の候補者選びの初戦となる民主党のアメリカ・アイオワ州党員集会は、クリントン前国務長官の陣営が勝利宣言を出したようですが、「大統領候補の誰を支持しますか?」という、100万人以上の投票があった調査では、ヒラリー・クリントンの支持率は0.88%だったそうです。日本の政権支持率も捏造のようですが、アメリカも全く本当の民意が反映されていないようです。
 ヒラリーをはじめ、黒田日銀総裁、安倍総理、麻生財務大臣などが、逮捕の対象となっており、ヒラリーの逮捕後、日本でも逮捕者が出るとのこと。今後のことを考えると刑務所のほうが安全なのかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

池田まきさん(衆院5区補選予定候補)への声援の輪を広げていきたいと願っている。

しかし、もう一方で不正選挙への監視の目を光らせることが必要である。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参照

【資料室】コブラ情報

イエズス会派

この派閥は、1800年代の早い時期にロスチャイルドが乗っ取るまで、とても力をもっていました。枢機卿、黒教皇(アドルフォ・ニコラス)、白教皇(ヨゼフ・ラッツィンガー2013年2月28日まで)、 イタリアの黒い貴族と共に、イエズス会士のおよそ10%がこの派閥に属しています。このグループは325年 にニカイア公会議で結成されました。コンスタンティヌス帝は(キリスト教グノーシス派を含む)グノーシス主義の奥義を滅ぼすために、キリスト教カルトを創 始したのでした。それは宗教裁判という形で、はびこっていき、今なお多くのカトリック組織に深く根付いています。主に南アメリカとアフリカが、その影響下 にあります。彼らの主な関心事は人類を精神面でコントロールして抑圧することでしたが、今は、ただ生き長らえることです。イベント後には、主な宗教はすべ て真実と同調するので、大浄化が進むでしょう。

コブラ・・・2013年4月24日 秘密の宇宙プログラム

秘密の宇宙プログラムについてのある情報を開示する時がついにやってきました。この秘密の宇宙プログラムの隠された目的は、ドラコニアン/レプティリアンによるこの惑星の乗っ取りの舞台設定をすることでした。この乗っ取りのたくらみは失敗し、間もなく光の勢力はこの惑星のドラコニアン支配の残党であるカバールを一掃するでしょう。

秘密の宇宙プログラムはドイツで第一次世界大戦直後に始められました。

http://thirdreichocculthistory.blogspot.com/2011_09_01_archive.html

1934年にドラコ帝国の多くの種族が世界の指導者と連絡を取り、秘密協定を結ん で、進歩した軍事技術を提供する代わりに、大量の人間の奴隷化を図りました。これが1930年代に大きい技術進歩が認められる理由です。これら全てのプロ ジェクトには財政的な裏づけが必要で、これには1934年の金備蓄法によって没収された私的所有の黄金が充当されました。

第二次世界大戦中には、ドラコニアン勢力はナチスドイツを通じてこの惑星の公開乗っ取りを試みました。この試みは連合国の勝利によって失敗し、ドラコニアンは隠れた計画を設定しました。

彼らは約2000人のナチス指導者たちをペーパークリップ作戦によって米国に移送しましたが、これらの多くのナチスドイツ人は、いまだにこの惑星の事象を支配している影の政府の屋台骨を形成しています。

戦争の後、数十万トンの山下ゴールドが世界的な地下軍事基地の大規模システム構築 用の資金として貿易プログラムに組み込まれました。これらの基地は2000年代に実行するよう計画されたドラコニアンの侵略の舞台設定のために構築されま した。1950年代には、秘密の宇宙プログラムが拡張され、月と火星の基地構築が計画されました。地球の地下のこれらの基地の構築は進行し、1990年代 の半ばには、米国内に120箇所、世界には400箇所の基地が設けられました。

これらのプロジェクトには追加資金が必要になり、この惑星上の全ての人間のサラリーの25%が税金によるペーパーマネーを通じてこれらの秘密プロジェクトに投入されました。
参照:
http://www.bibliotecapleyades.net/sociopolitica/sociopol_USAP.htm

この秘密の宇宙プログラムと地下基地の構築は、ハリバートン、ベクテル、ランド、 サンディア、ワッケンナット、モートン・ティオコール、レイセオン、ブラックウオーターのような企業を通じたロックフェラー/キッシンジャー/ブッシュ/ ラムズフェルド/ハルパーン/チェイニーの、産軍複合体によって遂行されました。

この非道の宇宙プログラムのカーテンの背後に隠れた者は、ジョン・デール・ハルパーンでした。彼の企業である、ハルパーン、デニー&カンパニーはいまだにハリバートン、モンサント、レイセオン、以前のブラックウオーターであるレイセオン&アカデミーを支配しています。

秘密の宇宙プログラムでは下記のウエブサイトに見られるような、多くの最新技術が開発されました。
http://thepromiserevealed.com/secret-technology-photo-gallery/

1990年代の始めに は光の勢力の拡張が行われ、ドラコ連合はもっと早く侵略を開始する決定をし、2000年代ではなく、1995年の末から侵略が開始されました。この侵略の 目標日時は、1996年1月11日で、このプランに気づいていた極く少数の人たちを殺害する予定でした。この日に、彼らはフィル・シュナイダーを殺害し、 私と他の鍵となる人たちを攻撃しました。フィル・シュナイダーは単に地下軍事基地について語っただけでした。
参照:
http://www.apfn.org/apfn/phil.htm

1996年、1999年には約5億人のレプティリアンがヒューマノイドのクローン としてこれらの地下基地にはいりました。1999年以降、抵抗運動がこれらの地下基地の一掃と地表の極く少数の者を除く全てのレプティリアンの排除を開始 しました。これらの基地の深い部分は2003年に一掃されました。その後、光の勢力の拡張が大規模に行われました。

2008年から2011年までの間に、プレアデス人は地球軌道上での存在を増し、NASAはプレアデスの存在に関する情報のリークを防ぐために有人宇宙プログラムを廃止せざるを得ない羽目になる程でした。

2012年には抵抗運動はカバールの手からほとんど大部分の黄金を奪い取りまし た。これはカバールの作戦を大いに阻害しました。今では、彼らは残る最後の数超ドルをリヒテンシュタインに隠しています。彼らが、ショーを続けるために は、毎日20~30億ドルの資金が必要ですが、そのようなことはあり得ないのですが、もしも彼らの資金に手がつけられなければ数年間は続けられる金額で す。

2013年の初頭には、抵抗運動はカバールの全ての地下設備をアンダーロード作戦によって一掃しました。今では彼らにはどこにも隠れ場所がありません。

明日、日食に当たって、産軍複合体のトップメンバーがテキサスのブッシュ牧場近傍に集まって、状況分析を行いますが、彼らには何も解決策は浮かばないでしょう。

光の勝利が迫っています。

翻訳 Taki 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

表示: 318

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

3:30pm の 4 月 13, 2016 にある 古谷 茂 のコメント

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約