GFLJ3/7,2014:3月15日に開始するビッグ・イベントのお知らせ

いよいよビッグイベントが幕をあけました。カタカムナ株式会社が3月15日に仙台で主催する新物理学セミナーで銀河連邦(宇宙連合)が宇宙船のパフォーマンスを上空で展開して地球外文明実在の真相を開示することが決定しました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オープンファーストコンタクトは3月15日

いよいよ天界計画の実行段階に突入しました。地上のライトワーカー達、天使、銀河連邦、アンドロメダ評議会、創造主全て連動で動いております。3月15日に全てひっくり返します。このイベントを成功させるためにライトワーカーである皆様方にも加わって頂くことが、今後のイベントの成功の鍵です。
3月15日に実施されるのは、以下の3つです。
1.スティーヴン・グリア博士主導で世界中の科学者達によるETのディスクロージャー
2.コートニー・ブラウン博士主導で地球の真の歴史に関するディスクロージャー
3.フリーエネルギーの解放
我々の担当は、フリーエネルギーの解放です。
この計画を成功させるのに、是非ともお力添えをいただきたくお願い申し上げます。
このように計画しております。
全人類と地球の繁栄のための新研究所を復興財団法人の下、社団法人として設立する発表をするため、緊急記者会見を3月14日に東京で実施します。ここに、全ての開発済みのフリーエネルギー装置を集結させて、デモンストレーションを行います。そして佐野博士が理論を説明します。そして昨年NHKに揉み消されたソマチットを用いた除染結果を再度発表します。そして、今後開発予定の発明品を発表します。可能であれば、ケシュ本人も来日させます。その後、設立記念パーティーとなります。
3月15日は仙台に赴き、Ustreamにて全世界同時生中継の新物理学のセミナーを実施し、セミナー後にゲリラフェスティバルを開催します。黄金の新時代の幕開けを象徴するイベントです。ここに銀河連邦が光のスペースシップで天空パフォーマンスを実施します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このイベントに先だって3月14日に東京で記念パーティーと交流会が開かれます。上のイベントと合わせてぜひ読者の皆さんも気楽にご参加ください。 ☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

講演情報

----------------
日時:2014年3月14日(金)19:00~22:00 (3時間) 会社設立パーティ兼交流会 場所:青山 葉山庵 出演: ロシア科学アカデミー・スミルノフ物理学派論文審査員 カタカムナ株式会社 代表 Dr.佐野千遥 山田貢司(元レベッカ) ケシュ財団(出演交渉中)

テーマ:地球の未来について考える。

司会:玉蔵

------------------

日時:3/15(土)14:00~17:00 (3時間) 3/15 日本発産業革命を起こせ!in仙台

場所:仙台駅 西口 徒歩5分

参加費 4,000円(交流会別途)

 

・スミルノフ学派、反エントロピー物理学理論について ・フリーエネルギーは可能だ。(フリーエネルギー装置群の説明) ・放射能除去も可能だ。(ウラン・プルトニウム低温解体技術の説明) ・個人でも土壌の除染は簡単にできる!(ナノ金属を利用した除染方法の説明) ・ケシュ財団の技術はあまい!について ・今後のプロジェクト発表!(今回の出席者は参加可能)

------------------
参加は、どなたでも参加できます。 希望の方は、氏名、メールアドレス、電話番号を記載して staff @ katakamuna.jpまでお送り下さい。

 

佐野千遥プロフィール

1948 年生まれ。東京大学基礎科学卒。ロシア科学アカデミーの A.P.スミルノフ博士を指導教官にセント・クレメンツ大学で Ph.D.を取得。専門は数物理学。過去 250 年~340 年間世界の大数学者達が解こうとして解けなかった世界史的数学難問 4 問を解き、2006 年微分積分では解けない多体問題を差分和文で解き、ニュートンの動的作用反作用の方程式と引力の方程式を連立に解いて得た解から、始原に於ける宇宙=単一の超巨大太陽は、その半径が黄金比へと縮むごとに表面から星を生むという全ての星、全ての原子の黄金比フラクタル分割を導き、2011 年 11 月に太陽の次回黄金比惑星公転半径が今の太陽の半径に等しい事を基に、間もなく次の新しい惑星が太陽表面から発生することを予想。その予想は 2012 年 3 月 11 日 NASA 発表により的中。現在、福島原発救済の為、核燃料ウラン・プルトニウム低温解体消滅システムを提案中。
佐野博士は、NASA発表の2012年3月11日から遡る事4ヶ月以上前の2011年11月7日に、太陽の表面から新たな惑星が剥離して誕生する事を科学的に予言した。

以下はNASAの動画。

表示: 742

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

6:05pm の 3 月 10, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

この件はこれで打ち切りたいと思います。今回の紛糾の原因の1つは星野さんがNさんの退会をことさらに問題視して、事態をよく確かめもしないままに私の行動に問題があったかのようにステータスラインに発言してフォーラムに混乱を引き起こした言動にありました。星野さんには注意を促してありますが、今後はフォーラムに無用の紛糾と混乱をもたらすような言動をくり返すことのないよう重ねて要請しておきます。

会員が自主退会したからといって私たちは活動を停止するべきではないし、今の日本と世界はそれを許さない重大な局面に入っていて、銀河連邦フォーラムと銀河連邦日本がその中で果たすべき役割は想像を絶するほど重要な意義を持っているからです。

今、3・15イベントの情報はネットを通して広く知れ渡り、世界が大きな注目を寄せるスケールに拡大しつつあります。すでに参加締め切りをするほどに参加希望者も多く集まり、14日と15日のイベントは盛況のうちに成功を収める公算が高まっています。銀河連邦(宇宙連合)艦隊は仙台上空でパフォーマンスの準備を進めていると予想しています。

当面は私たちは3・15のイベントに集中してその成功を実現するために情報の拡散と支援の輪を広げていきたいと思います。さらに3・15以降に全国に広がると予測されるオープンコンタクトへの参加を準備しつつ、公式コンタクトに備える活動を進めていきたいと考えています。

では・・☆F★

4:05pm の 3 月 10, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

星野さん

まだ私の注意を充分に理解できていないようでうね。以下の経過報告を読んでよく下の注意を読み返して考えるようにお願いします。

 

<紛争の経過>

今回自主退会した会員の名前は私の記憶では、能勢さんなのでNさんとしておきます。3月6日の夕方に私がフォーラムにアクセスしている時に、Nさんがチャットで話しかけてきたので対応して次のような会話をしました。

 

N:ここは退会とかあるのですか?

F:退会は自由です。

N:前にチャットで話しかけても無視された。一部の人としかチャットしないのですね?

F:無視したのではなく、気づかなかっただけです。

 

この後、私は電源を切って休みましたが、Nさんはその後に何か捨て台詞を残して退会手続きをしてやめていったようです。おそらく、Nさんは私の対応を不親切だと感じて立腹したのだと思いますが、今の私には考えたり作業したりするべきことがたくさんあって、会員とチャットで会話するゆとりがないのです。Nさんは「質問したいことがたくさんある」と言っていましたが、そうであるのならブログ記事のコメント欄やメールで質問を寄せれば良いのだと考えます。

 

つまり、Nさんは「私の行動に怒った」のではなく、「私の行動を自分で解釈して作り出した被害妄想に対して怒った」のだと言えます。私の行動は自分で思い出してみても、何も非難されるすじあいのない当然の対応をしただけのことで、それでNさんが退会したとしても、それは彼の自由意思なのです。

 

これまでにも自主的に退会していった会員はいますが、そのことを重大な問題とは私は考えていません。入会するのも退会するのも、それぞれが判断して決めれば良いことで、私はこのフォーラムにいつまでも参加し続けることを会員に要請するつもりはありません。

 

なお、コメントを次に投稿する際には必ず下の注意の「先ず私に質問して何が起きたのかを知ることが先決だったのです。その上で私に言いたい点を発言したのであれば今回のような混乱が生じることはなかったでしょう。」という部分についてのあなたの見解も添えるようにお願いします。

1:00pm の 3 月 10, 2014 にある 星野 のコメント

>それだけの理解であなたは下のような発言をしたわけですね?

 

そうですよ。参加者が退会されるというのは大きな出来事ではありませんか?

しかも「怒って」退会されるとなれば、これは一大事です。 その人の心情を思えば、

それはとても悲しい出来事だと思います。

想像してみてください。例えば、

職場で同僚が怒りながら出て行った。しかし職場では、それに触れることもなく 変わらず仕事を続ける。

 

そこに「愛」や「調和」はありますか?

古谷さん、あなたはその人に向き合いましたか?心情を理解しようとしましたか?

その人は、古谷さんを名指しで問いかけをされてましたが、それに応えようとしましたか?

>なお、私の立場からの今回の紛争の経過については追ってコメントを投稿します。

それを踏まえての、経過のコメントを望みます。

11:14am の 3 月 10, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

星野さん

返事が無いので下のコメントを続けます。

先ず、今回のあなたの発言の反省点と学ぶべき教訓

① あなたが反省するべき点

今回の件であなたが犯した重大な問題は、紛争の一部だけをとらえて性急に自分で結論づけて行動した点にあります。「参加者の一人が古谷さんに立腹されて退会されてしまった。」というのは、起きている現象全体のほんの一部分で、どのような経過で紛争が生まれて、参加者が退会に至ったプロセス全体とその背後にある紛争発生の原因を正確につかむことが重要です。そのために、先ず私に質問して何が起きたのかを知ることが先決だったのです。その上で私に言いたい点を発言したのであれば今回のような混乱が生じることはなかったでしょう。ステータスラインに表示された発言はメンバーだけではなく多くの訪問者の目に触れます。銀河連邦フォーラムはこれから重大な任務を果たすSNSとなりますから、荒れている印象をもたれることは避けなければなりません。そのためにメールで個人的に主宰者に問い合わせや要望を伝える方法がフォーラムの会員に開かれているのです。 

② 学ぶべき教訓

したがって今後の行動についてはそれが他者やフォーラムにどのような影響を及ぼすかまでをよく考えた上で行うように心がけるべきです。フォーラムは交流の場でもありますから、気楽に思うことを書くことは自由です。しかし他者を中傷したり、性急で一面的な理解で相手を決めつけて自分の判断を押しつけたりするべきではありません。

 

これまでのあなたの言動には配慮の不足が再三にわたって目立ち、他者との感情的な対立に発展しかねない傾向が見られたために、今回は強い注意を与えるべきだと判断してコメントを投稿しました。

 

なお、私の立場からの今回の紛争の経過については追ってコメントを投稿します。

 

☆F★

7:42am の 3 月 10, 2014 にある 古谷 茂 のコメント
星野さん
 
「参加者の一人が古谷さんに立腹されて退会されてしまった。」
それだけの理解であなたは下のような発言をしたわけですね?
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「古谷さん、もっと参加者を大切にしなきゃ。 価値があるのは「銀河連邦日本」ではなく、 「銀河連邦日本の参加者」なのですから。」
金曜日
 
「おととい、このサイトで起きたことは大きな問題です。せっかく参加されている人に悲しい思いをさせた上、 退会させてしまう出来事が起きたばかりなのに、みなさんよく平気でいられますね。」
きのう
 
「みなさんがよく口にする、「愛」や「調和」とは なんでしょうか。各自己に問うてほしい。 今のままで、高次元の人達に胸を張って合えるでしょうか。」
きのう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7:34am の 3 月 10, 2014 にある 星野 のコメント

「参加者の一人が古谷さんに立腹されて退会されてしまった。」

これが私が認識しているその日あった出来事です。

そして、こういう悲しいことが起きないようにしましょう、

というのが私の述べている主旨になります。

私が必要な詳細を書いていないと古谷さんが思われているのなら、

それは、「私が必要だと思っている」詳細ではなく、

「古谷さんが必要だと思っている」詳細ということになりませんか?

古谷さんが古谷さんご自身の意見を述べる為に、必要な「詳細」は

古谷さんが述べてください。それを私に求められても困ります。

10:11pm の 3 月 9, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

星野さん

私が「退会処理を行った」のではなく、その人は自主退会したのです。

起きた出来事を具体的に報告してください(3回目)

私はすべてを記憶していますが、あなたがどのような事実認識をしているかを確認したいのです。

9:04pm の 3 月 9, 2014 にある 藤原 圭祐 のコメント
古谷様
私なんぞに直接メッセージを頂けるとは本当に感激です。
心より御礼を申し上げます。
非常に簡潔な動画、よかったです。
正義を信じ、自分を愛し、甘やかすことなく平穏に時間を過ごしていく、真剣に取り組みます。
これからも人類の志が間違った方に向かないよう、且つ、燃えるよな熱意で宇宙の方々に恥ずかしくないようやって行きたいと思います。
8:20pm の 3 月 9, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

藤原さん

地球はダイナミックに変容を遂げつつありますね・・

 

8:19pm の 3 月 9, 2014 にある 星野 のコメント

主旨は既に述べたとおりです。

これ以上の詳細は、その人が実名での登録の可能性がある限り

差し控えた方が良いでしょう。(このフォーラムから居なくなっても

その方は存在されているのですから、それを考慮する必要があります)

それに私よりも、その人の退会処理を行った古谷さんの方が詳しい筈ですから、

少なくともあなたには通じている筈です。

読者が誤解されることを心配なさるのなら、あなたからご説明お願いします。

(私もあなたがこの件をどのように捉えているのか気になります。)

まさか、何ことだかそれすら分からないというのはないでしょうね?

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約