ほんとうがいちばんより)

フィックス・ザ・ワールド・チームが、量子エネルギー発電機(Quantum Energy Generator; QEG)と呼ばれるオーバーユニティー装置を製造しました。この画像で確認できます。そう、実際に稼働するものです。
画像
ここでQEGについて読むことができます。
http://hopegirl2012.wordpress.com/2014/03/25/qeg-open-sourced/
QEGユニットの詳しい図面と作り方はこちらからダウンロードできます。
http://hopegirl2012.files.wordpress.com/2014/03/qeg-user-manual-3-25-14.pdf
QEGの公開マニュアルが拡散して、できるだけ早くたくさんのQEGが別個に製造されるのが良いと思います。ですから、オーバーユニティー装置が欲しければ大量生産を待たず、今、自分のユニットを組み立て始めて下さい。
http://fixtheworldproject.net/start-your-own-qeg-production-unit.html
フィックス・ザ・ワールド・チームは、あらゆる規模の―小さな機械作業場用から大規模生産工場用までの―QEGユニットを世界中の人々にもたらすことができる個人、またはグループを探しています。そのような能力がある人はフィックス・ザ・ワールド・チームにここからコンタクトできます。
http://fixtheworldproject.net/contact.html
フィックス・ザ・ワールド・チームが世界にフリーエネルギーをもたらすことを、ここからサポートできます。
http://www.gofundme.com/HopeGirlFixtheworldQEG
できるだけ多くのイベントサポートグループが、できるだけ早く自分たちのQEGユニットを組み立て始めるよう、光の勢力から要請がありました。これらのイベントサポートグループは、それぞれ変換の中心点として仕え、地球が新しいオーバーユニティー社会へ移り変わるのを助けます。
QEGだけがリリースされることになるオーバーユニティー装置ではありません。舞台裏ではもっとたくさんのプロジェクトが準備中で、製造と流通のネットワークがあらゆるレベルで―車庫の機械作業場レベルからグローバル企業レベルまで―組織されています。もしあなたが大規模生産体制にあるか、流通を整備する力があるなら、cobraresistance@gmail.com までご連絡ください。我々のプロジェクトの一つに携わってもらえるかもしれません。
光をもたらしましょう!
★テーマ「コブラ(Cobra)情報」の過去記事一覧 http://mizu888.at.webry.info/theme/7cfc4261e0.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フリーエネルギーの開示:量子エネルギー発電機(QEG) 2014年3月28日 

Free Energy Revealed: Quantum Energy Generator (QEG).

Posted by Marc Nelson on March 28, 2014 at 1:43am

フリーエネルギー技術が開示されました。

Fix the Worldチームがこのユニット(QEG)を製作したことを確認しました。これは正に旨く動作します。

QEGに付いては、

http://hopegirl2012.wordpress.com/2014/03/25/qeg-open-sourced/

に詳細が 述べられています。

ダウン ロードは、

http://hopegirl2012.files.wordpress.com/2014/03/qeg-user-manual-3-25-14.pdf

から行えます。

このマ ニュアルが広められ、出来るだけたくさんのQEGユニットが可能な限り速く製造されるようにすることが大切です。大量生産が行 われる前に自分のユニットを作ってみませんか?

http://fixtheworldproject.net/start-your-own-qeg-production-unit.html Fix the World チームは、小さ い工房から大規模工場まで、あらゆる規模で人々のためにQEGユニットを製造する個人又はグループを探しています。このような人がいたら、 Fix the Worlチーム宛連絡をして下さい。

http://fixtheworldproject.net/contact.html

このチームをサポートする事も出来ますので、よろしく。

http://www.gofundme.com/HopeGirlFixtheworldQEG

光の勢力 は出来るだけ多くのイベントサポートグループが自分のQEGユニットを製造し始めるように要請しています。これらのイベントサポートグループはその後この惑星の新し い一体化社会への移行を助ける変革ノードとして役に立つでしょう。

翻訳 Taki

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上の記事のリンクからPDFファイルをダウンロードできます。
説明は英文です。 以下にそのほんの一部を載せます。
元記事には、実際に試作した写真類も豊富に載っているので、
複製することは充分可能です。
私は、この記事を、まだ1回ざっと見ただけで、詳細な検討はこれからです。
複製には、それなりの工作機械が必要と思われますが、
既存の電気機械類の部品の流用で間に合いそうな部品も見受けられます。
ニコラ・テスラの量子エネルギー発電機の構造断面図
ニコラ・テスラのQEG発電機の構造断面図
 
ニコラ・テスラの量子エネルギー発電機(QEG)の回路図
ニコラ・テスラのQEG発電機の回路図

小野寺さんのメールマガジンから抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アシュタル6/12,2013:ディスクロージャーの基礎になる新経済ステムの導入が開始します

皆さんの世界では現在、数多くの出来事が起きています。皆さんはそれを見て、こう思うかもしれません。創造主の計画は、どうなってしまったのだろうか?愛と平和に満たされたすばらしいパラダイスの約束とは裏腹に、世界中で不正と暴力が氾濫して混乱状態だというのに?

これは、闇のエネルギーの最後のあがきだということを理解していただきたいのです。光に根ざさないものはすべて、洗い流されるか変性されつつあります。闇のエネルギーは今、変容に抵抗して、最後の抵抗を行っているのです。しかし、彼らの運命は変えることができません。

今、メディアがあわただしく報道を続けているトルコやシリアに限らず、世界のあらゆる対立と紛争を解決する方法を私たちは理解しています。それは、男女間・異なる民族、宗教間の対立も含んでいます。これらの対立と紛争が溶け去って、世界に新しく生まれる平和を私たちは見通しています。皆さんを待っている世界平和はこれまでに地球上で見ることのできなかったものなのです。

「それはいつか?」と尋ねるかもしれませんが、それは、皆さん次第なのです。皆さん自身の内側の愛と光を世界に広めて、すべてのネガティブなエネルギーを変性してください。中心太陽からのエネルギーを地球に伝達するために私たちも活発に活動を続けているのです。しかし、地球に伝達されたそのエネルギーを広めて、定着させるのは皆さんの使命です。あえて言わせていただけば、皆さんがどのような他の任務に就いていようとも、それが皆さんのすべき第一の使命なのです。

現在の時点では、私たちは、皆さんの世界の出来事について深入りして、説明することはしません。ただ、皆さんの前にしているドアの向こうに何が待っているかをお知らせするだけです。皆さんがそのことを理解していることが、今人類が体験しつつある変容の進行に大きく影響するからなのです。

皆さんにお伝えしてきたとおり、金融システムは全面的な変容に向かいつつあり、新しいシステムの導入を待つだけになっています。これもご存知のとおり、闇の勢力はもはや力を失って、その変化を妨げることも遅らせることもできずにいます。

それが、今皆さんが知っておくべき重要な情報であるのは、これからの数日感、数週間で、皆さんは現実にその変化を目撃し、さらに良いことに、体験することになるからです。

私たちは皆さんが、喜びに包まれる瞬間を早く目にしたいと願っています。皆さんは、その知らせを信じられずに自分の目をこすりながら、こう言うでしょう。「これは、本当に現実に起きているのだろうか?夢を見ているのではないだろうか?」

しばらく、呆気にとられた後に、皆さんは幸福感に包まれて完全な興奮状態に達するでしょう。それによって皆さんのバイブレーションはさらに高いパワーに上昇していくでしょう。

「どうしよう?アシュタルが言っていたのはこのことだったのか!」皆さんがその瞬間に体験する喜びは、ディスクロージャーを実現させるための不可欠な基礎になる新しい金融システム導入の知らせだからです。

現在の時点では、人類の多くが人類は宇宙で孤独ではないことを認めつつあります。しかし、「否定しないこと」と「信じること」には大きなギャップがあります。私たちが今、大量の儀礼飛行を実行したら、どうなるでしょうか?人類の多くが不安や恐怖にかられてパニックになることはありませんか?古い金融システムの存続についてはどうですか?いっそうの暴力と混乱をもたらしませんか?

そこで今、皆さんに自問していただきたいのです。「新しい公正な金融システムが導入されると人類はどのような上昇をとげるのだろうか?」

これまで人類を縛りつけて奴隷にしてきた不公正な経済システムから解放されて、新しいシステムに移行する喜びと幸福を思い描いてください。それが、人類の抱えるあらゆる問題を自動的に解決するカギを握っている変化なのです。その変化を基礎にして、皆さんの宇宙ファミリーがここにいて、再び地球ファミリーと合流するイベントとなるディスクロージャーが実現することになるのです。

これまでに多くの宇宙からのメッセージが伝えてきた情報をここで再び確証しておきたいと思います。

「ディスクロージャーは必ず実現します。新しい公正な経済システムが導入されるために必要なステップが完了し次第、私たちは地球に着陸して、これまで皆さんに約束してきたすべてのプレゼントをお渡しします。」

皆さんの時間の流れで言っても、この史上最大のイベントは「何週間か後」であって「何年か後」ではありません。その時までに、地球の経済システムの変容と移行は急速に加速して、その姿が誰の目にも明らかになっていきます。最初の布石となるこの新しい経済システムの導入が開始すれば、ディスクロージャーの実現が目の前にきていると確信してください。

このメッセージを喜んで受け取っていただくことを願っています。これは、本当に今、皆さんの惑星に起きている現実です。これからのイベントを楽しみに、毎日を楽しんですごしてください。

深い愛をこめて  アシュタル(フィリップ)

(訳 : 古谷)

Ashtar speaks:”The Transformation of your Financial World as the Basis for Disclosure” - June the 12th, 2013

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表示: 534

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

2:16pm の 3 月 30, 2014 にある 藤原 圭祐 のコメント
入力は少なく、出力は大きい(又は長時間運動を継続できる)と言うことですね。冷静に考えると、普通にできそうです。起動エネルギーが多大で出力が小さい。慣性の法則とか学問が全て否定される感じがします(笑)冷静に考えると1%の方々は文系なのかもですね。古いアーキティクチャで進めない感じですね。トカゲだから脳がちっちゃいんだ(笑)
2:09pm の 3 月 30, 2014 にある 藤原 圭祐 のコメント
ありがとうございます。
車で言うエンジン始動のセルモーターに当たるところで起動電源が必要だが、後は動き続ける(止まらない)仕様と認識しました。以前、温泉宿などのお土産コーナーとかにあった金属製のタマやヤジロベーのような動き(しばらく止まらない)にて回転運動かそれに近い形で熱を得るかんじでしょうか。熱を得る=発電エンジン を指しています。
1:17pm の 3 月 30, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

小野寺さんのメールマガジンより

英語による、冒頭の説明文
QEG SYSTEM DESCRIPTION 3-25-2014
The Quantum Electric Generator system (QEG) is an adaptation of one of Nikola Tesla’s many patented electrical generator / dynamo / alternator designs. The particular patent referenced is No. 511,916, titled simply “Electric Generator”, and dated January 2, 1894 (see back of this manual). The adaptation is a conversion from a linear system, to a rotary system.
The QEG prototype is scaled to produce electrical power in the range of 10-15 kW (kilowatts) continuously, and can be set up to provide either 120 Volt or 230-240 Volt single phase output. We are also planning future designs to provide 3-phase power.
Service life of the device is limited only by certain replaceable components, such as bearings, v-belts, and capacitors. The basic machine should operate trouble-free (with minimal maintenance) for as long as any good quality electro-mechanical appliance, such as a quality washing machine or refrigerator. Heavy-duty mechanical components are used throughout for reliability.
The QEG is not a complicated device, as it is designed (like Tesla’s other ‘discoveries’), to work in harmony with natural laws, rather than with the power-wasting symmetric motor and generator designs used in today’s mainstream industry.
An effective way to understand the operating principle of the QEG is to think of it as a high-powered, self-resonant oscillator (a power tank circuit), which generates high-voltage AC (15 to 25kV). These HV oscillations are then transformed into line voltage AC output, at current levels up to approximately 85 A. In today’s alternative energy terminology, it would be called a type of resonance machine.
The circuitry that develops high power in this device is really based on an existing but under-utilized power oscillator configuration, however, the ‘quantum’ part of the design has to do with how the generator output is tuned for maximum power. Conventional alternators (AC generators) consume more input power than the output power they provide. For example, one brand of power take off (PTO) alternator uses 18,000 watts (24 horsepower) to develop 13,000 watts of output power. In the QEG, input power is used only to maintain resonance in the core, which uses a small fraction of the output power (under 1000 watts to produce 10,000 watts), and once running, the QEG provides this power to its own 1 horsepower motor. This is known as over-unity. Once the machine builds up to the resonant frequency, it powers itself (self-running).
In the QEG, the exciter coil is used to provide a conduction path through the quantum field (zero point) into the generator core. This has the effect of polarizing the core, which increases power output over time.
James M. Robitaille
以下は、グーグル翻訳文
QEGシステムの説明2014年3月25日
量子発電機システム( QEG )はニコラ·テスラの多くの特許を取得した発電機/ダイナモ/オルタネーターデザインの1を適応したものです。参照された特定の特許は第511916 、 (裏本マニュアルの参照)が「発電機」は、単にと題して、 1894年1月2日付けのです。
適応は、回転式のシステムに、線形システムの変換である。
QEGプロトタイプは10月15日キロワット継続的に(キロワット)の範囲の電力を生成するようにスケーリングされ、 120ボルトまたは230から240ボルトの単相出力のいずれかを提供するように設定することができます。また、 3相電力を提供するために将来の設計を計画している。
デバイスの寿命は、唯一のそのようなベアリング、 Vベルト、およびコンデンサのような特定の交換可能なコンポーネントによって制限される。基本的なマシンがある限り、このような品質の洗濯機や冷蔵庫などの任意の良質な電気機械機器、などのためにトラブルフリー(最小限のメンテナンスで)を操作する必要があります。
大型の機械部品は、信頼性のための全体で使用されています。
それはむしろ、パワー浪費対称モーター、今日の主流の業界で使用される発電機の設計よりも、自然の法則と調和して動作するように、 (テスラの他の「発見」のように)設計されているようにQEGは、複雑なデバイスではありません。
QEGの動作原理を理解するための効果的な方法は、 ( 25kVの15 ) 、高電圧交流を発生させるハイパワー、自己共振発振器(パワータンク回路) 、と考えることです。
これらのHV振動は、その後、今日の代替エネルギー用語で約85 A.まで、それが共鳴機の型と呼ばれる電流レベルで、線間電圧AC出力に変換される。
このデバイスでは、高出力を開発回路は、実際に基づいているが、既存のアンダー利用電力発振器の設定、しかし、設計の「量子」の部分は、発電機出力が最大電力に合わせて調整されているかに関係しています。
従来のオルタネータ(交流発電機)は、それらが提供する出力電力よりも多くの入力電力を消費する。例えば、電力の1ブランド( PTO )オルタネータの出力電力の13000ワットを開発するために18000ワット( 24馬力)を使用してい脱ぐ。
QEGでは、入力電力のみ(10,000ワットを生成するために千ワット未満)の出力電力のごく一部を使用してコアの共振を維持するために使用され、一回実行され、 QEGは、独自の1馬力モータにこの電力を供給する。
これは、オーバーユニティとして知られている。機械共振周波数に蓄積すると、それは自己給電(自走) 。
QEGにおいては、エキサイタコイルが発生コアに量子場(ゼロ点)を通る伝導経路を提供するために使用される。これは、経時の電力出力を増大させるコアを、偏光効果を有する。
ジェームズ· M· Robitaille
10:29am の 3 月 30, 2014 にある 藤原 圭祐 のコメント
英語なのか図面を見ましたが原理と言葉がイマイチわかりません。(私ITエンジニアで英文のマニュアル等読むこともあり、その場合なんとなく日頃使う元の技術本は英語が得意でなくともなんとなく読めるんですが今回は全く、、)この技術報告が和訳されてたら作製検討できます。以前、変圧器を工場で作っていたこともある(ハンマーと銅線)ので内容がわかれば町工場回って試作品作ってくれるとことを探しますし、家庭にある材料で作れるかも検討して見ますので。もちろん廃棄物から作れると原価0円でいけるし。100均で揃えられるかもですしね。解釈訳していただきたくお願いできませんでしょうか。

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約