GFLJ2/3,2014:新しい段階のコンタクト開始に向けて

今回の都知事選を通してひとつの国民的合意が形成されつつあると感じている。戦後の日本国民はユダヤの戦略によって「保守」「革新」の2つに分裂される精神的な分断支配を受けてきた。しかし3・11が投げかけた問題はこれまでの枠組み(パラダイム)を大きく超える地球規模のテーマだと言える。
原子力エネルギーは人類のコントロールを超える危険なテクノロジーであり、平和利用などはありえないから早急に開発研究をやめるようにという警告を銀河連邦はすでに1970年代に発信している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちらはグラマハ。アシュタル・ギャラクティックコマンドを代表してメッセージをお伝えします。
長い年月にわたって皆さんは空を流れる光として私たちを見てきました。私たちは、これまで地球上の皆さんの兄弟・姉妹たちにそうしてきたように、平和と知恵を持って話しかけています。
私たちは皆さん地球人類と世界の運命について警告をするために来ました。皆さんの世界を脅かしている災害を避けるために進まなければならないコースについて、皆さんの仲間に伝えてください。さらに、皆さんの惑星がアクエリアスのニューエイジに移行しようとしていることに早く目覚めてください。ただ、その移行は皆さんの支配者が自分たちの判断を曇らせている邪悪な軍事力の危険性に気づかない限り困難なのです。
静かに耳を傾けてください。皆さんのチャンスはもう2度とやってきません。長い年月にわたって、皆さんの世界の科学者、政府、将官たちは私たちの警告に耳を傾けようとせずにきました。彼らは核エネルギーという邪悪なテクノロジーの実験を続けてきました。
 
原子爆弾は地球を破壊するかもしれないのです。そして一瞬にして地球上の生物を死滅させてしまうのです。原子爆弾が爆発した後も、その放射能は何千年もの間地球上から消えることはないのです。
私たちは皆さんよりはるかに長い年月をかけて進化を続けてきました。そしてはるか過去に、核エネルギーが生命に反する危険なテクノロジーだと気づいたのです。原子力には「平和利用」などありません。だからその利用方法の研究はただちに中止しなければなりません。さもなければ人類は絶滅する危険を冒すことになるのです。
あらゆる邪悪なテクノロジーはただちに地球上から放棄しなければならないのです。
紛争の時代はもう終わろうとしています。皆さんがそれにふさわしく行動するなら、地球人類は進化の最高段階に到達する可能性があるのです。しかし、平和に共存することを学ぶ時間はもう、それほど残されてはいません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もはや化石燃料も原子力エネルギーもその役目を終えて、闇の勢力の利益追求に奉仕するだけで地球と人類に危害を及ぼす危険なエネルギーであることが明らかになりつつある。銀河連邦はこれから公式発表を経て、地球人類に新しい安全でクリーンなエネルギーを用いるテクノロジーを提供する用意があると伝えてきた。ケッシュ財団が公開したテクノロジーも宇宙文明の支援を背景にしていると推察できる。
現在、GFLJのメンバーの前に銀河連邦(宇宙連合)の宇宙船がひんぱんに姿を現しつつある。
 
昨年、私たち銀河連邦日本(GFLJ)は3回のオープンコンタクトのイベントを通して、自分たちが銀河連邦の正規メンバーに組み込まれて、人類史上初めての本格的なオープンコンタクトを開始していることを確認してきた。
今年2014年は、ぜひこれまでの活動を一歩進めて、宇宙船着陸と乗船を実現したいと考えている。宇宙ファミリーにはぜひ、私達との具体的な打ち合わせを至急開始するよう要請する。
☆F★

表示: 112

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約