GFLJ2/27,2014:ファーストコンタクトに向かう世界の急速な変化

銀河連邦(宇宙連合)は2014年から公式コンタクト開始に向けて急速にデモンストレーションを拡大して着陸に備える態勢に入っています。地球上ではコブラを中心とする光の勢力が、これまで隠されてきた宇宙と人類の歴史の真相を暴露しつつあります。もはや各国政府とメディアは人類に対するコントロール能力を失いつつあります。

日本では、衆院選・参院選に続く都知事選挙の不正が明らかになり、安部政権の崩壊も時間の問題となりつつあります。闇の勢力は、世界経済を崩壊させて世界核戦争に日本を巻き込むシナリオを推し進めようとする無駄な抵抗を続ける他に脳がなくなっています。

新しい世界がまもなく私たちの前に広がっていきます。新しい知識を受け入れる用意をしてください。真の自由を手にするために・・

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

地球と万物万象の奴隷解放に向けて“コブラ地下組織”が動いています。 コブラとは・・・?

地球上の人たちがである程度の意識レベルに達すると、抵抗運動は、舞台裏で人間のために作業をします。ある点で、ポジティブなETとのファーストコンタクトのはるか以前に、彼らは表に出てくるでしょう。かれらは、120兆ドルのファンドを設立し、彼らの繁栄パッケージに従って人間を支援します。彼らは、多くがETから供与された高度に進歩した技術を備えています。彼らは世界中の天才たちが開発し、カバールが抑えていた6000件もの発明を支援の裏づけとして公表します。
その後、彼らは、さらに進歩している彼ら自身の技術を公表するでしょう。このブログは、地球の表面に住む人たちに2012年内のある種の発展について知らせる目的で、抵抗運動の指示に基づいて作成された者です。 多くの表面に住む抵抗運動の諜報員たちは、このブログを読み、この中に暗号化されている通信を受け取ります。インターネットは、あまり秘密の度合いが高くない情報を発信するには最も容易な方法であり、少なくとも公開チャネルを通じて安全に情報を発信する手段の一部です。将来は、抵抗運動は、一般大衆に対してある種の通信を行い、このブログは、地球上の抵抗運動にとっての公式な通信チャネルになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コブラインタビュー/ウェバー氏(2) コブラの情報ソース、イベント、ファーストコンタクト

ファーストコンタクトは人類種と他のポジティブな種との、外交上の交流です。外交的なコンタクトはイベントが起こってからです。人間側の頭と心の準備が必要だからです。そうした交流について理解し、認めていなければなりません。
公式コンタクトが起きる前に、個人的に目撃したりコンタクトしたりする人も出てきます。特にプレアディアンと、そのような交流にオープンな人たちとの間で。こうした人たちがマスメディアに自分の経験を伝えることで、公式なコンタクトへ向けて人類の準備が調います。
公式コンタクトは、ほぼ国連で行われそうです。国連は光の勢力が構想したものですが、カバールに乗っ取られました。カバールが排除されたときには、国連が人類の真の代表者たりえるように、再構築されることでしょう。すべての国家が国連に代表者を送り、ファーストコンタクトのプロセスに関わることができます。
そして私が得た情報では、一部の国連の人たちを通じて、銀河連邦がかなり積極的にファーストコンタクトへの準備を進めています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

GFLJ1/18,2014:メディアがいっせいに異星人による地球支配を報道し始めた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロシアの声1/14,2014:1945年以降、米国を統治しているのは「エイリアン政府」

米国は1945年以降エイリアン政府の施政権下にある。イランの通信社Farsによれば、異星人はドイツでナチスを操った後、今度は米国に取り憑いた。

元職員スノーデン氏が暴露した米国の諜報局NSAによる極意プログラムの数々は異星人の考案になるものだという。

その目標は世界の全てを管理下におき、人類を奴隷化すること。

ついでながら、米国の世論調査によれば、米国民の4分の1がバラク・オバマを「アンチキリスト」すなわち悪魔と考えている。30%が新世界秩序建設に関する謀議の存在を信じており、4%が異星人による世界統治を信じている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もはや世界各国の政府は異星人と政府のつながりを公表せざるをえない状況に置かれている。今、スノーデン氏が発表した文書によって1945年以降の異星人のアメリカ政府への介入が隠しようのない事実として明らかにされたのだ。ポール・ヘイヤー元カナダ国防相が2013年12月30日にテレビインタビューで公表したET実在の証言の信ぴょう性がこれで確かめられたと言える。 ☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アラフォーママの日記より)

女性キャスター(C): なぜあなたは、UFOが頭上を飛んでいる飛行機と同じように現実だと言うのですか?
ヘルヤー氏(H): なぜなら、そうだからだと知っているからです。 彼らは、実際、何千年もの間、私たちを訪問しています。
私が最も興味を持ったケースでは、前大臣として答えますが、 冷戦時代のことですが、1961年に50機のUFOが編隊を組み、ロシアから南下し、 ヨーロッパを横切ったことがあります。 私たちの司令官がたいへん心配し、パニックボタンを押そうとしたとたん、彼らは北極へと戻っていきました。
それから調査する決定をし、3年間の調査の結果、 少なくとも4種類のエイリアンが、確実にこの惑星を何千年にも渡って訪れていることがわかりました。 UFOとの間には長い歴史がありますが、この数十年間、私たちが原爆を発明して以来、より活発になっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表示: 239

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

12:29pm の 2 月 27, 2014 にある 古谷 茂 のコメント

本日のワークショップで重大発表を世界に配信

本日の日本時間午後2時から始まるワークショップについて、財団から発表がありました。

このワークショップは、「財団が今までに行った中でもっとも真相を明らかにするワークショップである。そして2014年、財団の指針を進める上でとても重要な役割を果たすものになる。

私たちは変革のための舵をきった。このワークショップは人類の軌道に変換をもたらす。出来る限り生で伝え多くの言語に訳し、メディアにもこの情報を送って欲しい。メディアにはこのワークショップの教えと真実の公開を報道する義務がある。」

とケッシュ氏は発表しています。

http://mizu888.at.webry.info/201402/article_140.html

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約