・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレアデス人は地球の大半の古代文明とかかわりを持ちましたが、中でも日本とは、深いつながりがありました。古代のプレアデス人にとって、とても縁が深い場所の一つに広島県の安芸の宮島があります。実はあの周辺には、その昔、大規模な宇宙人の複合都市がありました。ある地域は通信基地として、またある地域はプロトタイプの遺伝子実験や教育の場として使われていました。宇宙人の居住地域として使われた所もあります。宮島は一大文化交流センターでもありました。日本はレムリア文明圈に属していましたが、アトランティスとの交流もあり、宮島近郊のある都市(※のうが高原)には、アトランティスからの使節が派遣されて文化交流が盛んに行われていました。

宇宙人との交流が盛んだった古代の日本は、当時、南米にあった文明とも交流していました。同じ宇宙人たちが、当時の南米や日本と交流していたとも言えます。このほか日本には、奈良県の天川、丹後半島の天橋立、宮城県の松島を始めとする東北地方など、超古代に宇宙人が行っていたプロトタイプの創成・教育計画と縁の深い地が数多くあります。特に宮島周辺は、プレアデスと地球をつなぐ世界有数の「扉」の一つです。

宮島周辺でプレアデス人がプロトタイプを教育していたのは、約3万年前から10万年前のことです。約1万1000年前、アトランティス文明が崩壊し、世界の多くの地域が太洪水などの天変地異に見舞われた頃まで、こうした都市には人々が住み栄えていました。

真の世界平和に向けて 2(リサ・ロイヤル『宇宙人遭遇への扉』《第10章 日本の役割》より抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やはり私たちの予感は的を射ていた・・日本人の祖先は、かつてムー大陸沈没の1万2千年以上前に、宇宙文明と交流してスペースシップで世界の人々と行き来する高度な文明を建設していた。数100万年以上前のムーとアトランティスの文明の遺跡がっ現在の世界に残された巨石遺跡なのである。その証拠に、各地の巨石遺跡は地球上に整然とした神聖幾何学の模様で結ばれている。その時代の知識が日本の縄文文明に継承されて、各地の神社をレイラインで結ぶ建築理論に発展したのだろう。

五芒星と神社

神社配置の考え方が中国の風水を生み出して、平安朝の日本に逆輸入されたのではないだろうか?日本の神代文字が漢字の原型の甲骨文字に変化して、そこから生まれた漢字が日本に逆輸入されたように・・

ファースト・オープンコンタクトという人類未踏の旅に私たちはすでに踏み出した。これから先はマップもコンパスもなしに自分たちの直観を頼りに進む他はない。不安がないと言えば嘘になるが、私は大きな心配はしてはいない。目に見えないガイドとサポートが必ず提供されると知っているからである。これまでそうだったように・・・

明日から2回目の忘年会下見に出かけます。アクセスはしばらく中断します。

では・・☆F★

 

 

表示: 175

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約