GFLJ12/26,2013:12月26日から年末にかけて非常事態を想定しておいてください

緊急の連絡が入ったのでお伝えします。

「信頼できるソースから年内に通信機器が使えなくなる事態を想定しておいたほうが良いという連絡が入りました。」

この連絡は小松英星さんが伝えるIsonの接近情報に関わると思われます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実効的に、それら残骸の集合はエネルギーを持っています。

しかしもっと重要なことは、中心核およびコマの中にいた宇宙船たちは今でも健在で、現時点では太陽から遠ざかりながらこの惑星を、つまり地球を目指しているということです。

それに加えて、彗星の尾を構成する残骸の大きさと広がりは膨大なもので、地球はその残骸フィールドの中を12月26日から28日にかけて(日本時間では27日から29日にかけて)通過しようとしています。

まだまだ多くのことが終わりまで演じられるわけで、この物語は結末を迎えるどころではないのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし私が断言できることは、アイソンは当初の姿とは違って中心核は持っていないが、依然として認識可能な地球を目指している物体で、この物体は様々な宇宙船と地球にインパクトを与える多量の残骸によって構成されているということです。

その影響は、この先の何週か何か月にわたるでしょうが、特にクリスマスとして知られる12月25日の直後、中でも地球がアイソンの尾に完全に浸る12月28日(日本時間29日)に注目します。

これは非常に重要なことで、これまで報告されたどんな出来事よりも大きな出来事です。

それは、異星人の勢力が地球に向けてやって来ているという証明になるからです。

これが完全に事実の通りに報道されるかどうかは、これからのことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フルフォード12/24は闇の勢力の支配力が衰えるにつれて隠ぺいされてきた真相が暴露されて大量逮捕が開始すると伝えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

更に、我々は今一度、米国で始まる陰謀者達の大量逮捕について言及したい。ペンタゴン及びCIA筋によると、現在米国財務長官であるジェイコブ・ルーは、新たな金融システムへの調印を拒んだことでこれらの逮捕者の一人に名を連ねていた。
彼が最後に公の場に現れたのは3日前だとグーグル画像検索は示している。しかし、私自身及び特にクリストファー・ストーリー共に、我々が逮捕の記事を書いた後日に、彼らを公の場に晒すためだけに、陰謀者のトップ数人が逮捕されたと繰り返し聞いた。
まったく同じトリックの繰り返しだ。同筋は、オバマ大統領が今年中にハワイ休暇から戻ってこないだろうと言う。しかし、我々は去年も同じことを聞き、彼は戻ってきた。
それにも拘らず、西欧で陰謀団支配がペースを速めて崩壊していると、多方面において益々あからさまになっている。米国では、9.11の真実が暴かれ始める体制の中で動きが現れている。例えば、議員がそれについて議会で質問しても、彼らは今や公の場でそれについて話し始めても安全だ分っているようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今想定するべき「非常事態」は①アイソン接近②ユダヤ権力支配の崩壊の2つの要因が絡まり合った電力送信網のシャットダウンが年内に想定されるという意味だと考えられます。

したがって、私たちはATM停止・電力通信網のシャットダウンによる非常事態を想定して、生活資金・食料・水の確保を用意する必要があります。

☆F★

表示: 124

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約