GFLJ10/6,2016:地球外文明の真相公開が世界の変化を加速していく

高度な科学テクノロジーを備える地球外文明実在の真相をもはや隠しきれなくなった政府とマスコミは、これまでほとんど報道することのなかった宇宙船の目撃を取り上げ始めている。

石垣島北部で謎の発光体 円盤状に「鳥肌」 天灯との指摘も(沖縄タイムス10/1,2016)

 【動画】NASAが「虹色ドーナツ型UFO」を激写! 宇宙人が国際宇宙ステーションを観察している!?(Tocana10/6,2016)

イラクの運輸大臣が記者会見で、「古代の異星人がシュメールに最初の飛行場を建設」したという発表を行って世界に大きな反響を起こした。大臣は、ゼカリア・シッチンの説を評価していると語ったが、これまで正統派の歴史学会・考古学会が見向きもせずにきた「古代宇宙人説」が、いよいよ公式に認めらようとしている前兆であると考えられる。

イラク運輸大臣「7000年前シュメール人のUFOが冥王星を発見した!」 世界中の有力メディアも唖然(Tocana10/6,2016)

シュメール文明をはるかにさかのぼる数百万年以上前のレムリア・アトランティス大陸に建設されていた先史宇宙文明の真相も、これから人類の目の前で明らかにされていくであろう。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

'Ancient aliens' built world’s first airport 7,000 years ago – Iraq...

イラクの運輸大臣カージム・フィンジャーン氏は、イラク南部ジーカール県で開かれた新空港の開港会見で、「古代に地球を訪れた異星人が、7000年前に中東に最初の空港を建設して、惑星間飛行の基地として活用した」と述べた。

Iraq’s Transport Minister, Kazem Finjan, claims “ancient aliens” built earth’s first airport 7,000 years ago in the Middle East - and used it for interplanetary missions.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おそらくジーカール県の人々はキリスト教の時代以前の5000年(以上)前に、ここに世界最初の空港が建設されたことを知らないと思います。

もし私の話を信じないなら、偉大な歴史学者ゼカリア・シッチンの本をお読みください。彼はシュメール史研究の専門家です。さらに、サミュエル・クレイマーやH・G・ウエルズが書いたシュメール文明に関する著作をお薦めします。人類の歴史はシュメールに起源があります。

シッチンは、ここジーカールに、地球で最初の空港が建設されたと述べています。

ここは、航空機が離着陸する上で、最も安全な場所だからです。

なぜなら航空機の運航の障害になる気象上の要因は、ここジーカール空港には存在しないからです。

空港の上空だけではなく、ジーカール県全域の上空には気象上のネガティブ(否定的)な影響がありません。

ジーカール県の上空は(航空機の通行に関して)ポジティブ(肯定的)なのです。

ここに定住したシュメール人たちは、ジーカールの気象条件が、地球外への飛行に適していることを熟知していました。

シュメール人の宇宙船は、ジーカール空港から他の惑星に向けて発進していました。

太陽系の12番目の惑星の存在を最初に発見していたのは、シュメール人でした。

それは、ほんの数日前にNASAが発表してニビルと名付た3600年周期で太陽を旋回する惑星です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参照

'Ancient aliens' built world’s first airport 7,000 years ago – Iraqi Minister

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表示: 139

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約