GFLJ10/5,2015:新しい段階に進むディスクロージャー(真相暴露)活動

ディスクロージャーとは、情報公開という意味で、一般的には企業が投資家や取引先などに対し、経営内容を公開することを指す。

ノー スカロライナ州の病院で救急病連課長を勤めていたスティーブン・グリア博士は、政府が隠し続けてきたUFO/ET情報の公開を求めるためにディスクロー ジャー・プロジェクトを設立して、2001年5月9日 ワシントンにあるナショナル・プレス・クラブにて、20名を超える軍・企業・政府関係者らによる記者会見を行った。記者会見の冒頭でグレア博士はこう語っ た。

「今 日私たちは50年もの間、馬鹿にされ、疑問に思われ、そして否定され続けてきた問題の真実を明かすためにここにいます。今日ここにいる人たちとそれに加え 350人以上もの軍事、諜報機関のいわゆるUFO、宇宙人の目撃者たちは、この宇宙に存在するのは私たちだけではないことを証明します。」

この歴史的な記者会見から15年たった現在、人類はようやく地球以外の惑星に知的生命体が存在し、さまざまなタイプの宇宙船で地球を訪れて太古の時代から現在まで地球人とコンタクトを行ってきた事実を、受け入れる準備が整ったと言えるだろう。

ディスクロージャー記者会見全体

ナショナル・プレスクラブでの記者会見(書き起こし)

すでにNASAは火星上に川が流れている観測結果を公式発表して、これからの本格的な地球外文明実在の発表に備えていると思われる。地球上ではすでに、地球外文明とコンタクトを開始したコンタクティーから提供された秘密情報の公開が開始している。これまでの情報をまとめると・・・

主 要国の各国はネガティブな異星人と共謀して各国国民には隠したまま、秘密宇宙計画(Secret Space Program)を進めて、月面や火星上に秘密軍事基地を建設してきた。秘密基地では、アブダクション(誘拐)された地球の子供たちが労働を強制されてき た。ポジティブな異星人のグループが植民地解放計画を実行して、地球や地球外の秘密軍事基地破壊活動を展開してきた。

詳細は追って掲載するが、これまでのUFO/ET情報に加えて、政府が宇宙の真相を隠し続けてきた理由の真相が人類に知らされることになることは確実である。

私たちはあまりにも多くのウソにだまされ続けてきた。それもまた人類が真の自由を手にするためにくぐり超えなければならない試練だったのかもしれない。

☆F★

表示: 69

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約