GFLJ10/31,2014:人類の歴史を転換する公式コンタクト実現の活動を続けよう

地 球人類は今、新しい時代の幕開けを体験している。2008年8月1日の10・14ファーストコンタクト公示は、現在私たちが目撃しているディスクロー ジャー(宇宙の真相公開)の予告編とも言えるイベントであった。上に紹介した動画は2007年10月にアップロードされたものであるが、すでに銀河連邦は この時点で強制介入を決定して、地球上の光の勢力に情報の拡散を要請していたものと思われる。

この動画も同じ投稿者によってこの時期に投稿されている。この段階で、銀河連邦は以下の点を中心にして人類の認識を高めようとしていたようである。

① 地球外生命体が実在し、宇宙船は現実に地球上空を飛行していること

② 宇宙ファミリーは地球人類をサポートするために訪問するのであり、何も害を与える意図はないこと

そ のために、情報拡散の動画は明るいイメージを与える音楽を使って、懐疑心を持たせないよう信憑性の高い宇宙船画像(映像)を紹介している。さらに YouTubeにこれらの動画が投稿される前にグレア博士のディスクロージャープロジェクトが2001年5月9日に全米記者会見で多数の証言を公開し、エ ドガー・ミッチェル氏を始めとする影響力の大きい人々がメディアを通して地球外文明の実在を確証する発言を行っていたことも、10・14のニュースが急速 に世界に広まった理由だったと言える。

ふるやの森では、2008年10月8日に以下の記事を投稿して、読者の理解を広めようとしていた。

10・14ファーストコンタクト入門1:地球外生命体は実在する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人 類史上最大のイベントまであと1週間・・・「10・14ファーストコンタクト」の情報もネットで広まってい ます。ただ、まだ半信半疑の方や充分に情報を理解しておられない方もおられるようですので、ここまでの情報の流れをまとめてみたいと思います。まず、その 前に話の前提として・・・

「地球外生命体は実在する」・・・未確認飛行物体はこれまでも地球を訪れていたし、今も地球の周囲を飛行している!NASA・アメリカ政府を始めとする各国政府はその事実を知りながら情報を隠ぺい(カバーアップ)して人々に知らせなかったのである!

この点を理解しているかどうかが、今回のファーストコンタクト情報への反応の落差をもたらしていると思うのです。そのために、基本的な知識をまずシェア(共有)したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この2008年に開始したインターネットを活用した銀河連邦の情報普及が、その後の世界破滅をもくろむ闇の勢力の策動をファーストコンタクトを経て銀河文明への移行に向かう道に転換する大きな引き金になったことは確かである。

これまで永年にわたって政府とNASAによって隠ぺいされてきた宇宙の真相を暴露するディスクロージャーの活動と宇宙ファミリーとのコンタクトを実現しようとするオープン(CE5)コンタクトの活動は、新しい時代の幕開けを加速する上で重要な意義を持っている。

私たちは、これまでの活動の歴史に自信を持って、さらに情報を拡散して日本国民の理解を広げる活動を続けていこう。

ゴールはもう目の前に見えているのだから・・

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表示: 99

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約