GFLJ10/10,2015:NASAは本格的な宇宙の真相公開(ディスクロージャー)に備えている

NASA は、9月28日の火星上に流れる川の発表に続いて10月8日に冥王星上空に青空が広がり、地表に氷水があることを発見したと発表した。これらの発表はそれ 自体は、地球外文明の実在に関心を寄せてきた人々にとっては、それほど驚くべきニュースとは言えないが、これまで地球外の惑星上の建造物やヒュー マノイドを含む生物とその化石が撮影された画像や映像を否定してきたNASAが、地球外の惑星に生命体の生息が可能な環境が存在する証拠を公式に発表した 意味は大きい。今回のNASAの発表は、これから開始する地球外文明の真相公開の地ならしであると見るのは、現在進んでいる秘密宇宙計画(Secret Space Program)の暴露と結びつけて、妥当な見方であろう。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

公式ディスクロージャー開始!:NASAが発表する「冥王星に関する信じられないようなニュース」とは・・・

9月28日に「火星には川が流れている」という発表を緊急記者会見で行ったNASAが今度は冥王星について「太陽系システムに対する概念をくつがえすような、新しいデータと写真」を発表する。
発表の詳細についてはまだ不明だが、インディペンダント紙10/8は、冥王星に地球外生命体が存在する証明ではないかと予測している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Blue haze around Pluto.
冥王星の青空。冥王星上空の煙霧層が青い色であることがニューホライズン号に搭載されているRalph/Multispectral Visible Imaging Camera (MVIC)によって撮影された。青い煙霧層の高度は土星の衛星チタンと同様であると考えられる。冥王星とチタン上空の青い煙霧層は太陽光が作り出すニトロゲンやメタンなどの化学反応物質を含み、煤(すす)のようなスオリン(tholins)と呼ばれる比較的細かい分子となって地表に向けて降り注いでいる。この画像は、できるだけ人間の肉眼で知覚される色彩に近づけるように、搭載されたカメラが撮影した青色と赤色の色彩情報をソフトウエアで合成したものである。
 
Pluto’s Blue Sky: Pluto’s haze layer shows its blue color in this picture taken by the New Horizons Ralph/Multispectral Visible Imaging Camera (MVIC). The high-altitude haze is thought to be similar in nature to that seen at Saturn’s moon Titan. The source of both hazes likely involves sunlight-initiated chemical reactions of nitrogen and methane, leading to relatively small, soot-like particles (called tholins) that grow as they settle toward the surface. This image was generated by software that combines information from blue, red and near-infrared images to replicate the color a human eye would perceive as closely as possible.
 
Zoom in area on Pluto
冥王星上の氷水。氷水が発見された地帯ではMVIC(the Multispectral Visible Imaging Camera )とLEISAthe Linear Etalon Imaging Spectral Array)の画像を合成して青色を強調している。最も顕著に氷水が確認できる地域は、左端のエリオット・クレイターにの西のヴァージル・フォッサ(Virgil Fossa)とフレイム上部のヴァイキング・テラ(Viking Terra)で、画像の右端のバレモンテス(Baré Montes)に向かっても、山々の間のクレイターや谷間に沿って数多くのずっと小さな露出を見ることができる。この光景は約280マイル(450キロメーター)に及ぶものである。
(冥王星表面の地名は非公式の名称である)
 
Water Ice on Pluto: Regions with exposed water ice are highlighted in blue in this composite image from New Horizons' Ralph instrument, combining visible imagery from the Multispectral Visible Imaging Camera (MVIC) with infrared spectroscopy from the Linear Etalon Imaging Spectral Array (LEISA). The strongest signatures of water ice occur along Virgil Fossa, just west of Elliot crater on the left side of the inset image, and also in Viking Terra near the top of the frame. A major outcrop also occurs in Baré Montes towards the right of the image, along with numerous much smaller outcrops, mostly associated with impact craters and valleys between mountains. The scene is approximately 280 miles (450 kilometers) across. Note that all surface feature names are informal.
Credits: NASA/JHUAPL/SwRI
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表示: 103

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約