【GFLJスピリチャル研修会10/27東京】報告

2013年10月27日(日)にGFLJ最初のスピリチャル研修会が、東京恵比寿でウシロさんが経営される英会話喫茶を会場に開催され、参加者6名でなごやかな雰囲気の中で、有意義で重要な情報を交流し理解を深め合うことができました。

スピリチュアル研修会(10/27東京)

 

研修会は、古谷のごあいさつの後、講師のウシロさんから以下の基本的なテーマの提案がされました。

① 自分を知る

・「自分」とは肉体を超える大きな存在。「自分は何故ここにいるの0か」を知ることが重要。→人生の目的は?

・人間は生まれる前に青写真を作って生まれてくるが、生後に忘れてしまう

② アセンションとは

・次元上昇

・自分の内側から気づくことが重要

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<解説>

・宇宙は目に見える3次元世界ではなく、目に見えない無数の次元が重なって構成されている

・人間は、肉体だけではなく目に見えない幽体・霊体が重なって構成され、他次元にまたがって生活しているがそれを知覚できずにいる

神界・幽界・現界(しんかい・ゆうかい・げんかい)と人体の構造

神界・幽界・現界(しんかい・ゆうかい・げんかい)と人体の構造

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

③ 宗教が終わる

・ 神様(創造主)と人がつながろうとしている

・ 神様(創造主)は人の自由意思を尊重しているが、人がいったんつながりに気づけば、理解が広がっていく

④ ハイアーセルフ

・自分の存在の大きなエネルギー(自分と波長が合う)

・今はハイアーセルフと自分が統合する時期

⑤ いろいろな意識と交流する中で、5次元の意識と交流する

・波動を上げることが重要(祈ることで上とつながる)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<参加者からのコメント>

● 波動を上げるには、「普通に生きなさい」

・ワークショップに参加するよりも、ふだんの生活の中で感謝することが大切

・田舎の草取りをしているお爺さん、お婆さんの方がすでにアセンションしているかもしれない

・「スキル」を身につけることにこだわる必要はない

● これから起きる「大イベント」とは

・最近のチャネリングメッセージでは意識の大きな変容が起きるとしている

・プラネタリー・クリーニング(惑星浄化)が起きる可能性もある・・・レムリアの浮上(高次の意識の浮上が物理的次元に現れる)→海と陸が入れ替わる

・シェルダン・ナイドルのメッセージでは地球の大変動と人類の緊急避難を予測しているが、それ以外のメッセージでは人類に恐怖心を起こすことを避けて触れないようにしている→現在接近しているアイソン彗星は緊急避難に備えるマザーシップである可能性もある

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

VIDEO アイソン彗星

ホワイトテラ10/10,2013:希望のメッセージ 

ISON(ア イソン)として知られている彗星についてお話をしたいと思います。この彗星は、今いくつかのコース修正を済ませましたが、このことは多くの人 たちにとうとう、一つ目に、これに意識があること、二つ目に、これが普通の彗星ではなく、宇宙船であることに気がつかせています。

これは全ての人にとって の、新しい地球のための新しい光、新しいテンプレートとしてのすばらしい贈り物であり、喜ばしいことです。多くの新しい種がその中に搭載され、あなた方の 宇宙とあなた方の内側にある宇宙についての感覚と理解を加速するでしょう。天に目を凝らせば、この光の宇宙船の到来のしるしとなる多くのことが起きるで しょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●政治・経済の大変革

・これから起きる大イベントは、アメリカ革命となる可能性が高い

・すでにアメリカの政治と経済のシステムが崩壊して、大量逮捕とNESARA公布を目前にしている

・同時に、地球外文明実在の公式発表が行われて、公式コンタクトが開始することになる

・今、PFCとGFLJが行っている活動は、これからの大変動に人類を備えさせる重要な任務の両面となる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<まとめ>

今回の研修会を終えて、感じたことをあげておきたい。先ず、これまで一部の人々が出版やネット上の記事で伝えてきたスピリチャルな知識が、次第に誰でもが受けいれて、認めるような新しい基本的な常識として広まりつつあるという予感である。今回の参加者から「ディスクロージャーとは何ですか?」というような初歩的な質問が寄せられたことは、逆にGFLJの活動が一般の国民の間に広く浸透しつつあることを実証したとも言える。

地球外文明とのコンタクトという新しい体験は、子供からお年寄りまで老若男女を超えて、国民のあらゆる年齢層に広まっていくことになる。そして、私たち銀河連邦日本(GFLJ)は、これまでに蓄積された情報と体験を誰でもが受け入れやすいように、よく噛み砕いて整理して、伝えていくという役割を果たすことになるのだと思う。

スピリチュアル科学は、もはや一部の「オカルトマニア」の趣味を超えて、新しい普遍的な知識となっていくであろう。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表示: 153

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

6:59pm の 10 月 30, 2013 にある 星野 のコメント

ご報告ありがとうございます。 有意義な時間を過ごすことが出来たとのことでなによりです。

参加された6名がそれぞれの生活の中で、自然と発せられるであろう なんらかの影響が、一人あたり少なくとも二人に影響をもたらしたとしても、 6→12→24→48→・・・、と広がって、そのうち自分の周りにも影響が 達するイメージがフッと湧きました。

なので、少し先の自分に代わって「ありがとう」と言っておきます。

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約