【転載】フルフォードレポート(8/23)英語版

嗚呼、悲しいではないか!より)

地球のための戦いにおける主要な派閥と現在の情況

読者への注意:重大な激変が無い限り、8月29日まではあなたの特派員は休暇中なので、このニュースレターは今に直接関係しない事前に書かれた素材を含みます。金融システムの支配のための目下の戦いと、その結果としての種としての我々がこれからやることの決定プロセスの支配は最高潮に達しつつある。この理由で、その主要プレーヤが誰で、その地位は何かを見てみるには良いタイミングである。

ま ず第一に、2001年9月11日のニューヨークの偽旗攻撃以来、欧州、日本と米国を支配しているハザール/ナチ派を見てみましょう。この派はジョージ・ ブッシュ・シニア、デイビット・ロックフェラーとその下僕達によって主導されている。彼らの計画は飢餓、病気、戦争によって世界の人口を90%削減するこ とである。この十分な証拠は世界中の警察、軍と諜報機関に提供されている。ナチによる米国乗っ取りが2000年のジョージ・ブッシュ・ジュニアによって盗 まれた選挙で完成し、米国政府はSARSや鳥インフルエンザを含む生物兵器の放出によって我々を殺害しようとした。

大量飢餓の計画とし て、彼らは農業生産を壊滅させる狙いで、様々な作物の病気を放出した。彼らは食料の変わりにバイオエタノールを生産するために世界中の農家に寛大な補助金 を支払った。これが33カ国で飢餓を起こしたが、その原因はバイオエタノールを生産させる補助金であったと世界銀行の内部通告者が指摘したので止められ た。このグループは北朝鮮、イラン、シリア等で作られた事件によって核戦争を始めさせようともした。彼らは今、中国が世界戦争を始めたら、オーストラリ ア、ASEAN、日本と韓国を報奨金として与えることで南シナ海でこれを達成させようとしている。

この著者はヘンリーキッシンジャーとデ イビット・ロックフェラーに仕える代理人によってナチ徒党への参加を招聘された。彼らは環境を救うためには人類を90%削減することは必要であると説明し た。彼らはまた、ほとんどの人間は有益なものを生産しておらず、無駄な在庫であると説明した。人類の遺伝子的品質は、これらの無益な大食漢を取り除くこと によって引き上げられると、彼らは説明した。

このグループのメンバーは数千年前に人類を奴隷にする技術を身につけたヒコソスとして知られる牧畜民部族の末裔である。彼らは食料と情報提供を支配し、組織暴力(軍、警察、諜報部門等)を独占することでこれを実行する。

彼らが人口の90%を殺そうとする本当の理由は、中国、イスラムやヒンズーのようなグループが人口や権力の面で伸張してきたので、彼らは地球の支配を失うことを恐れたからである。

ヒ コソスはセット、バール、マードック、ルシファー、サンタン等の名前によって数世代にわたって知られる二股の尾を持つヤギの顔を持つ存在を崇拝している。 彼らはまた、人間の犠牲を実行し、世界大戦を企てるように時には大規模に行う。このグループは百万人もいないが、彼らは世界中の多くの政府機関、金融、宗 教、メディア等の支配階級を占めている。彼らの多くは、ユダヤ人として識別されている。無実の人々を保護するために、我々は彼らをハザールマフィアと呼 ぶ。このグループのトップは今、それぞれの頭の飢えに1トンの報奨金が掛かっており、彼らの名前は公にリストアップされている。

西側世界でこのグループに対抗する主な派は、黄金律のみを信じている無神論者同様にヤハウェを崇拝するユダヤ教を信仰するメンバーであるキリスト教徒である。

こ のグループのエリートメンバーは貧しい国がその森林を保全拡大するために資金を調達するために炭素税を提案することで、無益な大食漢を計画的に虐殺するこ とを止めようとした。地球温暖化派の背後にいる人々は悪魔の理想に対抗するキリスト教を支持する欧州貴族と王室のメンバー出身である。彼らは彼らのアルゴ アが大統領選を盗まれた2000年に権力闘争で負けた。彼らの重大な問題は彼らの税金を促進すら為に炭素起因の地球温暖化警告と言う嘘をついたことであ る。彼らの炭素取引計画は欺瞞だらけであった。

にもかかわらず、このグループは悪魔主義者によって乗っ取られてこなかったカトリック教会 の要素と共にフリーメーソンの非悪魔部分によって実行されるかなりの権力を持っている。このグループはベネディクト16世教皇を2013年に交代させた。 彼の後釜のフランシス法皇は直ちに小児性愛のカトリック教会の排除を始め、バチカン銀行を浄化してCIAブッシュ/ナチ派の麻薬資金の流れを絶つために、 キューバとコロンビアと合意に達した。フランシスのアルゼンチンの汚い戦争への関与の話もあるが、それ以上に彼は良いことをしていることを示している。

しかし、フランシスを権力につけた主導的グループは依然、彼らによって秘密裏に支配し収集した炭素税によって政界征服を押し進めている。彼らはそれが嘘に基づいており不正であるので、その詐欺は成功しないだろう。
フランシスの背後の人々はまた、ドナルド・トランプを米国大統領に選出させるために押し進めている。それが成功すれば、トランプは米国内のハザールマフィアの幹部達の大量逮捕を始めるであろう。

これらの権力と調和して働いているのが、アジアの赤と青と白龍会同盟である。

赤 と青は彼等自身を紀元前450年ごろの墨子によって立ち上げられた組織に遡らせる。これらのグループは1700年代に、中国の満州政府を覆すための戦いに おいて明の官僚、陸軍と海軍と自身を同盟させた。多くの流血の企みの失敗を経て、1911年に終に成功して、彼らは最後の皇帝を倒した。その時に、このグ ループは休眠した。
しかし、彼らはブッシュ政権がアジアの民を殺すために生物兵器のSARSを拡散した証拠を発見した後に、最近全面戦争に戻って きた。彼らは、ブッシュ・ジュニアが権力に就いた後、ボヘミアの森における講師を盗聴した時に、ハザール大量虐殺計画を知った。赤と青は後に、世界の旧王 室連合であるドラゴン・ファミリによって統合された。

アジア人がハザール人との戦いにおいて西側における同盟者を求めた時に、白龍会は設立された。白龍会はあらゆる良いことをすることを支持している西側の古代伝統にルーツを置く緩やかな連合です。

こ れらの白い騎士は、マグナカルタ、弱い者と貧しい者の保護、正しくまともな全てを守るために絶対的に必要とあれば戦う必要性も担当している。白龍会のメン バーは今、ブッシュ/クリントンマフィアの為に働く傭兵を除いた米軍産複合体の管理下にある。白龍会はロシア秘密組織、英国秘密組織、フリーメーソン、本 当のイスラム秘密組織(偽のイスラムハザール人融資のISISテロリストに対抗する)、日本の秘密組織、イルミナティ、イタリア白貴族、欧州王室家族、各 武道組織等と協調して動く。

ハザール人は今は、ワシントンDC、ニューヨーク、サウジアラビア、イスラエルとわずかな不正国家のいくつかのポケットに縮小されている。

も し、アジアとその白龍会同盟が大きな圧力をかければ、早ければ今年、ハザール人と彼らのテロと奴隷に関する古代支配を終わらせる可能性がある。彼らの支配 を終わらせることは数千年の人類の歴史の中で最大の出来事の一つになるだろう。それは世界平和と比類なく反映の時代につながる可能性がある。

今秋の活動は地球の支配をめぐるこの長い複合戦争においていまだ最重要なことの一つになるだろう。今回の本当の完全な勝利は非常に現実的な可能性がある、だれもが自らの役割を行えば、我々はまもなく新しい時代、黄金の時代、驚異の時代を始めることができる。

表示: 85

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

8:17pm の 8 月 23, 2016 にある 古谷 茂 のコメント

★マイケル・サラ★ 2015年10月16日

★マイケル・サラ★
2015年10月16日
=========================
ロシアはシリア内戦で
地球外生命体のサポートを得て開発した
武器を使っている?
=========================
Is Russia using weapons developed with extraterrestrial help in Syrian Civil War?
Oct 16, 2015
Michael E. Salla, PhD- Exopolitics.org

http://exopolitics.org/is-russia-using-weapons-developed-with-extra...

10月14日、ヴェテランズ・トゥデイ紙のコラムニスト、
プレストン・ジェームス博士(Dr. Preston James)は
プーチンのシリアの切り札』と題し衝撃的な記事を公表した。
ロシアは地球を訪れている地球外生命体と秘密裏に合意を交わし、
開発した先進的な兵器システムを使っているという。
ジェームスは記事の中でプーチンのシリアにおける軍事介入が形勢を一変させているとし、
地球外生命体から着想を得た兵器システムのもつ圧倒的効果について分析している:
「ロシアがいま保有している超ハイテク兵器とは、具体的に何なのだろうか?
彼らの所有している兵器は多々あり、超音波魚雷を含め、
次元間クローキング(姿を消す)を使ってあらゆる物質の中を
自らの力で進んでゆく能力を持つ兵器も含まれる。
ロシアのミサイルは発射後、「ミツバチのように」機能する。
迎撃を回避するために次元間で絡まり合う通信を使って再編成、再標的化をし、
直線飛行からスパイラル飛行、半円飛行など奇妙な飛行パターンをとったりもする。
ロシアにはステルス飛行機やミサイルを次元間クロークさせる技術もある、
とするインサイダーも存在する。
飛行中はほぼ検知不可能で、スパイ衛星を遮断する機能さえあるという。」
ジェームスの分析はコーリー・グッドの言っている事に驚くほど類似している。
コーリーはあらゆる秘密宇宙プログラムに関して内部告発証言をしており、
最近出版された本オンラインのテレビシリーズでも詳細に渡って発言している。
ジェームスの記事、
プーチンのシリアでの切り札』はまずヴェテランズ・トゥデイ紙に関連した
軍事諜報コミュニティを形成している情報源を明確化し、情報源をはっきりと区別した。
「ヴェテランズ・トゥデイ紙の一部の責任者は秘密宇宙戦争の認可を越えた情報を所有している可能性はある。
とはいえ、この記事の元となった情報は秘密宇宙戦争関連情報とは全く別の、外部ソースに基づいている。」
ジェームスは外部ソースの名称を挙げてはいないが、そこにコーリー・グッドは含まれていない。
コーリーの情報は要所で相違点が見られる。
だが人類を操作したり、
先進テクノロジーや地球外生命体に関する情報を抑圧する
エリート支配層とプーチンの役割の関連性については、
ジェームスとグッドの情報はかなり同一に近い。
驚くほどの偶然か、
もしくはプーチンが地球外生命体との同意に達し、
ロシアに先進兵器テクノロジーがもたらされたという確かな裏付けがあるか、
いずれかであろう。
「ISIS、ISIL、Daesh、アルカイーダ、アルヌスラ、
ほか同類グループはイスラエル、アメリカのお金を目的とした
単なる傭兵テロ・マシーンではない。
もはやそれは誰にとっても明白なことだ。
作り上げられ、工作・配置されたGladioスタイルのテロであり、
すべてはロスチャイルド・カザリアン・マフィア(RKM)
NWO世界主義的計略を推進させるための行為である。」
ジェームスによると、RKM
『ドラコ』もしくは『ドラコニアン』と呼ばれる
地球外生命体の極悪グループと結びついているとのこと。
「一番肝心な情報、それはRKMは基本的にドラコの指示で動いているというもの。
ドラコとは実に邪悪な略奪民族。
大規模で強力な次元間宇宙パラサイトで、支配、殺人、拷問をしたり、人間の身体を摂取するという。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
CNNの情報では、現在すべてのアメリカ航空母艦はペルシャ湾から撤退している。
ジェー ムスによると、これはロシアの超兵器に対して今のアメリカの航空母艦ではまったく効果的な防衛が出来ないから、とのこと:「最後のアメリカ空母艦隊が中東 から本国に戻るようにとの要請が出た。これだけでも、アメリカの原子力空母や最新鋭イージスミサイル防衛シールドが無敵だと思っていた大勢の人が混乱し た。ISISを止めるために、とどまるべきではないのか、と…。

兵器専門家の トップは、空母が無防備なままなのは、ロシアが新たに超ハイテク兵器を採用したからだとしている。この兵器は一時的にアメリカの電力供給システムや電気の 動作を停止させることができる。レーダーやソナー・システムもイージスミサイルシステムも、何もかもを無力化するのだ。」

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約