日本の春7/25,2016:今、沖縄で起きていることは警察国家日本への変貌の前触れである

私たちの気づかないうちに、つかっていたぬるま湯はじわじわと加熱して、気付いた時には沸騰して、熱湯地獄に変質していた。

「警 察国家(Police State)」とは、9・11後のアメリカで、自分たちがだまされていると気付いたアメリカ国民が事件の真相を解明しようと活動を始めた時期に、政府が言論を抑圧して抗議活動への弾圧を開始した状態から始まる。現在の沖縄で起きている座り込み活動に対する警察機動隊の暴力的な排除活動と逮捕弾圧は、 近い将来に日本全体に及ぶ戒厳令(緊急事態条項)体制下の「警察国家日本」への変貌への前触れである。

☆F★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Yuri Hoshino

ここ高江で起こっていることは必ずいずれ本土でも起こる

機動隊によって1番排除が凄まじく戦場にされた街宣カーの上では
ジャーナリストの田中龍作氏や琉球新報と沖縄タイムスの記者なども同じ場所で少しでも多くの事実を伝えるために決死の思いでシャッターを降ろしてた

七尾旅人 @tavito_net 7月22日
Xデイを迎えて機動隊が詰めかけ高江が本当にむちゃくちゃな状況 これまで関心がなかった方も皆さんどうか 高江という言葉でsearchしてみてほしい 今ここに日本人と安保の問題が凝縮している 戦後日本人のアイデンティティーが最終的にどのような光景を生みつつあるか見てほしい

「警察国家」日本の一部で起こっている事が、なぜ沖縄だけでとどまると思うのか。:孫崎 享氏

沖縄県政(知事、議会)県民の反対を押し切って米軍基地建設を政府は進める。

その実力行使に沖縄県警でなく、東京都や他県機動隊が投入されてきたのを東京都民や、各県住民はどう考えてきたか。

あなたたちの税金が沖縄県民抑圧のために使われている。

沖縄情勢は我々と関係ないではすまされない。

沖縄。

立法機関の県議会や、行政の県知事の意向を無視して警察の機動隊で事態を動かそうとする、それを実施するのが日本政府だ。

「警察国家」は単なる形容詞でない。

日本の一部で堂々と起こっている。

日本の一部で起こっている事が、なぜ沖縄だけでとどまると思うのか。

日本は「警察国家」に入ってる。

安倍首相周辺は野党連合に共産党批判を繰り返し。

だが安倍首相殿、貴方の祖父岸信介は「経済新体制確立要綱」をめぐり、「アカ」呼ばわりされていたのを知ってますか。

いい加減なレッテルを張って誹謗する、そういう時代には貴方の祖父も「アカ」になる、そういう時代を貴方が作ろうとしてるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 参照
 
 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表示: 95

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約