こちらから発振させて頂きます最後になります

親愛なる皆様へ、いつも素晴らしい学びをありがとうございます・・。

私には、3日ほど前から既にガイドとしてのたくさんのテストが始まっております。

それはそれは朝から晩までめまぐるしく続いておりました。

私が自分のガイドとしての器を試されていることだと気づくと、

今度は人を導くとは「どのように」するものなのかを教えて頂くようになりました。

決して依頼があるまで、こちらから手を出さないこと

ここぞと言う時を見極め、その時は熟睡中の子供に頭から水をかけるようなこともしなければならないこと

(例えですのでご安心を(笑))

周り(相手)のミスを自分のミスとして認識すること

まだまだ沢山ありますが、

総合して、全てを臨機応変に実行することです。

これらは愛がなければできないことです。

全ての基本はおおむね自立していることです。

私の役目は皆さんの心に波風を立てることでした。

数人の方が葛藤をはじめられました

数人の方が模索をはじめられました

数人の方が目覚められました

素晴らしいことですね・・。

気分をがいされた方も沢山おられることでしょう。

ここに謹んでお詫び申し上げます・・。


しかし、いい人になる必要は全くありません。

いい人という概念はエゴ特有です。

周りと違う考え、行動に悩むことは必要ありません。

それはあなたの心の行動です。

愛のもとにある、全ての行動と考えは調和しているのです。

自立しているというのは3次元的に見るととても孤独な状態と言えます。

次のステップに進むとき、誰もが一人で階段を昇ることになります。

その時の不安感のせいで成長を止めておられるかたも沢山おられるのです。


決心です。


目を閉じて

確認したいものを映像の中や文章の文字から視覚的に拾い出そうとしないでください。

そのモノをひとつのかたまりとして捉えてください。

ひとつのエネルギーという個体としてとらえてください。

その個体から出るエネルギーを心で観じてください。

目を閉じると自分がただの魂であり体も物質もなにも存在していないことがわかります。

そして魂で観じるのです。

いやな観じでしょうか?

心地よい観じでしょうか?

魂の心地よさは顕在意識の心地よさとは全く別ものです。

究極の意識と意思の大宇宙(エーコさん)につながると

いつも全ての言葉を奪われ、話すことまでできなくなります。

感謝やお詫びを伝えようとすると

「感謝もお詫びも必要ありません・・

ただ、そこに在ってください・・」

そしてただの点になり、漂うだけなのです・・。


もうすぐ、この美しいエゴの星「地球」さんのタイムリミットがせまってきております。

エヴァへ移行すると、もう感じられないことが山のようにあるのです・・。

沢山、沢山味わって、経験してください・・。

楽しんで、ご自分の変化を許してあげてください・・。

全てのくさりを外してあげてください・・。


魂の自由を全身で受け入れてください・・。


今しかないのです・・。

今だけなのです・・・

私のブログからはいつでもメッセージを送って頂くことができます。

何かありましたらいつでもお声をお掛けください。

全力でサポートさせて頂きます。

これは魂レベルで皆さんと交わしたお約束なのです。

思い出してください・・。

いつでも、お待ちしております・・。

皆さんへSINからの愛と感謝と尊敬の念を発振させて頂きます・・。

ありがとうございます・・。

わたしの時空元と命を共にしてくださいます

全てのピアープラウさん方の

素晴らしいサポートとお役目に

SINからの感謝と

SINからのAIを

発振させて頂きます


全てによろこびをもって

謙虚に、感謝し、学ばせていただいております・・

ありがとうございます


ありがとうございます


ありがとうございます・・

表示: 136

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

12:52pm の 7 月 22, 2012 にある 永井三智子 のコメント

Otsu様

ありがとうございます<(_ _)> 

愛というものは厳しくて優しい・・その通りですね・・。

決してぬるま湯のようなものではありません。それは成長を促すというあらゆる形で現れることになります・・。

Otsuさんの言葉で思い出しましたが、テレパシーですね。

これは地球人に標準装備されている能力だそうですね。5感と同じく普通に使えるものだそうです。

皆さんは自分の能力を否定しているだけなのです。使えることを当然という感覚になることが大事ですね。

ある程度なら私もテレパシーが使えます。

相手の周波数にピッタリと合わせることがまだできていません。

バシャールさんやミカエルさんのような方たちは皆さんそれをされておられますので

ほとんどの方が繋げることができるでしょう。

私たちの声は犬の遠吠えのように大きくもなく、鳥のように空から遠くへ飛ばすこともできません。

しかし昔は電話など存在もしていません。テレパシーは当たり前の方法なんですね。

そろそろ皆さんでテレパシーの練習をされてみてはいかがでしょうか。

もちろん、「私は光のものとだけ繋がります」という宣言はわすれずに(笑)

ということは自分も光になる必要があるのですが^^

皆さんでその周波数を決めてみるのも良いですね。

相手の周波数がわかっていればつながりやすいと思いますよ。

みんなで楽しみながらチャレンジする分には罪はありません。

できるできないの結果はどうでも良いのです。

何かそこから新しい考えが生まれることもありますから。

昨日と違うことを始めてみるということも、素晴らしい未来への選択となります。

そして、自分自身や周りの仲間を信じきるという学びにも繋がります。

見えたり聞こえたり感じたりとそれを受信する能力は皆さんそれぞれに違うかもしれません。

一概に同じように伝わるということもないと思います。

皆さんとテレパシーで会話できる日が楽しみですね。

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約