各地区ミーティングの意義について考えたこと

こんにちは。石和温泉に宿泊して、高速には乗らずにゆっくりと初夏の山並みを楽しみながらドライブして、今伊豆に到着しました。さすがに当地は、肌寒さはもう影を潜めて本格的な夏の暑さに向かっているようです。

甲府のミーティングでは主催者の傍観の者さんを始め、はるばる遠方から参加された皆さんとの楽しい交流と昇仙峡の雄大な景色を満喫することができたことを感謝申し上げます。

 

さて、傍観の者さんのご報告にありましたように、今回のミーティングで参拝した金桜神社にて、「波動登録が正式に承認されました」というメッセージが参加者の麻美さんから報告されました。ここで「承認」とは・・

① 甲信越ブロックが銀河連邦に所属する組織であること

② ミーティング主宰者の傍観の者さんが銀河連邦甲信越ブロックの担当者として認められたこと

を意味すると考えられます。

 

つまり、ここまでのミーティングで①東海ブロック(fukudaさん)②甲信越ブロック(傍観の者さん)が、銀河連邦の正式の組織(担当者)として承認されたことになります。

 

この流れに沿って、これからの銀河連邦日本(GFLJ)の正式結成を次のように進めることについて、フォーラムの皆さんのご意見をお寄せください。

 

これから私たちは、さらに各地でミーティングを実施していきますが、それに伴って各地に銀河連邦ブロックが生まれて、その連合体が「銀河連邦日本」を構成していくことになります。各ブロックはそれぞれの主体性と自立性を持って活動をする自由が保証され、活動にあたって銀河連邦からのガイダンスとサポートが提供されていきます。

 

各地区担当者は「ブロック協議会」(仮)を結成して、各ブロック相互の連絡と協力・支援活動を行なっていきます。必要に応じて、ブロック協議会や一般のメンバーの中から銀河連邦日本の代表などの役職を選出して、全体組織の運営に参加します。

 

 

 

表示: 212

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

7:41am の 7 月 3, 2012 にある イッチャン のコメント

ご報告ありがとうございました。

6:30am の 7 月 3, 2012 にある Hatty☆ のコメント

ご説明ありがとうございます。(^▽^)

わくわくです♪

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約