ホピの少女ナタリー(10歳)の言葉 1975年

Hatty☆さんへ

昨日は素敵なお話をお教え下さいまして 本当にありがとうございました。

今日はお礼代わりに僕の大好きな「ホピの少女ナタリー(10歳)の言葉」を載せますね。

僕がはじめてこの僅か10歳の少女の一点の曇りもない言葉に触れた時、思わず涙が込み上げてきました。

 

そして僕は思いました。

僕はホピの少女ナタリーのように済みきった瞳で世界を見たことがあるのだろうかと。

 

まるでナタリーの純粋な心が、言葉を通して僕の意識をクリアーにしていくかのようです。

ぜひご覧になってみてくださいね。

 

 

 

 

ホピの少女ナタリー(10歳)の言葉 1975年

 

空がわたしたちのことを見ていて、わたしたちの言うことを聞いてくれる。

空はわたしたちに話しかける。

そしてわたしたちの返事を待っているの。

空には白人の神様が住んでいるって先生が言っていた。

あなたたちの神様はどこに住んでいるのでしょうって先生が聞くから、わたしは知りませんって答えた。

だって本当に知らないんだもの!

わたしたちの神様は空。

だから空のあるところには必ずいる。

太陽も月もわたしたちの神様。

それにホピ族の人たちも。

わたしたちはここに住んでいなければならないの。

ここからはなれたら、神様もきえてしまうから。(中略)

でも、白人はわたしたちの言うことに耳をかさない、自分たちの言うことしか耳に入らないって、

四六時中白人とつきあっているお父さんが言ってた(父親はトラックの運転手であった)。

おばあちゃんはね、白人は空をせいふくしようとしているけど、

わたしたちは空に祈りをささげるために生きているって。

せいふくしようとする人に話してもむだだから、白人の分もいのるしかないって。

からわたしたちはただニヤニヤして白人に《イエス》ばかり言うのよ。

そしてあの人たちのためにいのるだけ

 

 

ブラッキー(少女の愛犬)と散歩していたとき、空にけむりのすじを見たの。

ひこうき雲。

いったいだれがのっているのかなって思った。

わたし、ひこう場に行ったことないんだ。

学校で写真は見せてもらったことはあるけど。

ブラッキーと二人でひこうきにのっているところをそうぞうした、

太陽にむかってどんどんとぶところをね!

そんなことしたらひこうきがとけちゃうって知っているよ。

太陽に近づくと、なんだってとけちゃうって学校で習ったもの。

でもたましいまではとかせないよ!

わたしたちはお日様やお星様に手をふるんだ。

光をおくってありがとうって。

ずっとずっと前のおくりものを、いまわたしたちがうけとっているんだよね。

わたしって空想するのがとくいなんだ!

ホピ族のご先祖様たちに会って、先のことを話したい。

みんながまたいっしょになれるときのことを。

川には水がたっぷり流れていて、お日様が地球のさむいところをあたためて、

すっごくあついところは少しのあいだあまりてりつけないようにする。

そして世界の人が大きな輪にすわる。

みんな、きょうだいってわけ!

そのとき世界中の霊が出てきておどりくるう。

星もお日様も月もよ。

鳥たちも地面にまい下りておどる。

人間たちがそこらじゅうでおどったり、またすわって輪をつくったり。

輪はすっごく大きいから、メサの上に立って地平線のほうを見ても、

こまでつづいているかわからない。

でもみんなうれしそう。

けんかなんかしない。

けんかするのは、まいごになって、先祖のことをわすれて、わることをしでかすから。

いつか、みんなが大きい輪になって手をつなげるときがくる。

ホピ族だけじゃなくて、みんなよ。

そうなったらほんとうに《いい》んだよね。

先生が良いこと、良いものの例をあげなさいって言ったことがあるの。

ブラッキーはいいよ。

だってだれもきずつけないもん。

この世界もみんなが大きな輪をつくれるようになったらいいね。

ぐるぐる回りながら、世界中の人がその輪に入ってきたらさ

表示: 526

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

5:23pm の 5 月 14, 2012 にある もんもん丸 のコメント

Hatty☆さん コメントをありがとうございます。

 

僕もHatty☆さんが仰られたことと同じようなことを感じてました。

そしてもうすぐ「ぐるぐる回りながら、世界の人がその輪に入って」くるんですよね!

そう思うと嬉しくて嬉しくてどうしましょう♪って気分にさせられます。

だから僕はその時を思い描いて祈ろうと思います。

心を忘れた多くのたましいたちが、なるべく早く心を思い出して大きな輪の中に入ってきますように、と。

 

僕にとってこのナタリーちゃんの言葉は今でも大切な言葉のひとつなんです。

それは僕がスピリチュアルな世界を知り始めた頃に出会った、強くて純粋なたましいの言葉ですから。

 

僕の大好きなホピの少女ナタリーの言葉を読んでいただきありがとうございました。

11:46am の 5 月 14, 2012 にある Hatty☆ のコメント

もんもん丸さん 

素敵なお言葉をありがとうございます。

ぐるぐる回りながら、世界の人がその輪に入ってきたらほんと!ほんと♪素敵です(^▽^)

 

白人の方のために祈っているところも、

光を送ってくれてありがとうとお日様やお星様に手をふることも素敵♪

 

でもたましいまではとかせないよ!

のお言葉に強いぶれない心を持っていること感じました。

 

ここからはなれたら、神様もきえてしまうから

のお言葉にホピ族の方々は住んでいる地を守るお役目があるのだなと感じました。

ありがとうございます。

9:26pm の 5 月 13, 2012 にある もんもん丸 のコメント

能村さん コメントありがとうございます。

 

能村さんがご想像されたアセンション後のワンネスの地球を、このナタリーちゃんも 「見ている」 のですね。

純粋な心の目でしっかりと。

そのように感じてなりません。

僕も夜が明けてやがてやってくる新しい世界をよく思い描いています。

それはどんなに素敵な世界なんでしょうね。

 

僕もワクワクしています、そしてアセンションはもうすぐです。

あっ、もうすでに始まっているんでしたね(笑)

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約