今地上には大きな光の波が押し寄せているので、これから闇の者達がどうなるかについて大きな感心を寄せている

と思います。
あなたはこうして滅び行く闇の姿を見て何を感じていますか?

ある人達は闇が滅びる姿を必要以上に求めているかも知れません。闇がもがき苦しむ姿をです。
お気持ちは痛いほどによく分かります。僕もちょっと前まではそれを心から願っていましたから。


僕は長い間自分を光の側だと思い込み、全人類の平和を願いつつも、その傍らで闇の消滅を願い続けていました。
地球に蔓延る闇が諸悪の根源であり、闇を根絶しなければ光の時代は訪れないと頑なに信じていたのです。

また、今僕が幸せを感じられないのは、いたるところに目につく闇が原因であると、そう思っていました。

 

しかしそう思えば思うほどに、僕の心に平穏が訪れることはありませんでした。

闇を憎み裁き続ければ続けるほどに、満たされない思いと激しい怒りを感じ、常に外の世界に自分の正しさの認証

を求めていました。


そうした日々が何年も続いたある時、ふと自分の中にある矛盾に気がつきました。

それは次のようなものでした。
僕は今光の側にいると思っているが、そう思っている同じ心で闇を憎みこうして今も裁き続けている。

果して僕は本当に光の側にいるのだろうか?と。

 

それに気がつくと、今まで全然理解出来なかったことが次から次へと繋がり始めたのです。

その後も自分の心の闇を来る日も来る日もじっと見つめ続けることでやっとひとつの答えに辿り着きました。


それをまとめたものが昨日アップした「あなたと繋がるすべてのために」でした。
元々文才が無いので言いたい事の半分も書き表せませんでしたので本当にお恥ずかしい限りですが、もしかすると

見る人によってはキレイゴトとして捉えられたかも知れません。

しかし本当のところはキレイなどころか、地面を這いずりズタボロになりながら、七転八倒の末に辿り着いた僕の

ひとつの答えでした。

 

光と闇を分けて考えている内は、自分の中の戦を済ませることは出来ません。

そして戦を終えれば終えた分だけ、心は自由に軽やかになって行きます。

それはあなたが心から幸せになるための方法です。

 

今僕は、かつての荒んだ日々がまるで嘘のように心は落ち着きを取り戻し、とても平穏で幸せな毎日を送っています。
僕のような不器用な人生を送っている人はそう多くはないと思いますが、もしも僕が歩いてしまったイバラの道を今も

彷徨い歩く人が居るならば、僕が辿った道の跡をひとつの道標の代わりとして使って頂ければ嬉しいです。

 

あまり偉そうなことを言えた義理ではないのですが、まずはあなた自身が心から幸せになって欲しいと思います。

あなたが幸せになることが、世界中の愛のバイブレーションを高めていくことになると僕はそう信じています。

 

表示: 325

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

7:38am の 5 月 13, 2012 にある もんもん丸 のコメント

Hatty☆さん 素敵なお話をご紹介下さいましてありがとうございます。


思わず心がほっこりしてしまうほどに愛らしく、同時にとても深いメッセージが込められた本当に良いお話ですね。
ちょっと返信コメントとしては逸れてしまうかも知れませんが、僕が思っていることをお話ししますね。

僕は光からでも愛からでも、統合を学ぶためのツールは何であっても構わないと思います。
それぞれが一番分かり易いと思うものを選ぶのが最良ですからね。
僕は愛という観点から二元性を理解しようと試みましたが、この素晴らしい物語のように光から学ぶのもとても良い方法だと思いますよ。


光一元性

愛一元性

どちらを学んでも辿り着く先は同じですから。


その内に難しい知識や持論という名の囚われからも全部が解き放たれると思っています。
この先は何もかもが共有化されていきますから。

 

知識も富も地球もそして僕達の心までもが。
すべて溶かされてひとつにまとまる。

 

ワンネスの世界、本当に待ち遠しいですね♪

11:45am の 5 月 12, 2012 にある Hatty☆ のコメント

ちょうど 「アミ、三度目の約束」の中の 宇宙美人コンテストに出てきたのはキャベツのような宇宙人だったかな?

レタスだったかな?とネットで調べていた時に素晴らしい文章を発見し涙しました。

 

それは「神との対話」を書かれている方がこども用に書かれた本の内容で、

自分が光の存在と気がついた男の子が神様に話すシーンが書かれていました。

神様はみんな 完璧な存在で 光なんだと話されます。

光しか存在しない中で男の子は自分が光とわかりません。

そこで神様は男の子を闇で包んであげようといいます。

とても仲のいい友達が 

「僕がおもいきりひどいことするからねっ」

と魂を高めるために 悪い役をかって出てくれます。

「でもその時思い出してね 僕の本当の姿を」というような内容でした。

 

あっ忘れてたっ  ありがとうございます。と感じました。

 

 

10:17pm の 5 月 11, 2012 にある もんもん丸 のコメント

朝日さん はじめまして。

コメントありがとうございます。

 

>そもそも「ワンネス」に基図いて考えれば闇も犯罪者も自分の一部であるという事なのではないのでしょうか?

僕も古谷さんと同じで仰るとおりだと思いますよ。

 

闇と光、陰と陽、+と-、男と女と分離した状態をワンネスとして理解するには、そのどちらも平等に見る力が必要になると思います。

僕はその力こそが愛だと思っています。

 

「それは自分を殺しに来た相手と友達になることさ」「という名言からは本当に強い愛の力を感じます。

すべてを認め赦し、愛することが出来なければ、その境地に達することは出来ないですから。

僕もそうありたいと強く思いました。

お教え下さいましてありがとうございます。

 

みなさまのコメントを読んでいて、心に浮かんできたことがありますのでちょっとだけ書いておきますね。

 

光は無色で透明です。

それを分けると目に見える色は七色です。

赤い意識から青い意識を見ると、自分とはまるで違う異質な存在に見えます。

だけど色は違えど同じ光の成分には変わりはありません。

それらを再びまとめると、七色はまた無色透明な光になってしまいます。

無色透明とは創造主の御心、無限なる愛です。

色即是空 空即是色 今この言葉を思い出しています。

何も無い状態から、在るということを学ぶために光と闇が生まれ、多次元が存在し、それぞれの魂達の内なる宇宙がある。

そして様々な学びの過程を終えて、いつか何も無い状態に戻る。

それが創造主の分け御霊である僕達の営みかもしれないと。

 

どんな色にも本当は善悪もなく光も闇も無いと思います。

それを分けて裁くのも二元性を学ぶためです。

だから色を体験する時は思いっきり体験すればいいと思います。

きっと今しか出来ない体験もあると思いますから。

9:48pm の 5 月 11, 2012 にある もんもん丸 のコメント

さくらんぼさん コメントありがとうございます。

 

そうですね。僕もどんなに闇を責めても、それは無くならなかったですね。

闇は責めれば責めるほどにどんどんと大きくなっていき、その圧迫感に心が押し潰されそうになりました。

ただそこから憎むということをイヤというほど学ばせてもらいました。

僕も本当に苦しかったですから、さくらんぼさんもさぞ苦しかったことと思います。

でもそこで終わらなかったことに心から感謝したいですね。

 

能村さんもそうなんですが、こうして同じ苦しみを体験されたお話ををお聞きすると、僕だけではなかったんだと改めてそう感じ、何だかとても安心します。

 

仰るとおり、光は闇を見て学び、闇は光を見て学ぶのだと思います。

本来愛としてひとつであったものをふたつに分けて学んでいくという学習です。

そして再び愛を学んで、ひとつに統合していくんですね。

さくらんぼさんもお気づきの通りだと思います。

 

そしてさくらんぼさんも分離の状態を十分に学んで、次の統合に向かわれているのだと思います。

僕も今ラストスパートをかけて全力でそちらに向かっています。

アセンションまでもう少しですね。

お互い頑張りましょう!

9:43pm の 5 月 11, 2012 にある もんもん丸 のコメント

失礼しました。能村さんと書いたつもりが村さんとなってしまいました。

ゴメンナサイ!

9:41pm の 5 月 11, 2012 にある もんもん丸 のコメント

村さん コメントありがとうございます。

通じ合うところですか、実は同じことを考えてました。

能村さんが地球を愛し心から大切に思われるのは、学びの最中に負ってしまった様々な心の痛みがあったっからだと思います。

人は自分の選択で、心の痛みえお乗り越えて優しさを、愛を学ぶことが出来ますから。。

 

大変に辛い思いをされたことと思いますが、それも新しい愛に満ちあふれた世界を創造していくという学びに欠かせない大切な経験だったのでしょうね。

高次の存在たちの愛に導かれて、今の能村さんが在るのだと思います。

ですからすべてのご経験は何ひとつ無駄なものなんてありませんよ。

素晴らしい学びと経験をされていると僕はそう思います。

 

僕も能村さんには大変勇気づけられました。

頑張ります!そして無限なる感謝を。

8:21pm の 5 月 11, 2012 にある 朝日 健 のコメント

古谷さん

有難うございます。

想像するととワクワクしてきます!

7:48pm の 5 月 11, 2012 にある 古谷 茂 のコメント

朝日さんへ

そのとおりです。二元性の終了とは、光一元の世界への帰還を意味しています。

詳しい補足は他のメンバーの皆さんにお願いします。☆F★

7:01pm の 5 月 11, 2012 にある 朝日 健 のコメント

すみません勉強不足な未熟物ですが初めてコメントします。

今までの常識では闇と光、陰と陽、+と-、男と女などすべては相対する事象から成り立っているという解釈ですよね。でもそれは我々3次元(時間を考えると4次元ですか?)での常識(認識)であってこれから訪れる次元では全く違ったものになるのかな?と期待しております。
宇宙人アミの言葉を借りれば未開人から文明人へ変わるってことですかね!(^^)!

そもそも「ワンネス」に基図いて考えれば闇も犯罪者も自分の一部であるという事なのではないのでしょうか?

(間違ってたらお許しください)

合気道の達人塩田剛三氏の名言で「合気道で一番強い技は?」の問いに「それは自分を殺しに来た相手と友達になることさ」と答えたそうです。

ふと思い出してしまいました。

3:41pm の 5 月 11, 2012 にある さくらんぼ のコメント
もんもん丸さん、こんにちは。
私も似た経験をしているかもしれません。

闇の存在に怒り、憎み、責めていたときは、苦しかったです。
どんなに責めても闇はなくならない。
そんな自分をせせら笑っているようでした。

そんな事を繰り返しているときに、ふと気づいたんです。
すべては闇側から見ると闇に見える、光側から見ると光だと。

闇を攻撃していた自分の立ち居地が、実は闇側だったんですね。
闇側から見ると、襲いかかってくる巨大なモンスターに見えて、光側から見ると自分を成長させてくれる材料なのだと…。

闇を許して受け入れると、自分の中を素通りして囚われなくなります。
私の心を、つかむことも、揺さぶることもできないんです。
そうして私は自由を感じることができます。

闇を包み込むような光を放つことができるんです。

時にはつまづきますが、上手くかわせるようになりました。

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約