業務連絡です。福井県知事へ手紙とメールとTHRIVEのDVDを送付しました。

 

福井県知事のあて先

〒 910-0005

福井市大手三丁目17番1号   

   西川一誠 知事

 

拝啓 西川一誠  福井県知事 殿

 

初めまして、私は神奈川県に住む一市民で、小野寺 茂という者です。

原発再稼働について、私の意見を申し述べたいと思います。

 

まず、因果応報という宇宙の法則は厳然として働いているということです。

あなたが、誤った選択をすれば、その報いを必ず受けるという事です。

  

もう一つ、原発再稼働と直接関係ないように思われるかもしれませんが、

現在、世界の中央銀行詐欺システムの崩壊劇が進行中です。

 

インターネットなどで世界の情勢を調べれば判ると思いますが、

世界の非常に多くの国の中央銀行のトップの辞職や辞任が相次いでいます。

 

世界的な大銀行のトップにおいても同様な事が進行中です。

 

これが何を意味するのかと言いますと、従来、世界を支配してきた勢力が

その支配力を急速に衰退させています。世界的に静かな革命が進行中です。

 

その旧世界支配勢力とは、ロスチャイルド財閥、ロックフェラー財閥、モルガン財閥、

ヨーロッパの王族などが代表する国際金融資本勢力です。

 

つまり、原発や、石油産業などを推進してきた連中でもあります。

その勢力の中核となっている勢力がその支配力を急速に失っているのです。

 

その仲間にはすでに逮捕されている者も出ています。悪行に明らかに加担してきた

連中はこれから沢山の逮捕者を出すでしょう。

 

そのような世界の動向を理解するには、2011年11月11日に発表されたアメリカの

ドキュメンタリー映画、THRIVE (繁栄)を見ると判るかもしれません。

日本でも今、静かなブームとなっています。多くの方が見ています。

 

インターネット上で2012年4月5日から無料公開が始まっています。

DVD もアマゾンなどの通信販売サイトで売られています。

 

http://www.youtube.com/watch?v=yp0ZhgEYoBI&;

 

http://www.thrivemovement.com/the_movie

 

この映画には、中央銀行詐欺システムの暴露も取り上げられていますが、

エネルギー問題、農業問題、医療薬品業界の問題点、その他多くの分野の課題が

取り上げられています。

 

エネルギー問題については、すでに数十年前より、革新的なエネルギー技術が開発されて

いる事や、それらのエネルギー技術が旧世界支配勢力によって隠蔽されてきた歴史が

明らかにされています。

 

同様なエネルギー装置の開発は、2011年の3月に、日本人である井出治という人によっても

アメリカのメリーランド州立大学における国際会議にて発表されています。

 

詳しくは、一般向けの本が出版されていますので、ご覧ください。

 

フリーエネルギー、UFO,第3起電力で世界は大激変する、

永久機関の原理がすでに見つかっていた

 

アマゾンの本についてのレビューなどを見ていただいても内容は判ると思います。

簡単に言えば、時空間から無限の電磁エネルギーを取り出す方法の発見と

その実用的な装置の発明を、この 井出治という日本人が成し遂げたということです。

 

米国国防省、米国エネルギー省、米国空軍研究所、NASA などが主催する国際会議で

発表され、注目をあびたエネルギー発生装置であり、特許も取得済みのものです。

類似のエネルギー装置についても世界各地で発明されています。

 

そのいくつかは、THRIVE (繁栄)映画にも取り上げてあります。

 

近未来においては、原発が不要なのはもちろん、火力発電や水力発電や風力発電も

必要がなくなります。太陽光発電は、大幅な発電効率のアップが予想されていますので

生き残るかもしれません。

太陽熱利用でも発電は充分可能です。現在の技術力でも充分可能ですが、故意に押えられて

きました。

 

すべては、石油利権や、原発利権などが原因です。そういった利権や金融支配によって

世界を支配してきた勢力が、まもなく衰退して、消えていきます。

そういう世界の情勢であるのを理解してください。

 

この流れは、世界的に大きな流れになっていますので、もう元には戻りません。

近い将来には、マスメディアの報道にも変化が出てくるでしょう。それほど時間は掛からないでしょう。

従来、マスメディアは、旧世界支配勢力の影響下にながいこと置かれてきましたが、

まもなく、それも終わりを迎えるでしょう。

 

よく調査していただければ判りますが、日本国内の電力は現状でも充分に余っています。

電力会社や政府の言い分は嘘です。自分たちの利権を温存したいので嘘を言っているだけです。

 

もし、関西圏で原発事故を起こせば、取り返しがつきません。福島の事故の被害よりも

重大な事態になることも充分に可能性があります。

 

わずかな利益のために、日本全体の利益を犠牲にするのは間違っています。

原発は原理じたいが危険なものなのです。未来の無い技術です。

 

 

もう一つ、原発と核兵器の密接な関係について、お知らせしたいと思います。

使用済み核燃料の再処理によってプルトニウムを取り出すことが世界的に行われています。

 

再処理法には乾式と湿式と大きくわけて、2種類の方式があります。

乾式再処理法は、アメリカのアルゴンヌ国立研究所の乾式再処理法が有名です。

コストが湿式に比較して約16分の1以下、廃棄物の量も少なくて済みますが

製造されるプルトニウムには不純物が含まれることで、核爆発には使えません。

 

湿式再処理法はコストは高いですし、廃棄物の量もおおく出ますが、高純度のプルトニウムを

製造できて、水爆などの起爆に使われるプルトニウムを製造できます。プルトニウム原爆にも

使えます。

なぜか、世界的に採用されているのは、湿式再処理法です。

 

つまり、原発の維持=核兵器体制の維持 なのです。核弾頭に使われるプルトニウムは定期的に

メンテナンスが必要です。だから原発が維持されてきたのです。

 

人類滅亡を防ぐためにも、核兵器を廃絶するためにも、原発の再稼働は認められません。

原発を稼動して、発生する核廃棄物の捨て場もありません。

 

原発の稼動を続けることは、人類が自殺することと同じです。

もっと良い、地球の全生命に悪影響を及ぼさない発電技術はすでにかなり昔から存在してきたのです。

お金儲けという悪行が、それらの有益な技術を隠蔽してきたのです。

なんと壮大な愚かなことが行われてきたのでしょうか。

 

こんな事を言っても信じられないかもしれませんが、それらの新エネルギー技術を普及させれば、

エネルギーのコストは限りなくゼロに近づきます。発電装置さえ製造すれば、燃料はいらないのですから。

 

それによる、世界の人類の恩恵は、計り知れません。よく考えてみてください。

お金の概念にさえ、影響を及ぼすでしょう。

 

知事殿の力で原発の再稼働を阻止していただきたいです。

 

表示: 281

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

9:17pm の 5 月 1, 2012 にある 原 seisara のコメント

私もフリーエネルギー?宇宙のエネルギーを闇解体の後にどんどん変えてゆくと信じています。

小野寺さんの勇気ある行動に拍手!!原発ほど愚かなものはない。

それを推進している人の心や頭の脳はどうなっているのかしら?!

2:33pm の 5 月 1, 2012 にある さくらんぼ のコメント
私もエールを送ります。
フリーエネルギー賛成です。
早く東電からシフトしたいですね。
6:50pm の 4 月 30, 2012 にある fukuda katsuhisa のコメント
スマホから失礼します。

小野寺様 右に同じエールをお送りします
フリーエネルギー賛成。

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約