アイルランドでは住宅ローンの免除など、素晴らしい変化が起きていると知らされた。

こんな嬉しい変化は、新時代への移行を感じさせるもの。日本ではまだまだ期待出来なくて残念。

日本にはフリー・エネルギー研究以外、世界に幸福をもたらすハイテク新技術や発明に成功している研究グループ・人材が多数存在する。それが実践普及出来ないのは国内に残念なことが多すぎる(時期尚早)からだ。

 

  瑳末な話題になるが、残念なことの一つは、能村さんが記事で訴えた「自分の出したゴミも管理できない人達」。

現代に似ているところが意外に多いと指摘される江戸時代の日本は、驚くほどゴミが少なかったという。

当時は、着物だと化繊がなく木綿や麻など天然素材。日用品も陶器だと割れても陶土でくっつけて焼き直せば再利用可能。

家具や道具のほとんどは木材や植物素材なので、修理が出来ないほど使い切ったら燃やせばいい。

藁などは燃やすと、灰が洗剤やリンス代わりになる。藁を焼いた灰で洗髪したら髪がツルツルになった…は

祖母から聞いた。最終的にゴミ扱いになるのは生ゴミと、修理しても使えないと判断できるものだけ。ムダが無い!賢い!。

  現代人が「物づくり」とか言って量産した物たちは、そのままだと自然界では分解出来ないのが多い。

大変な無駄。「これは本当に必要なのか?」と思う物質(商品)があまりに多すぎる!愚か過ぎる。

これからの時代には「本当に必要とされるものしか作らない」「自然界に還しやすい素材だけで物を作る」

「すぐに故障して使えなくなる様な商品は作らせない」といった理念に賛同する人が徐々に増えると

思いたい。

  自己中・高慢・マナーの悪い人達は「退化してゆく人々」だと思う。改心成長は無理。

地球3次元世界で生き残れても、人類としての格は「退化」なのだ。

  退化に向かっている人達と、これから育つ人達と、その中間で選択に迷っている人達の3タイプに

別れているのが現状なのかな…。選別はまだ終わってないだろう。

 「北朝鮮・ミサイル打ち上げ失敗」のニュースは、「異星文明がブロックしてくれた?」と思った。

技術の未熟さだけではないと。 日本は今回のミサイル失敗の情報戦でも海外に「遅れ」を取った。

この「遅れ」が、時代の立て直しに無関心だった人達にも「国家権力への不信感や失望」を与えた。

それがトリガーとなり、玉座にしがみつく古い権力層の一掃を望む人が増えると思いたい。

 新時代への移行は、絶望的に見えても少しずつ確実に歩いて来ている。

 

 

 

 

 

 

表示: 282

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

9:08am の 4 月 16, 2012 にある Hatty☆ のコメント

星林さん 素敵な文章ありがとうございます。

これからの時代には「本当に必要とされるものしか作らない」「自然界に還しやすい素材だけで物を作る」

「すぐに故障して使えなくなる様な商品は作らせない」といった理念が広がることと感じます。

近所の山を歩くと、捨てられたごみが多いのが目立ち

自然たちに申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

人間としてできることをして、なかよく共存します。

ありがとうございます。

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約