デヴィッド・ロックフェラー完全失脚!ロスチャイルド恐るるに足らず!必死でもがけ、ジャパンハンドラーズ!

http://www.news-us.jp/article/256343930.html

(以下に全文転載)

フリーメーソン・イルミナティ筋(ニューヨーク発)の情報によると、米国最大財閥のディビッド・ロックフェラー(96歳)が、完全に失脚したという。

甥であるジョン・D・ロックフェラー4世(74歳)も同様。 世界の頂点に立ってきた欧州ロスチャイルド総帥のジェイコブ・ロスチャイルドも、やはり力を失ってきているそうだ。 ディビッド・ロックフェラーが司令塔となり手足のように動かしていた米CIA・対日工作者が安倍晋三元首相を担ぎ上げて自民党政権を復活しようとしている動きは、何なのか。 米CIA・対日工作者たちは、過去の亡霊をフルに活用して、果たして一体、何をしようと企んでいるのであろうか。

◆〔特別情報①〕 米CIA(Central Intelligence Agency 中央情報局)の内部が2つの勢力に分裂しているという。 これはフリーメーソン・イルミナティ筋(ニューヨーク発)の情報である。 米CIAを駆使してきた米最大財閥のディビッド・ロックフェラーが完全失脚したのが大きく影響していると見られている。

米CIAは、米国の世界戦略遂行に絶大な力を発揮してきた。 米国に都合の良い国々は支援するが、都合の悪い国々は、様々な工作を仕掛けて転覆させるなど、陰険な手段も辞さない行為を展開してきた。 日本に対しても例外ではなく、戦後、多発した不可能な事件は、米CIAの仕業ではないかと今日まで疑惑の目で見られてきた。

現在においても、米CIAの一部勢力は、「日本乗っ取り」と称して、日本の政府を思い通りに動かそうと、画策している。 これは、駐日米大使館内「日米管理委員会」の対日工作担当者が、依然として力を保持している実例の一つだ。

米国最大財閥ディビッド・ロックフェラーは、完全失脚しており、マイケル・グリーンら「日本マフィア」の残党たちは、米産業界の尖兵に成り下がり、安倍晋三政権を樹立して生き延びようとしている
http://foomii.com/00018/201203040700008648 米CIAが2つに分裂、対日工作者も力を失い、米ペンタゴン良識派に支持され小沢一郎元代表は力を回復か :: 板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~ :: 有料メルマガ配信サービス「フーミー」 http://foomii.com/00018/201203060700008693

ロスチャイルド一族にもはや力がないことを、欧州危機が証明した。 ロスチャイルド一族にもはや力がないことを、欧州危機が証明した。 ロスチャイルド一族にもはや力がないことを、欧州危機が証明した。

ついに小沢氏の犬、板垣氏までもがデヴィッド・ロックフェラー完全失脚を明言しました。 同時に、ジェイ・ロックフェラーの失脚も報じています。

これは、小沢氏の権力の後ろ盾が消えたことを完全に認めたことを意味します。 それを受けて今回の記事を書いたのか?

デヴィッド・ロックフェラーとジェイ・ロックフェラー 共に昨年拘束・責任追及をされ、財産を全て奪われたという噂がありましたが いずれにせよ、ロックフェラー家の力は完全に失われたということです。

同様に、責任追及したロスチャイルド家もまた欧州危機で弱っています。

ロスチャイルド家は欧州をベースに世界政府樹立を企む勢力です。 欧州危機で金融崩壊を画策したのは主にロックフェラー家です。

ロックフェラーはロスチャイルドの子分ですが、子分が親分を殺せないことはない。 欧州危機が焦点となり、両成敗と相成る様相を呈しているようです。

そして、もしも小沢氏がペンタゴンの良識派に支持されるならば、 小沢氏が完全に悪魔支配者の手から脱却したことを意味します。 小沢氏がロックフェラーの犬でなくなる日が来るのか?本当に?

一番最後には、以下のように書かれていました。

それどころか、これまで米CIAに目の敵にされてきた小沢一郎元代表の方が、 米ペンタゴン良識派にも支持されて、絶大な力を確実に回復することになる。

つまり、現時点では支持されているかどうかは不透明です。 「これから支持されるようになる」か「今後も支持されない」 どちらか分かりません。

もしもこれが真実ならば、フルフォード氏も考えを改める必要があります。 当サイトでも散々「ロックフェラーの犬」と書いてきましたが ロックフェラーの後ろ盾がなくなった後良心を取り戻すならば、支持できると考えています。 これは、橋下氏も同様です。 ※板垣氏は小沢氏寄りの論者なので、この点は少し割り引いて捉える必要があります ※湾岸戦争など、過去の罪で改めて逮捕・拘束となる可能性も十分にあります。

GREEN FLOAT/シミズ・ドリーム-清水建設 http://www.shimz.co.jp/theme/dream/greenfloat.html

そして、「人口の多さが問題ならば、それを解決する技術は日本にある」と フルフォード氏と瓜二つの主張をし始めたのです。 清水建設の「シミズ・ドリーム」などが一例ですが、まさに夢の技術です。

有色人種削減の思想に対し、元々ペンタゴンの良識派が反発していたということで 今回の騒動で、完全に悪人側が権力を失ってきているということです。

キャピトルホテル東急

これを受けて、ジャパン・ハンドラーズといわれている

ジョセフ・ナイ リチャード・アーミテージ マイケル・グリーン 戦略国際問題研究所(CSIS)

らメンバーが夜な夜なキャピトルホテル東急で密談を行なっているようですが ロックフェラーやロスチャイルドの後ろ盾を失ったジャパン・ハンドラーズなど ただのチンピラ同然です。 チンピラが寄り添って何をしても無駄なあがきです。

Yeah!俺達ジャパン・ハンドラーズYo!アメリカ生まれシオニズム育ち メーソンのヤツはだいたい友達

安倍晋三氏を首相に仕立て上げ、親米派の政権樹立を企んでいるようですが 板垣氏は「この策略は必ず失敗する」と吐き捨てています。 そして、小沢氏こそが日本の産業界を動かせる唯一の人物と評しています。 ※これも割り引いて考える必要があります

キャピトルホテルと首相官邸は非常に近いですが、やはり地下でつながっていたようです。

ザ・キャピトルホテル 東急 | 東京都心のホテル・千代田区永田町・赤坂・六本木 | トップページ http://www.capitolhoteltokyu.com/ja/

安倍氏と言えば、自衛隊のクーデター政権も安倍氏をトップに立てるという噂があります。 自衛隊のクーデターは勿論日米の支配層による茶番で、 日本を戦争へ駆り立てる理由にしようと画策しています。 この点は、国際情勢に詳しい田村珠芳氏が指摘しています。

彼女は、このクーデターに対抗して 「日本を解体し完全支配を防ぐ」勢力も存在するとまで言い切っています。 九州は半島、沖縄は中国、四国はユダヤ、北海道はロシア、などと決まっているようです。 最も、この話もどこまで真実かは分かりません。

日本の隠された諜報機関、八咫烏

日本の癌がどこまで広いかが読めないのが未だに怖いですが、 いずれにせよアメリカが裏から完全に崩壊を始めたので、これも実行されないと思います。 フルフォード氏が言う「日本のクーデター」とは別なのか、詳細を確かめる必要があります。 これも公然の秘密ですが、日本は既に核を保有しているようです。

自衛隊の動きには注意すべきかもしれません。

複数の情報源から、支配層の失脚・凋落のニュースが入ってきたことの意味は大きい。 フルフォード氏の言う3月末の大粛清も現実味を帯びてきます。 残りわずか数週間でどれ位の変化があるか。期待したい所です。

(以上、転載終了)  

表示: 54919

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2017   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約