オキュパイ・ムーブメントはニューワールドオーダー(新世界秩序)計画を粉砕する!

自民党と民主党を背後から操る闇の勢力は巧妙に日本破壊計画を進めてきた。

1945年1月9日 読売東京朝刊 「人工地震で対日攻勢-敵アメリカ・笑止な皮算用」

1945年に原爆投下と人工地震兵器の実験に成功した闇の勢力は、敗戦後の日本に原子力発電所建設を「原子力の平和利用」の名の下に着々と建設を推進していった。

 

「原子力発電所」とは日本各地54カ所に仕掛けられた核兵器であり、地震兵器・津波兵器を併用して、いつでも日本列島に壊滅的な被害を及ぼす態勢を整えていったのである。

 

この態勢は歴代の日本政府を脅迫して自分たちの押しつける政策を実行させる手段であると共に、最終的な段階で実際に作動させて、日本国内にパニックを起こし、その隙に乗じて、中国・北朝鮮共産党勢力が韓国・台湾・日本に侵攻して、各国を併合し、アジア社会主義連邦を構築する計画であった。

(日米安保条約は日本の軍事強化を抑えることが目的であり、初めから発動を予定していなかった)

タイムトラベラー:ジョン・タイター

 

「2015年のロシアによる核攻撃に先立って台湾・日本・韓国は中国に軍事占領されることになる。欧米が弱体化することによって中国の軍事拡大が加速することになる 

世界核戦争で30億人近くが削減されて、その後、いくつかのブロックに分かれる社会主義的な体制に世界のほとんどの人類が組み込まれる

ジョン・タイター57: タイター予測の意味 2

 

3・11震災は、闇の勢力の日本国民への宣戦布告であった。9・11がアメリカ破壊の幕開けであったように・・・

 

同時に、日本政府を脅迫して「コンピューター監視法案」「人権擁護法案」を強行させて、言論弾圧と反政府分子への監視体制

を強め、TPPで経済を崩壊させる計画であった。さらに、年金制度改悪によって路頭に迷った失業者は、街頭に放り出されて、原発ジプシーとしてさまよう運命をたどることになる。

 

今、アメリカやヨーロッパでオキュパイムーブメントが激しく高まっているのは、すでに9・11を経て、この10年間でこれらの国々はニューワールドオーダーに組み込まれ、多くの人々が最低限の生活すら困難な状況に置かれているからである。

 

日本だけではなく、世界各国の政府の政策は、国民の生活を破壊して資産を奪い取り、事故や病気で人口を削減することを目的として進められてきたのである。

表示: 1454

コメント

コメントを追加するには、銀河連邦フォーラム のメンバーである必要があります。

銀河連邦フォーラム に参加する

© 2019   Created by 古谷 茂.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約